ティカルの夕陽をどこで見よう。

相談した結果、4方向すべてが見渡せる

「失われた世界」にあるピラミッドの頂上に決めた。



雲が厚く、太陽はときどき顔を見せるだけ。

地平線にもべったりと雲が張り付いている。

「これ、夕陽見れるのかなぁ」と不安になる。

その雲も薄く赤く染まっているが、太陽は見えない。

周囲がだんだん暗くなっていくなか、ともに頂上にいた

ガードマン(警備員)のホルヘがタイムアップを告げた。


ティカル遺跡は夕方6時でクローズする。

以前は遺跡内にこっそり留まり、ピラミッドの頂上で

夜を明かして朝日を見る旅行者もいたようだが、

最近ではそれを防ぐため、遺跡内の夕陽スポットには

時間になると旅行者を出口へと誘導する係員がいるようだ。


残念ながら夕陽は見れなかったけど、このホルヘから

そこにいた旅行者に思わぬ提案が告げられた。


「どこに泊まっていますか?ティカル内ですか?

 明日、サンライズを見ますか?

 だったら入り口に朝4時半に来てください。

 サンライズは5時半過ぎなので、 

 4号神殿からの朝日が見られます。

 1人40ケツァールです。

 わたしの名前はホルヘです。」


というような内容だ(スペイン語なので多分、だけど)

普通ティカルの入場料は1日50ケツァール(750円)だ。

それとは別にかかるの?それとも安くなるの?

でもわたし達のスペイン語力では詳しいことまで聞けないし

理解できない。でも普通は朝6時からしか入れない遺跡内に

4時半に入れるならラッキーかも。


翌朝、まだ真っ暗な中を懐中電灯片手に入り口へ向かうと

昨日ピラミッドの頂上で見かけた旅行者とホルヘがいる。

40ケツァールを払ってホルヘと共に中に入る。

するとチケットチェックポイントに係員がおり、

入場料の50ケツァールをここで払うようにと言われる。

えっ・・・やっぱり別なの???


何だかわからないけど、日の出までに4号神殿の頂上まで

たどり着かなければならないから、チケットを買って先を急ぐ。

ジャングルの中だから当然真っ暗で、懐中電灯がなければ

足元も見えない。辺りからは鳥や動物の鳴き声、カサカサと

草葉を揺らす音が聞こえてちょっと怖い。

40~50分も歩いた頃、ようやく4号神殿に到着。

うっすらと明るくなり始めている。


↑4号神殿から見た1号・2号・3号神殿(1番手前)
朝もやの中にぼんやりと浮かび上がる。



↑今日も雲がかかり、残念ながら日の出の瞬間は

見ることができなかった。

それでも雲の合間から差し込む太陽の光が

神殿を照らし始める様子はとても神秘的。

この4号神殿は741年に建造され、高さ70メートルで

ティカルで最も高い。またコロンブス以前のアメリカ大陸で

最も高い建物でもあったそうだ。


雨季に入る時期なので、雲が多くて夕陽や朝日が

くっきり見えなくてちょっと残念。

でも神秘的で幻想的なティカルを見れたので大満足。


それにしても気になるのはホルヘに払った40ケツァールの行方。

これってやっぱりワイロなんでしょうか???

でもチケット売り場にはちゃんと係員がいたし、正規のガイドも

いたんだけど・・・。でも4号神殿に着いてみれば、そこにいたのは

昨日、ピラミッドの頂上で夕陽を眺めたメンバー(ホルヘに声を掛けられた

メンバー)だけだったし。


本当のところ、どうだったんでしょう・・・

AD

ティカルに泊まる

テーマ:

ティカルを訪れる場合は、フローレスに泊まのが一般的だ。

朝1番のバスでティカルへ着くと(約1時間)

6時のオープンと同時に遺跡内を見て、午後のバスで戻る。


でもティカルの魅力は夕暮れと明け方だと思う。

夕陽に染まる神殿。

明け方の朝もやの中から少しずつ姿を現す神殿。

朝日に照らされる神殿。

フローレスに泊まっていたのでは見ることはできないから

ちょっと奮発して遺跡公園内にあるホテルに宿泊しようと

初めから2人で決めていた。
3軒ある中から選んだのは『TIKAL INN』


バスのドライバーが「ムイ カーロ(すごく高い)」と

連発するから、一体いくらするのか聞いてみると

ツインルーム(シャワー・トイレ付)に朝・夕食がついて

2人でUS$60(約6660円)だと言う。


なんだ、全然高くないじゃん。

確かに普段のわたし達の予算ではオーバーしてるけど

ティカルはわたし達が最も楽しみにしていた場所の1つ。

これぐらい全然問題ないもん。


ということでプールで泳いだり、お昼寝もしたりして、

プチリゾートライフを満喫したのでした。



AD

ティカル遺跡

テーマ:

5月12日、ティカル遺跡を見に行く。


1年前、わたしが大・大感激してどうしてもhitoに見せてあげたいと

思っていたティカルにとうとうやって来た。


グァテマラの北部、メキシコとの国境に近いティカルは

300~800年頃に最も栄えたマヤの都。人口は少ない時でも

1万人を超えていたという大都市だったが、他のマヤの都市同様

突然衰退し、熱帯のジャングルの中に埋もれてしまったらしい。


ティカルが発見されたのは、1696年。スペイン人の宣教師が

先住民族に追われて逃げ込んだ密林の中で奇妙な建物に

出くわしたことがきっかけだそうだ。


ティカルはジャングルの中に埋もれている。


入り口から15分程、ジャングルの中を歩く。

鳥や動物の鳴き声がそこらじゅうから聞こえてくる中、

ふっと顔を上げると、そこに神殿(ピラミッド)の後姿が現れた。



1号神殿だ。


↑1号神殿と向かい合って建つ、2号神殿の頂上から見た1号神殿。

一般的なピラミッドとは違う、ティカル独特の型をしている。

↑行政の中心ノースアクロポリスから見た5号神殿



↑5号神殿。




↑「失われた世界」にあるピラミッド。

ティカルで唯一の正四角錐型をしており、メキシコシティ郊外の

テオティワカンの影響を受けている。

どの遺跡も発見当時は木々に埋もれ、丘か山にしか

見えなかったらしい。その後、修復されたが今でも草や木が

てっぺんからにょきにょき生えている神殿がいくつもある。


↑ピラミッドの頂上から眺めたティカル遺跡。

 樹木の合間に神殿の上部が見え隠れしている。

 


↑7つの神殿の広場。

神殿に生えた木を切り倒し、修復する作業が始まっていた。

樹齢何年?というような太くて大きな木が生えてしまうほど、

時が経っているのだ。



 

↑左が1号神殿の復元想像図。

右が発見された時の1号神殿。

当時は赤や青、黄色など鮮やかに彩られていた。

遺跡内部にはわずかに色が残っている部分もあるそう。

AD

最悪の1等バス

テーマ:

5月11日、名残惜しいが、村岡さん家を出発し


ティカル遺跡の基点、フローレスへ向かう。


グァテマラのバスはレベルが低め、途中の治安も心配、と聞いていたので


旅行会社で1等のエアコン付き直行バスの切符を買うことにした。


何軒かまわり、もっとも安い旅行会社で1人320ケツァール(4800円)。


料金の差はバスの質の差。 と聞いてはいたけれど、


1等は1等、エアコンとトイレが付いていれば十分だ。


ところが。


いざ乗り込んでみるといきなり窓が全開なのだ。


エアコンが効かない。というかもともとエアコンなんて使わないのだ。


しかも直行のはずが途中なんども停まっては、乗客が乗り降りする。


蒸し暑い車内で8時間。


キツかった。


これで4800円は高すぎる!


やっぱり料金の差は質の差だった。


正面に見えるのがサン・ペドロ火山。

富士山のようにきれいな三角形をしている。


わたし達が訪れたのは雨季の始まりだったので

雲がかかり、山がくっきりと見えることはなかったが、

乾季には青い空と山が湖面に映り、とても美しいそうだ。


湖の周囲には先住民が住む小さな村がたくさんあって、

それぞれが異なる色と柄の織物(ウィピル)を作っている。


わたし達が訪れたサンティアゴ・アティトランでは

市場に集まる女性は、大人も子供もみな、

薄紫のウィピルで作った衣装を身に着けていた。

これは特別な日の衣装ではなく、日常の普段着。



でも、わたし達がここに来た理由は別にある。


実はペンション田代や村岡さん家でエケコを登場させたところ

皆揃って「マシモンと同じだー」と言うのだ。

マシモンとはタバコが好きで、酒好き、女好きの神様で

それがここサンティアゴ・アティトランにいるらしい。

エケコは確かにタバコが好きだけど、酒好きで女好きか???


でも似ていると言われたからには行かなければ!


エケコと2人で記念写真を撮らなければ!


ところが・・・


マシモン、わたし達の想像とはまったく違っていた。


村の子供の案内で小さな建物に入ると、そこはもうもうと煙が焚かれ、

男性が2人、呪文のような祈りを捧げている。

奥には豆電球で飾られたキリスト像が横たわる棺が置かれ

おもちゃのピアノを叩いたような聖歌が流れている。


その中心にいるのがマシモン。




木でできたマシモンは確かにタバコを加えており、

隣の男性が時々灰を落とし、新しいタバコに替えている。

男性達はマシモンにお酒を飲ませ(どこに入るの?)

自分達もお酒を飲みながら祈り(呪文にしか聞こえないが)を

捧げ続けているのだ。


怪しすぎる・・・。


とてもエケコを取り出す雰囲気ではなかった。


すっかりあてられてしまったわたし達は早々に教会を後にした。

びっくりした。


エケコはもう少し可愛げがあると思うんだけど。