スペイン語学習の成果

テーマ:

そろそろ旅も終盤にさしかかってきたので

スペイン語のレッスンの成果について。


わたしのスペイン語の先生、にっくん



本当にありがとう。


ボリビア・ペルー・グァテマラ・メキシコ 

と4ヶ国を旅してきたけれど、

着いたその日から、わたしのスペイン語はちゃんと通じたし、

言ってることもある程度はわかったよ!


ゼロからスタートして、たった5回のレッスンで、

スペイン語圏の国々を旅できるように教えてくれた

にっくんには本当に大感謝!!


もちろん言いたいは完璧に伝えきれていないし、

相手が言ってることも完璧には理解できていないけど、

最低限、こちらの要望、

「どこへ行きたい」「何がしたい」「何が欲しい」

はちゃんと伝わっているから、たとえその答えがわからなくても、

身振り手振りやメモに書いたりしてわかるように教えてくれたりする。


それでも教えてもらったことの半分も使いこなせていないし、

この1ヶ月半の間にどれだけ進歩したかというと微妙なところ

だけど(ごめんなさい・・・)、言葉が通じなくて、わからなくて困った、

という事は1度もなかったし、ほぼ問題なくやってこれた。

すごいなぁ。


ちなみに、スペイン語の発音は英語と違って、カタカナ通りに

読めば、ほぼ間違いなく通じるからその点ではとてもラク。

(逆にアメリカ人にとってスペイン語の発音はとても難しいそうだ)

最近ではhitoも相手の言ってることがだいぶ分かってきたし

買い物もスペイン語と日本語でやっている。

問題はボキャブラリーと動詞の活用。

特にスペイン語の動詞は主語や時制によってすべて形を

変えるので覚えるのがめちゃくちゃ大変なのだ。


例えば『 話す 』という単語はスペイン語で『 hablar

これが主語によってどう変わるかというと   


私       hablo       


君       hablas      


彼女      habla       

あなた


わたし達   hablamos    


彼ら

彼女ら    hablan      

あなた達


という具合。


さらにさらに。

これは直説法現在形の場合の変化であって、他にも

それぞれの主語に対して、直説法点過去・直説法線過去・

直説法未来・命令形など6種類以上の活用の種類がある。

つまり1つの単語が30個以上にも変化するのだ。


日本でレッスンを受けていた時も、

この動詞の活用がスラスラ言えるようになるまで、

繰り返し言わされたっけ・・・

(ほんとうに夢の中でもぶつぶつ繰り返していたんだから)


そのスパルタ教育のお陰でなんとか旅を続けています。

ありがとう。にっくん



<hitoより>

少ししか勉強してないのに、今まで問題なく

話してるのがすごい。

でも僕も値切り交渉ができるぞ!

(スペイン語と日本語で)

AD

なぜ中南米?  その③

テーマ:

ボリビア ウユニ塩湖


標高3660メートルにある世界最大の塩の湖。

わたし達が南米へ行く最大の理由がこの場所にある。


「塩の湖」といっても1年の半分、5月から10月の
乾季の間は水はなく、約20億トンの塩による
乾燥した白い世界が一面に広がっている。

そして雨季になると雨水が数センチから数十センチに
わたってたまり、その水が鏡のように空を映して
まるで空を飛んでいるような気分になるそうだ。


わたしが初めてウユニ塩湖を知ったのは『あいのり』でのこと。


ちょうど雨季で水の張ったウユニ塩湖は見事にアンデスの空と雲を映し

ラブワゴンは本当に空を飛んでいるように走り抜けて行った。

関ちゃんも直也もりんごもダイスケも、マッチ棒もつっちーもユウも
大はしゃぎだった♪ (わーわー なつかしい名前だなぁ)


ずっと旅行業界で働いていたのに、恥ずかしながら全然知らなかった。

名前も聞いたことがなかったから、かなり衝撃的で、

「行きた~い!」と熱烈に思った。

でもまさか行けるなんて思わなかった。

あいのりで見る限り、個人で行けるような場所には
とても思えなかったから。

だから行けるんだと知ったときはうれしかった。

しかも今なら雨季の終わり。
もしかしたら水の張った鏡のようなウユニが見られるかもしれない!


絶対行こう! 1番に行こう! 水が残っているうちに行こう!


あいのりのビデオ(が、なんと残っていた!)を
見終わって気持ちはもう固まっていた。

水が残っているかどうかは運に任せるしかないけれど
まずはボリビア・ウユニ塩湖を目指そう!


その景色、お見せしたいところだけど、もったいないからやめます。
実際にわたし達が行ってきたら、ちゃんと報告しますね。

※ちなみにこのウユニ塩湖、最近ちょっと話題です。
 TBSの「これが世界の超絶景」で1位に選ばれたり、
「世界ふしぎ発見」でもやっていました。


<etsu>

AD

なぜ中南米?  その②

テーマ:

メキシコのリゾート地、カンクンに到着したわたしは、
ツアーが始まるまでの3日間をセントロ(ダウンタウン)にある
日本人宿「カサ吉田」で過ごした。


ここは日本人の長期旅行者向けのドミトリーで吉田さんという
日本人が経営している。ホテルのような個室ではなく
男子部屋、女子部屋が各1室ずつあり、バス・トイレは共同。
キッチンとリビングの共同スペースがあり、自炊することもできる。


夜9時過ぎ、途中乗り継ぎを含め17時間かけて到着したカンクンは
じっとりと蒸し暑かった。ドミトリーにはもちろんクーラーなどなく、
内心「やっぱりホテルを取ればよかったかな・・・」と少し後悔していた。

でも日本人経営らしく、宿は毎日隅々まで掃除がなされ、
いつも清潔だった。朝食時や夜になるとリビングに誰ともなく集まり、
旅の話や情報交換が始まる。年齢も職業も住む場所もバラバラ。
日本ではまず出会わない、出会ってもきっと仲良くなっていないだろう
人たちとも不思議と話がはずんだ。


そこで出会ったのが、沙織ちゃんにっくん淳くんだった。


女の子らしくてかわいいのに中南米を一人で旅していて、
その意外なたくましさにびっくりの沙織ちゃん。


大学卒業後、すぐにメキシコに渡り、1年間中南米に滞在していた
にっくんはスペイン語がぺらぺら。


ドレッドヘアで関西弁でにこにこ笑う淳くん。

昼間は高級ホテルが立ち並ぶビーチへ遊びに行き、
夜は夜で飲みに出かける。見た目バラバラの4人だけど、
一緒に遊んだ一日はめちゃくちゃ楽しかった。

みんなひとり旅。

だから仲間ができたみたいでうれしかったのかもしれない。

翌日はにっくんがキューバへ向けて出発。
淳くんは朝からチチェンイツァ観光だ。
そして次の日は、わたしがツアーに合流するため宿を発った。

毎日だれかがやって来て、だれかが旅立っていく。

こんな出会いは初めての経験だった。


ツアーに合流した後、グァテマラで偶然日本人旅行者に出会った。
お互いの旅について話し、次の国へ出発する彼を見送るとき、
これが外国人とならハグでもするところだが、日本人同士では
恥ずかしくてそんなことはできないから握手をして別れる。

「良い旅を!」

でもそんな慎ましい日本人らしさが少し懐かしくて、
旅の空の下の偶然の出会いをとてもうれしく思った。

もう一度、旅に出たい。

旅にでるなら今度はふたりで。
自分たちのペースで、自分たちが見たいものを、
感じるままに進んでみたい。

こうして旅をすることが決まったとき、

わたしにはどうしても行きたい「憧れの場所」があった。

そしてそれが今回わたしたちが南米に行く最大の理由なのだ。


(つづく)


<etsu>

なぜ中南米?  その①

テーマ:


わたしが初めてメキシコとグァテマラに行ったのはちょうど1年前。


地球探検隊を通して申し込んだトレックアメリカ主催の
現地発着ツアー 「Ruta de Maya」でのこと。

現地発着ツアーとは世界各国から集まった旅行者たちが、
ドライバー兼ガイドのツアーリーダーのもと、
寝袋持参でキャンプをしたり、自炊をしながら世界各地を旅するツアー。

現地発着の名の通り、ツアーの集合場所までは各自が世界のあちこちから
やってくる。ツアー初日の朝、集合場所で初めて顔を合わせ、
そこからいきなりツアーが始まるのだ。
4WDのバンにメンバー(最高でも13人まで)が乗り込んで旅をするので
まるで国際版の『あいのり』みたい。
(別に恋愛する必要はないんだけど・・・)


わたしが参加した
メキシコのカンクン発着16日間のコース『Ruta de Maya』では、


世界遺産のマヤ文明の遺跡「チチェンイツァ」

ベリーズ(という国です。知ってます?) の小島キーカーカーの
美しい珊瑚礁の海。

グァテマラのジャングルに眠るマヤ遺跡「ティカル」

神秘的な神殿(ピラミッド)に登ったり、洞窟やジャングル探検をしたら
最後は再びカリブ海。

ヤシの木に吊るしたハンモックに揺られながら眺めた
信じられない青さの海と真っ白な砂浜。

毎日なんでこんなところにいるんだろうって思っていた。
それぐらい想像以上の「あり得ない」毎日。

「もう一度来たい。こんなステキな景色を見せてあげたい」

そんな強い思いから、今度のふたり旅が決まった。


そして今回全くの個人旅行(通称:バックパッカー)スタイルで旅をする
ことになったそのきっかけとなる大きな出会いが、
実はこの現地発着ツアーが始まる直前のカンクンであったのだ。


(つづく)


<etsu>