コケまみれ

テーマ:

金曜夜に徹夜したので、土曜日の昼は眠気で何も出来なくて損した気分です。

今日はアクアネタです。

下の写真をみるとわかると思いますが水槽がコケまみれになってしまいました。

コケの発生は観賞魚飼育でもよくある問題のひとつです。

藻類

これは日淡水槽なんですが、27w蛍光灯1日16時間点灯というサイクルにしてあります。

この時点で熱帯魚やっている人からツッコミが来そうなんですが、普通に考えると点灯時間が長すぎます。

コケが出るの仕方ないんですが、やっぱり見栄えは多少気になります。

ここでジョジョ風に


そこで問題だ!この状況でどうやってこのコケを消すか?

3択―ひとつだけ選びなさい

答え①突如今までにない画期的なアイデアをひらめく。

答え②コケ対策に効果的なミナミヌマエビを投入する。

答え③こけは消せない。現実は非情である。

俺がマルをつけたいのは答え②だが、期待できない。

この水槽は肉食のヨシノボリがいるのでエビは捕食されてしまう。


となるとやはり答えは……

①しかねえようだ


ってことだが、そんな方法思いつくわけがねぇーー


答え-③

 答え③

  答え③


現実は非情であるということで、有効な対策はなし。

地道に換水で余分な窒素源を減らすしかないようです。

結局日々の地道な手入れが大事ということでしょうね。

AD

生えてきた水草は

テーマ:

実験やらなんやらで長い間更新できませんでした。

どうもすいません。


片側の水槽から水草らしき植物が生えてきました。

二株ですが見るからに違う植物です。下の写真がそれです。

indica

奥のはみるからにホシクサです。

手前のはキカシグサかバコパ・モンニエリだと思います。

ただバコパを植えていたのは相当前のことなので多分ちがうと思います。

うちのバコパは花をつけたことがないし。


もし、キカシグサなら水中育成は難しい部類なので今の設備ではちゃんとそだつかどうか。

水中で発芽したやつだと考えられるのでもしかしたら採集ものよりは適応しやすいかも。

うまくいったらいい系統がつくれるかもしれない。


もうちょっと成長したらピンチカットで増やしたいと思います。


AD

アクア分補給

テーマ:

今日はお盆休み前に髪を切ろうと地元の散髪屋へ。
思ったより早く終わったので、お盆休み中の下見を兼ねて散歩へ予定変更。
近くを流れるある川の支流と実家所有の田んぼの周辺をふらふら。
川のほうは先日の大雨で結構様相が変わってました。
河川改修の影響もあって以前は平坦だったのが、各所に大きな淵が出来ていました。
釣り師としては狙いどころが増えてうれしいところだけど、ちょくちょく地形が変わるのも考えものだとおもったりして。

田んぼのほうは基本的に毎年同じ植生なので確認もかねて見回りへ

tanbo

上の写真は実家近くの田んぼの写真です。

手前でアゼナが見切れてますが、素人写真なのでご容赦を。

中央あたりにホシクサが見えてます。

小型の種類なので小型水槽で育てると結構似合います。

ただし、種内変異が大きいのでちゃんと育つかどうかは運次第らしいです。

抽水状態で育てると種が出来るので継代飼育自体は楽なんですけどねー


後はミズマツバのある田んぼへ向かおうとしていると突然の大雨。

熱帯のスコールもかくやというくらいの豪雨でした。


いいポイントがあれば準備して釣りに行こうと思っていたのに。


天は我を見放した




AD

外来植物に関する公開セミナーin岡山大学

テーマ:

8月5日(土)に岡山大学で公開セミナーがあるみたいです。


テーマは


外来植物のリスクを調べて蔓延を防止する

~外来植物とどう対峙するか?~


です。

公開セミナーなので誰でも聴講可能です。もちろん入場は無料です。

僕も研究分野としてはほとんど関係ないですが、アクアリストとしては外せないイベントだと思います。


下ののPDFパンフレットにも書いてありますが、植物愛好家、農家の方にもぜひ聞いてほしいです。


詳しい内容・交通案内は↓

主催元 セミナー告知ページ


PDF版パンフレット(各講演タイトルなど)

PDFパンフレット

そういえば、このセミナーコメンテーターとして山崎美津夫先生が招かれています。

水草アクアリストなら必ず知っているといっても過言ではないという位有名な方です。

質問コーナーもあるようなので、聞きたいことがある人はこの機会に是非!


水草採集 前回の続き

テーマ:

kikumo

前回紹介したミズオオバコの近くにはこの植物が群生してました。

キクモの水上形です。キクモはミズオオバコと違って水中でも陸上でも生育できます。

水槽内では水中葉しか見ることがないですけど、水上のものも葉に細かい切れ込みが雪の結晶みたいでなかなかです。


キクモは水中育成が簡単な種類ですが、水上で育ててみるのも面白いかもしれないですね。