2008-01-20 20:18:02

ハイエンドロードvs. エントリーロード 徹底検証!

テーマ:自転車
さて、今回のブログでは、連邦自転車研究所における、ある科学検証プロジェクトのレポートをお届けしたい。

世の中にはいろいろな自転車がある。ママチャリやマウンテンバイク、小径車やロードバイク、ランドナーやピスト…などなど。その中でも、ロードバイクは車種によって値段の差が非常に大きいことが特徴でもある。(マウンテンバイクもそうだけど)

一番安いのだと7万円くらい。一番高いのだと100万円以上(!)なんていうのもある。まぁ一般的にエントリーモデルと呼ばれるものが10万円から20万円くらい。逆に“ハイエンドロードバイク”と呼ばれるものとなると、50万円以上はあたりまえだ。70万円や80万円と聞いたからといって、それほど驚くものじゃない。(この値段で驚いているようじゃまだまだ素人だ。不思議なことにこの世界にハマって来るとこんな値段くらいじゃ全く驚かなくなる…年収は関係なしに。)

で、普通の人ならまず、こんな疑問を持つ。

「で、高いのと安いの、何が違うの?」

この質問、意外と困る…

走りが軽い…とか、剛性が…とか、カーボンだから…とか、いくつか説明はできるだろう。

ただ、素人でも納得できるような決定的な違いは、なかなか見いだせない。

たとえば馬力が違う…とかだったらこんなにわかりやすいことはない……エントリーレベルのジャイアントOCR3は50馬力。値段が3倍するピナレロFP2だったら120馬力。キャノンデールの最高級スーパーシックスだったら280馬力…なんていう明快な構造があれば何の問題もない。

だが、自転車のエンジンは乗り手そのものである、という自転車の特性があるので、馬力は本質的に値段とは関係ない…

そう思ったとき、ふと疑問が湧いた。

本当にそうだろうか? 

もしかして高いロードバイクの方が安いロードバイクより速い!ということはないのだろうか?

経験から来る印象として、速いロードバイクは、その多くの場合、高級ロードバイクだったような気がする…。

ヤビツ峠で苦闘する私を、ものすごい勢いで追い抜いて行ったあのロードバイク…あれはタイムの高級品だった。

とある走行会で、平地でやけに速かったあの人は…確かインターマックスの高級フルカーボンモデルだった…

渋谷近辺の坂で、私など全く問題にならない勢いで駆け抜けていった、ジャージ姿もバッチリ決まっていたあの「赤い彗星」(勝手にそう呼んでいる)も確か高級車だった…

そう考えると、速いヤツらは皆高級ロードバイクに乗っていた!

うむ…これは理論と実際が結構違っている可能性があるぞ!

というわけで、連邦自転車研究所の重要テーマとして、この現象を検証する必要がある!ということになった。

で、早速実施されたのが、この科学検証プロジェクトである!
(前置きが長っ!)

題して「ハイエンドロードバイクはエントリーレベルのバイクより果たして速いのか?検証プロジェクト

で、参加車両はまずこの一台。

エントリーレベルの代表としての検証プロジェクト参加だ。

ピナレロ君ことアングリル07
このブログに何度か来ていただいた方なら目をつぶってでもわかる「ピナレロ君」。正式名称は、「ピナレロ・セタガヤ・アルミ」(メーカーではこう呼ばれていることは意外と知られていない。)

フレームはアルミ。シートステイの部分だけカーボンになったいわば“カーボンバック”仕様。ホイールはメーカー純正のMOst Edhoのまま。コンポは9速のティアグラだ。ハイエンドモデルと比べると確かにその戦闘力には疑問符が付くが、実際のところその働きぶりは申し分ない。07モデルの中では、正真正銘ピナレロの“一番安い”モデル。今回の実験では、エントリーレベル代表として、貴重なデータを提供してくれた。

そして、ハイエンドレベル代表としてご参加いただいたのがこのモデル!

Pinarello Paris Carbon
実験の公正性を保つためにあえて同じブランドのハイエンドモデルとして選ばれた高性能ロードバイク。正式名称は「ピナレロ・パリ・カーボン」。

「セタガヤ・アルミ」モデルとは違い、フレームはもちろんフルカーボン。ホイールもマビック・キリシウムES。コンポーネントはカンパニョーロ・コーラスを装着、その戦闘力は疑う余地がない。正真正銘のハイエンドモデルである!(短くカットされたフォークコラムや、フレームとコーディネートされた純白のセライタリアFliteサドルなど、随所にオーナのこだわりが見て取れる。う~ん、思わず見とれてしまう…)

以下が、実験結果の実際のレポートである。本来は連邦機密事項となるため、ブログなどでは公開すべきではないが、自転車研究所長のB夫氏の好意で今回公開できることとなった。非常に画期的な試みの実験結果をとくとご覧あれ。

なお、この紙面を借りて、ハイエンドロードのオーナーのヒデ氏、およびtaka氏をはじめとする本プロジェクト関係者へここでお礼を述べておきたい。

--+---+---+---+---+---+--

【ハイエンドロードバイクはエントリーレベルのバイクより果たして速いのか?検証プロジェクト】

結果集計レポート[連邦機密]

●日時:2008年1月14日 ●場所:世田谷B地区~多摩C地区~山梨県M地区

●実験1:平地での走行能力比較
 ハイエンド車両(H車と呼ぶ)はエントリー車両(E車と呼ぶ)と同一集団内で走行し、どちらが平地・一般交通状況でのでの巡航能力に優れているのかの比較検証を行った。

実験結果:

 信号、他の交通、その他の不確定制限要素がある一般の平地での通常走行時にはそれほど大きな差は認められなかった。これは両車両ライダーからの証言や、他の関係者よりの証言でも裏付けられた格好となる。

 何度かE車がH車に若干の遅れをとる場面があったが、検証の結果、これはE車ライダーがドリンク補給に手間取ったことが理由であり、機材の性能差によるものではないことが確認された。

●実験2:峠での走行能力比較
 ハイエンド車両(H車と呼ぶ)はエントリー車両(E車と呼ぶ)と同一の峠をフリー走行し、どちらが登坂能力に優れているか、徹底的に検証を行った。ひとつの峠だけでは検証結果の信憑性が低くなるため、3つの峠を走行した。その結果を以下にまとめる。

実験結果:

 峠AではH車がE車より若干速めのペースで頂上まで登坂。差はそれほど大きくはなかったが、無視できない差が生じた。

 峠Bでは、登坂口間もなくから速度を上げたH車がE車を完全に引き離し、圧倒的な差を付けて頂上へと到達した。

 峠Cでは、中盤まではそれほど大きな差とはならなかったが、途中からはH車が見た事もないような超高速ダッシュをしたことにより、E車との距離を劇的に広げ、大差を付けた状態で頂上へと到達した。

 3つの峠ともH車がE車を終止リードする結果となった。

 この3つの実験結果からわかるように、後半へ行くほど力の差が顕著になってくる。これは、登坂力だけでなく、持久力といった面でもH車がE車より優れていることを示していると思われる。

●実験結果まとめ:
 機材の能力の違いだけでは説明の付かないほどの差が両車の間に存在した。特に峠においてH車の方がE車より明らかに速かった。

※これは仮説だが、[値段の差]=[気合いの差]と考えることもでき、これが結果としての実力に大きな差を生み出すもとになっている可能性がある。

●結論:
 一刻も早く世田谷B地区の支部にH車を導入する必要があると思われる。来年度予算案においてH車導入予算枠を織り込むことを今回の実験を受けての最終提案としたい。

--+---+---+---+---+---+--

半端な実験、失礼しました!

な~んだ。結論は結局いいのを買おう!ってことじゃん…まずは予算枠…と。

次回は、海外のロードバイクレビューサイトの話!


[ヒデさん、機材サンプルに使用してしまい失礼いたしました! そしてありがとうございました!]

人気ブログランキング にほんブログ村 自転車ブログへ

(人気ブログランキングに参加しています。)


前の記事へ | 次の記事へ ] [ 自転車で糖尿病を克服した!目次

コメント

[コメントをする]

1 ■bikesさんに動きが。もう誰にも止められない気が。

 更新、お疲れ様です^^。

 ピナレロ・バリ・カーボンってさすがの美しさですねΣ( ̄□ ̄;)。クランクはコンパクトでしょうか。坂での速さの秘密はこれですかね。車重も軽いんだろうな。ホイールはマビックのキシリウムですか。私もお金があったら買いたいホイールです。
 白のフレームに白のサドルとバーテープ。似合いますね。真似してみようかな^^。

 bikesさんはエントリーライダーではありませんから、そろそろパワーアップは避けて通れないですね。

 占い師で有名なはし蔵さんの占いが出ました。今年のbikesさんに起こることは、

 ・脱ティアグラ10s化
 ・アルテグラSLパーツの増加
 ・ホイールとタイヤとサドルは赤になる
 ・ちなみにサドルはセレ・イタリア、タイヤはミシュランプロレース

 だそうです^^。

 当たりそうですか?

 私もまだティアグライダーなのですが、ここに壁があるんですよね。ヤフオクから目が離せないです。

2 ■無題

bikesさん いよいよ!BCG作戦(笑) 本格始動ですか? 楽しみですえぇぇ(^○^)

今日ロードバイクインプレッション2008って雑誌買ってしまいました。 もう がまんできん!!

あ・・・予算ない(笑)

3 ■コメントありがとうございます!!!

★はし3さんへ
そのハイエンド車、やはり軽かったですよ。ちょっと持ってみて5cmくらい持ち上げようとしたら15cmくらい上がってしまいました!
はし蔵さんの予言!ありがとうございます!
どれどれ…
ホイールとタイヤとサドルが赤に!? さてさて、どうなるんでしょうか?
ただひとつだけはずれている予言があります!
タイヤはミシュランプロ2レースにもうなっていま~す!!!
つぎははし3さんの進化を科学的に予測してみようかな!

★kuniさんへ
BCG作戦、いよいよ本格始動!といきたいんですが、その前に予算案決議を通らないといけません!まだ道は長いのです!
その雑誌、まさに私も買おうかなと思っているやつです!とりあえずそれで感情をごまかしておきま~す!

4 ■無題

車導入予算枠うちの場合は けっこう キビシカッタッス。 でも いつか買わないと!と思ってしばらくいじりながら(これも結構散在してるかも?)我慢していましたが、ようやく思い切って踏み切りました。 好みのものが見つかればいいですね!
それと予算枠拡大案もね! 

5 ■おおっ~。

機材サンプル光栄です。
14日はお疲れ様でした。
また機会が有りましたらご一緒させて下さい。

>>はし3さん

はじめまして。
クランクはコンパクトではなくノーマルクランクです。
52×39T 13-26Tです。

6 ■無題

初カキコです。
イヤー エントリーモデルからハイエンド車までピナレロはかっこいいですなー。

7 ■コメントありがとうございます!!!

★ターさんへ
予算枠…結構拡大しないとハイエンドは届きません! 妄想の枠はどんどん拡大してしまうんですが……
で、やはり持ち上げたときの重量は、ハイエンドクラスは確実に違いますね!
オルベア君も軽いんだろうなぁ…

★ヒデさんへ
勝手に実験サンプルに使ってしまって申し訳ないです!
こちらこそまたご一緒させてくださいね。
現在、打倒ハイエンドロードを目標にポジション改変を計画中です! 次はせめて30メートルでいいから付いていきたいです!

★ういおさんへ
初コメント、そしてお褒めの言葉、ありがとうございます!!!
ういおさんも何かロードバイク乗ってらっしゃるんですか?
是非またいらしてくださいね!

8 ■みてみたいですね

興味深い実験?結果をありがとうございました.実際並んで走っているところを見てみたいですね.今回のエンジンはH車にみあった高性能エンジンと思いますが,私のような超プアーなエンジンを載せてもH車のフレームの方が速く走れるのでしょうか..いずれにしても急速にエンジンをボアアップされているBikesさんがH車のフレームを求めるのは当然の流れでしょうね.私はまだまだE車で十分..ていうかまた全然走ってない..

9 ■★bikerunskiさんへ

コメントありがとうございます!
私の場合、なかなかボアアップ効果が出てこないので、その分、「気合い」とか「がんばり」というターボを効かせてます!(笑)
今回の実験を受けて、次はエンジンを載せ換えての実験が必要…との声もありますが、実施期日は未定です。
bikerunskiさんもどんどん乗ってパワーアップしてくださいね!(人間エンジンは大切にし過ぎて乗らないでいるとパワーダウンする…という恐ろしい法則がありますので…)

10 ■初コメです

どうも初コメです。
それにしてもパリ・カーボンかっこいいですねぇ~
ホワイトカラーフレームにESが栄えてとてもいい感じです^^
あ、もちろんアングリルもカッコイイです。
やっぱり僕の安物アンカーじゃモチベーションが上がりませんorz

11 ■思わず目を奪われる

パリカーボンキシリウム、コンポはコーラスなんて、、まぶしすぎて直視できません!!

ほんの数ヶ月前まで、自転車にじゅうまんえん・・馬鹿げている!!と思っていたのが懐かしいです。

12 ■無題

実験結果の報道を受けて、民意は、パリカーボンの購入に傾いている・・・、とそう言う訳なんでしょうね!
その民意に賛同致します。

13 ■コメントありがとうございます!!!

★shogo831さんへ
初コメントありがとうございます!
ブログ拝見させていただきました。お、R3に乗ってる!そしてロードへと…。つまりグレードアップの王道ですね!(私と全く同じパターンですね!)
でも、アンカーのロード、ちょっと年式は行ってそうですが、良く走りそうじゃないですか。メンテをしっかりして、徹底的に使い倒す! きっと実力アップマシーンになります! 是非また来てくださいね!

★furu8maさんへ
私などは自転車に5万円だって高すぎると思ってたんですから…最初は。
それが今や80万円の自転車を見ても、価格に関しては決して驚きませんから(速さに驚いたりはあるけど)。人間変われば変わるものです!(でも高いやつ、やっぱ欲しいですね…)

★bugaluさんへ
出た、民意に賛同してくれる方!
(ていうか、このブログに来てくれる方は基本的に皆賛成派ですよね!?)
こんな記事書いて、自分で自分の首を締めてる感があります…。どんどん欲しくなってきます! 皆さん“物欲処理”(笑)どうしてるんでしょう???

コメント投稿

[PR]気になるキーワード