おはようございます!

テーマ:

おはようございます!宇都宮です。

まだまだ梅雨が明けませんね、みなさん、急な天候の急変には十分お気を付けください。

本日は、トイレのタンクの中がどの様になってるのか、みていただこうと思います。

タンクの中の様子です。

左から“ボールタップ”、鎖の先にみえるタンクの底のゴムのようなのが“フロート弁”です。まず、ボールタップはタンク内への給水の役割を果たします。フロート弁は、タンク内の溜まった水を便器側に流す役割を果たしてます。レバーをひねる事によって、鎖が引っ張られ、フロート弁が明き、排水されます。レバーを元に戻す事によって、再びフロート弁が底をふさぎ、タンク内に水が溜まっていきます。最後、ボールタップの白い“浮き”の部分が水が溜まっていくにつれ浮き上がり、これ以上は“浮き”が上がらない所で、給水が止まる仕組みになってます。

お役にたてたでしょうか?

AD