マチュピチュへの道のり

テーマ:

クスコからマチュピチュへはいくつか行く方法がある。


一般的なのは

クスコからマチュピチュの麓の街、アグアスカリエンテス

まで列車で行き、バスに乗り換えて遺跡入り口へ行く。


【スケジュール】

   クスコ発 6:00~6:15

   アグアスカリエンテス着 09:38~10:12

   バスに乗り換えて遺跡入り口着 10:30~11:30


【料金】

   ビスタドーム(車両上部がガラス張りでパノラマが楽しめる)

       往復 大人 101.15ドル

   バックパッカー

       往復 大人 66.45ドル


マチュピチュへ日帰りで観光できるが、この方法だと帰りの列車が

アグアスカリエンテスを出発するのが15:00~15:30の為、

14:00過ぎにはマチュピチュを出て、バスに乗らなければ

ならず、 遺跡を見られる時間は3~4時間ほどしかない。


わたし達は一応時間には余裕があるので、一般的な

バックパッカーのルート(3日間コース)で行くことにした。


【スケジュール】

 1日目  

   お昼過ぎにクスコを出発

   クスコからウルバンバまでローカルバス利用(3ソル)

   ウルバンバからオリャンタイタンボ行きバスに乗り換え(1ソル)

   オリャンタイタンボから列車でアグアスカリエンテスへ(往復40ドル)

   アグアスカリエンテス泊


2日目

  朝6:00アグアスカリエンテスを出発

  バスでマチュピチュ遺跡入り口へ(往復12ドル)

  7:00マチュピチュ到着。

  ~ 終日マチュピチュ観光 ~

  アグアスカリエンテス泊


3日目

  朝5:45アグアスカリエンテスから列車でオリャンタイタンボへ

  オリャンタイタンボからバスでクスコへ(5ソル)

  午前中にクスコ到着


この方法だと往復の交通費が安くすむうえに、

マチュピチュで丸1日過ごすことができる。

また朝1番に入場できるので、クスコから列車で到着する旅行者で

混み合う前の空いている時間にゆっくり遺跡を見ることができるのだ。


4月26日のお昼過ぎに出発したわたし達。

ウルバンバ行きのバス乗り場へ向かうと、なんとこの日は

ストライキがあってバスがないと言う!(またか・・・)

そこでウルバンバへ行く地元の人たちとタクシーをシェア

することにし、乗用車バンタイプに7人の乗客が乗り込み出発した。


しかし一緒に乗り込んだウルバンバに住むカップルの話では

ウルバンバからオリャンタイタンボへのバスも

やはりストライキで運行していないらしい。

不安を抱きつつウルバンバに到着すると、そのカップルが

オリャンタイタンボへ向かう地元の人用の乗合タクシーを

見つけて教えてくれた。

こうしてワゴン車(ハイエース。日本では8人乗り)に

20人を超える乗客を詰め込みオリャンタイタンボへ出発した。


車内は学校帰りの子供たちや地元のおばちゃん、おじさんが

乗っている。子供たちは珍しそうにこちらを見ては、

こそこそ内緒話をしていたが、そのうち1人が話し掛けてきて、

スペイン語と英語と日本語のミックスで話し始めた。


オリャンタイタンボ


これは日本語で何って言うの?

これは日本でいくら?

歳はいくつ?仕事は何?


言葉はわからなくても、ゼスチャーや単語だけでも

なんだかんだで結構分かり合えたことがうれしかったし

とても楽しかった!


オリャンタイタンボの町に着くと、子供たちが町の中を

案内してくれた。こうして無事に駅に到着したわたし達は、

列車に乗り込み、アグアスカリエンテスの町に到着した。


明日はいよいよマチュピチュだ!  

   

AD

4月25日、『世界の車窓から』でも放送された、

プーノ~クスコ間の10時間の列車の旅へ出発。


列車1

アンデス山脈を抜ける登山列車、

と聞いて、険しい山しかイメージできなかったけど、

これが最高に素晴らしかった!


朝8:00にプーノを出発、右側にチチカカ湖を眺めながらしばらく走ると、

両側一面に草原が広がり、その向こうに山々が連なる。空がとても近く感じる。

ヨーロッパともアメリカとも違う景色を眺めながら、

ペルーってこんなにのどかで穏やかで美しい国なんだなぁーと

なんだかうれしくなってきた。


列車3


草原の中にはリャマや牛、羊飼いをするお母さんの姿も見える。

(赤や青、ピンクなど色鮮やかな民族衣装の服を着ているので目立つ)

こちらの女性は働き者で、赤ちゃんを背負って畑仕事や行商など

みんな朝から夜までよく働く。


草原の中にはアドベという日干しレンガでできた家があって、

列車が通ると中から子供たちが走り出て、手を振ってくれるのがとてもカワイイ。


こんな時、お父さんはどこにいるのかと思って見ていると、

草っぱらの中に自転車(たいてい赤色)を停めて、日向ぼっこをしていたりして。

でもそれもまた絵になっていて微笑ましい感じだ。



列車は1等・2等があり、1等(約45ドル)は豪華なインテリアでフルコースの昼食付。

わたし達は当然2等(約17ドル)でシンプルなインテリアで何も付かない。

でも車内はガラガラで、4人掛けのボックス席を1人1つ使えたほど。

hitoはお昼寝中 zzz


列車4



途中のフリアカの街を通過する時は、大騒ぎだった。

線路の両脇ギリギリいっぱいに露店が並んでいるから

警笛を鳴らしながら徐行しないと、品物をひっかけそうになる。


列車2


列車は世界で1番高い所にある駅、ラ・ラヤ駅に停車。

標高は4319メートルだそうだ。


列車5


クスコの街が近づくと車内ではフォルクローレの演奏が始まる。

『地球の歩き方 ペルー 04~05年版』のP.16に載っている

マキシモさんその人が登場したのでビックリ。

わたし達も民族衣装を身に着けて一緒に踊ってしまった。


列車6


こうして18:00ちょうどにクスコの街に到着した。

10時間の列車の旅は想像以上に素晴らしかった。

(ウユニ塩湖と張るぐらい。by etsu )


AD

チチカカ湖の島

テーマ:

朝からチチカカ湖観光へ出発。


ウロス島1


トトラという葦でできたウロス島は大小合わせて40ほどの島が浮いているそうだ。

トトラの厚さ(深さ)は1~3メートルほどで、水に浸かっている部分が腐ると

新しいトトラを重ねていく。島に上陸した時は、フカッとした奇妙な感触だった。


島には全部で700人ほどが生活していて、大きな島には教会や学校、

公衆電話やポストも設置されていた。

そのうち、インターネットカフェもできたりするのかな~


ウロス島2
(エケコも上陸)



その後、モーターボートで約3時間、タキーレ島へ。

のどかで美しい島だったが、あんなに険しい山道を登るとは

思ってなかったので、 めちゃくちゃ疲れた。


チチカカ湖の水は思っていたよりずっとキレイだった。

トトラの効果なのか、コレラなどの菌がないので

島民はそのままの水を飲めるそうだ。

あとで聞いたところでは、たとえ沸かしても飲んではいけないという

水質調査の結果もあるらしいが・・・

AD

プーノに着いた!

テーマ:

心配していたストライキは1日で終わったようで、

 

今日、ペルーのプーノへ到着しました。

 

ストライキが長引き、ラパスを出られない日が続いたら

 

あとの日程が苦しくなるところだったので、とりあえず一安心。

 

プーノの街はラパスに比べると人も車も少なく、

 

のんびりした田舎町といった雰囲気でホッとします。

 

ラパスのように坂道がないのもうれしいかも。

 

(実は全身が筋肉痛だったので)

 

 

明日は、チチカカ湖に浮かぶ、トトラという葦でできた

 

「浮き島」のウロス島とタキーレ島へ行く予定です。

 

 

明後日は『世界の車窓から』にも登場した列車に乗って

 

プーノからクスコへと向かいます。

 

次の更新はクスコからです。

今日もラパス

テーマ:

今日、ラパスを出発するはずが、

 

ペルーとの国境の街、コパカバーナでストライキがあり、

 

バスが通行できなくなってしまいました。

 

やむを得ず、ラパスにもう1泊。

 

 

・・・ということで、一服中。

 

エケコ3

 

ストライキ、本当に今日で終わるといいけど・・・