懐かしい場所

テーマ:

帰国して約2週間が経った。


2ヵ月半で4カ国をまわった旅は濃~い毎日で、


満喫して満足して帰国した。



少し経って懐かしく思い出す場所は


なんと言ってもやっぱり南米。


特にボリビアだ。


人も時間もまったく別世界。


標高3700メートルの高地の上、急な坂道ばかりで


歩くだけで息が切れるし全身筋肉痛になったラパスの街。


その上通りのあちこちでは怪しげな奇妙なものが売られている。


民族衣装で背中に荷物や赤ちゃんを背負ったおばちゃん達が


魔除けに使うリャマの胎児のミイラやカエルのミイラや香草や


怪しいパッケージの薬を並べていたり、メルカドに行けば


羽をむしられた丸ごとの鶏肉がずらりとぶら下がり、


野菜や香辛料や生肉の匂いでむせそうになったり。


人々はめちゃくちゃに道路を横切るし、車もガンガン割り込むから


クラクションがうるさすぎて、それで毎朝目が覚めたり。


ぐっちゃぐちゃの雑多なラパスの街がとても懐かしい。



時間と予算の関係で行くことができなかった


チリのイースター島やアルゼンチン。


ペルーやボリビアももう一度行ってみたい。


っていうか、絶対にまた行くぞ。南米。


その時までしばらくの休憩。


がんばって働きますわ~。



(リャマの胎児のミイラ)


ボリ子さんからの情報 だと、つい最近までのラパスは

  大規模なデモや道路封鎖などでかなり不安定な情勢が

  続いていたようです。わたし達も途中の町でストライキが

  あって、ラパス出発が1日遅れたけれど(→こちら)

  陸路が封鎖されたために、ラパスに滞在していた人達は

  ホテルからも出られず2週間近くも缶詰状態だったそうだ。

  あの時より遥かに混乱して危険な状況だったみたい。

  ボリビアの国の発展と平和と安全を願うばかり。

  ボリ子さん、ボリ男くん 、気をつけてがんばって!

AD

コメント(4)