刀語 薄刀・針

テーマ:
刀語 第四話 薄刀・針/西尾 維新
¥1,155
Amazon.co.jp

この巻は何を書いてもネタばれになりそうなので、簡潔にまとめます。

この巻の本編は最後の数ページに凝縮されているといっても過言ではないです。
日本最強の剣士たる錆白兵と七花の戦闘描写には驚きを隠せませんでした。
しかし、その結末に至るまでのストーリーも決して蛇足ではなくこちらの方のほうがむしろ重要だと感じる人も少なくないと思います。



もうすでに重大なネタばれをしている気がしないでもないですが、この巻の評価でこれからも購読するかどうかが決まりました。
正直これまでの巻では物足りなさを感じていたんですが、この巻は最高でした。
さすがに西尾維新です。



個人評価としては
☆5つです。
この巻は人によって評価が分かれると思います。
この巻が面白いと思った人は性格が曲がっているか読書に非日常を求めているんじゃないかと思います。
今回のネタは何度も使えるネタではないんですが、最終巻でのこれ以上の驚きを期待したいです。

AD