<< 前のページへ最新 | 1 | 2 | 3 | 4
2005-02-06 23:48:13

コンピュータはおばかさん

テーマ:徒然
コンピュータは、お馬鹿さん。
人間以上の事は、出来ません。
なぜなら、人間が作っているからです。
誤作動もするし、グレて動かなくなる時もあります。

使っている人たちは、何を思っているのだろ。
コンピュータの中にもう一人人間が入っていて、そろばんを
パチパチ弾いてるのに気がついていないのだろか。

そろばんを弾いているのは、メーカー?
それとも。。。。。
2005-02-05 09:41:38

日本の通信事情

テーマ:徒然
日本の通信事情。
意外と整備されていなくて、アメリカや中国、韓国に比べて遅れています。
普通電話のダイアルアップ~光通信まで幅広く
地域によっても導入されないところもあり、不便この上も無い。
WEBコンテンツを作るにあたって、回線速度を考えた作成が必要に
なってくる。
画像が多いもの、フラッシュを使うも、いろいろありますが、
最近はADSL以上の回線を対象にしているものが多いですね。

日本の通信事情はどこまで改善されるのでしょうか。
全国光通信網になれば、いろいろなものの普及も大きいのでは
ないでしょうか。

WEB製作をするところは、クライアントの要望も大切だけれども
見る人の環境も考えてね。
2005-02-03 22:39:38

似非SEととぼけたユーザー

テーマ:徒然
似非SEととぼけたユーザーどちらも、うそをつきます。
似非SEは、技術も経験も無いのに、出来ます、やります。
次の日から来ません。
とぼけたユーザーは、「パソコン壊れたんですけど」と言い。
「何をしたの?」と聞いても、「何もしてません。インターネット
開いていて、仕事をしていたら画面が真っ暗になっていました。」
どこのサイトを見ていたんだ。
必要なデータを抜き出して渡してあげると、ポツリポツリと
話し始めます。家のパソコンじゃ怖くて試したいソフト入れられないし
ダウンロードも出来ないから、やってました。
会社のだから良いですよね。。
絶句。。。。。
仕事しろよ。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
2005-02-02 23:04:14

パソコン教育

テーマ:徒然
なぜ、パソコン、コンピュータの使える人が、世界に比べて日本は少ない
のだろうか。
年代層にもよるが、教育が行き届いてないのが、一つの原因にある。
40代以降の人は、独学やコンピュータ教育の走りの中で、勉強できた
人だけが、着いて行ける。
30代からは、興味の世界になる。専門学校がはやり始め、出たことは
出たが、何も技術を伴わないのが現状。ゲーム世代
20代、パソコンに触れる機会も増え、そこそこ扱える。
義務教育が簡素化され、やはり身につくものが少なかったんだと思う。
ただ、映像、画像といったイメージの世界は強い。
今現在は、かなりインフラが整ったので、これからの子供たちに
期待するしかないのかもしれない。
先進国面した日本は、実はかなり遅れている。悲しい限りだ。
現在、成功している人は、どんな人だろう。
コンピュータ、パソコンに興味を持ち勉強し、時分が経験した事を
具現化できる人だろうと思う。ほんの一握りの人でしょう。
歳を越え、おおいにコンピュータと戯れましょう。
その中に、芽生えるものがあるかもしれません。
2005-02-01 23:28:22

移り変わり

テーマ:徒然
はじめまして
コンピュータをいじり始め、25年の歳月が立ちます。
現在は私の会社は独立して10年目の誕生日を迎えようとしています。
怒涛のような、流れの中をどうにかこうにか、生きてきました。
そんな中で、疑問や感じたことを書いていこうと思います。

1回目は、移り変わりです。
私が始めた頃は、「情報処理・技術」などといった言葉が主流でした
何年か前から「IT」と名前も変わり、なんかすごいって感じを周囲に
撒き散らしています。今も蔓延しています。
Information Technology、情報技術。
言葉だけが変わり、何も変わっていません。
確かに進歩はしました。マシンは早くなり、使いやすくなりました。
一時は、パソコンがちょっと古い汎用機を追い越してしまう、パワーを
持っていました。
しかし、現在を見ると、優越は変わっていません。
五月雨ですが進化をしています。
さて、ここで困った問題があります。
使う人が、進化しないことです。
コンピュータがあれば、何でも出来ると思っている人。
パソコンが全ての人。
汎用機のCOBOLが全ての人。
進歩しません。
なぜでしょう。ぬるま湯につかっているからでしょうか。
本当は、ちょっとした切り替えで、なんにでも対応できるのです。
自分の目の前しか見ていない人は、周りを見て見ましょう。
但し、大きな差は出ます。それはいろいろな業務や技術を経験したかです。
でも、使いこなせないと、もったいない限りです。
自分を自己評価してみませんか。
<< 前のページへ最新 | 1 | 2 | 3 | 4

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。