結婚しました♪

テーマ:

旅から戻って、あっという間にもう1年。


あの時はまったく、想像もしていなかったけど


結婚しました♪



6月25日にグアムの教会で挙式。


お互いの家族と、友人達もわざわざグアムまで来てくれました。



祭壇の向こうに広がるヤシの木と青い空と海が


とってもキレイでした。




去年の8月、付き合い始めて10年目突入の記念日に入籍をして、


今年2月にようやく新居に引越しをして、


6月に挙式。


約1年かけて結婚までのステップを1つずつ楽しめました。


さーて次はハネムーン♪ 


どこに行こうかなー


これであと半年ぐらいはまた楽しめるわ ^0^


AD

懐かしい場所

テーマ:

帰国して約2週間が経った。


2ヵ月半で4カ国をまわった旅は濃~い毎日で、


満喫して満足して帰国した。



少し経って懐かしく思い出す場所は


なんと言ってもやっぱり南米。


特にボリビアだ。


人も時間もまったく別世界。


標高3700メートルの高地の上、急な坂道ばかりで


歩くだけで息が切れるし全身筋肉痛になったラパスの街。


その上通りのあちこちでは怪しげな奇妙なものが売られている。


民族衣装で背中に荷物や赤ちゃんを背負ったおばちゃん達が


魔除けに使うリャマの胎児のミイラやカエルのミイラや香草や


怪しいパッケージの薬を並べていたり、メルカドに行けば


羽をむしられた丸ごとの鶏肉がずらりとぶら下がり、


野菜や香辛料や生肉の匂いでむせそうになったり。


人々はめちゃくちゃに道路を横切るし、車もガンガン割り込むから


クラクションがうるさすぎて、それで毎朝目が覚めたり。


ぐっちゃぐちゃの雑多なラパスの街がとても懐かしい。



時間と予算の関係で行くことができなかった


チリのイースター島やアルゼンチン。


ペルーやボリビアももう一度行ってみたい。


っていうか、絶対にまた行くぞ。南米。


その時までしばらくの休憩。


がんばって働きますわ~。



(リャマの胎児のミイラ)


ボリ子さんからの情報 だと、つい最近までのラパスは

  大規模なデモや道路封鎖などでかなり不安定な情勢が

  続いていたようです。わたし達も途中の町でストライキが

  あって、ラパス出発が1日遅れたけれど(→こちら)

  陸路が封鎖されたために、ラパスに滞在していた人達は

  ホテルからも出られず2週間近くも缶詰状態だったそうだ。

  あの時より遥かに混乱して危険な状況だったみたい。

  ボリビアの国の発展と平和と安全を願うばかり。

  ボリ子さん、ボリ男くん 、気をつけてがんばって!

AD

あいのりの唄

テーマ:

この旅に持って行った音楽のなかで、


結構ツボにはまってしまったのが「あいのり」の主題歌。


ゆずの『始まりの場所』からスピッツの『スターゲイザー


まで全5曲のあいのりシリーズ。


7時間、8時間かけて移動するバスの車内で


窓の景色を眺めながら聴いていると


妙に曲の世界に入り込み、まるでラブワゴンに


乗っちゃったような気分になったものだ。


ちなみにhitoのお気に入りはI WISHの『明日への扉』。


わたしはELTの『fragile』。



もう1つ。


しみじみ良い歌だなぁ~と思ったのは


桜坂』 


日本人らしい情緒というか繊細さ。


外国(それも情緒という言葉とは全く正反対のラテンアメリカで)


で聴くと余計に日本が懐かしく感じられたものだ。


このさくらシリーズや月9シリーズなど日本語の歌をたくさん


用意していったけど、この旅のテーマ曲はやっぱり


オレンジレンジの『ミチシルベ』。かな。

Go! Ways 生まれた芽を背中に
Go! Ways 風に身をまかせて
Go! Ways 一歩踏み出す場所
しるされた道をひたすら進め

AD

バックパックの行方

テーマ:

この旅のために、ふたりとも初めて買ったバックパック。


再び使う日はくるんだろうか・・・。



ふたり合わせて30キロを超えるバックパックを背負い


両手に荷物を下げて、


様々な街で安くて居心地の良さそうな宿を探し歩いた。


標高が高いボリビア・ラパスの坂道を登るのはキツかったし、


メキシコ・イスラムヘーレス島は暑くて暑くて滝のような汗がでた。


そんな旅人らしい旅を、愛着あるバックパックを背負って


またしたいと思いつつ、


とりあえず次はスーツケースで行く、ような旅がいいなぁ。


ちょっと優雅に。

ダントツのNO.1はこれ!




コイルヒーター


南米用に200~240Vを購入。


秋葉原の坂口電熱で確か3000円弱ぐらい。


おかげでどこでもあっという間にお湯が沸く。


たぶん1分半ぐらい。



生まれて初めて高山病を体験したプーノで。


揚げ物続きで胸やけしたラパスで。


暖房がないから手足を冷たくしながらプチ沈没していた


ラパスのホテルでは毎日。


日本から持参した緑茶、コーヒー、お味噌汁を飲むひとときは


心も体も暖まり、本当にシアワセだった。



マチュピチュへ出かける日の朝、


わざわざ持って行った「アルファファ米(わかめご飯)」


「永谷園 松茸の味お吸い物」の美味しさも忘れられない。


それもこれもすべてコイルヒーターのおかげなのです。



旅のお供に自信を持っておすすめします!