【土神紳士 ~プレシャス・パントマイム・スチゥピッド~】

全ての瞬間の吸い込みきれないほどの生イノチ。

http://bijuree.hp.infoseek.co.jp



【パリ・デ・ランデブー】

土神の フランボワーズによる 土神のための 地面のない 肝っ玉風 空中密林。

http://ameblo.jp/parisframboise/

2008-10-20

アナタに会いに行きます。

テーマ:ブログ

10月19日、今日は土の祭りでした。




太っ腹になったら、日本にも行ってみようと思ってた。



先日の帰国から大して日が経ってない今、オレタチは太っ腹だ。




そんなわけで見た目だけリッチに、大きな愛をお腹にぶらさげて一時帰国です。




【ドジン釣りのポイント】


ドジンは、舌に喜びを与えてやると釣れるそうですよ。





さ、行こうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2008-10-07

ドイツ公演(Augmented Body and Virtual Body II)

テーマ:マイム
10月5日からは、土の祭りです。



先日配信した【オランダ・グロウニンゲン】でのフェスティバルは

諸事情により無期限延期 ガーン!!ということになりました。



以上報告。        オセー。




[netBody (Augmented Body and Virtual Body Ⅱ)]公演決定!!


はええ。




土神だいたい百刀斎【ドイツ・ケルン】に 5日 正午前、白昼堂々と御天道様を真上に大到着です。


とはいうものの幸か不幸か冷やし雨が降り始めやがり、13日の公演を見据えて稽古に入りました。




でもよ、ケルンに列車で昼到着ってことはよ、パリを早朝未明にでるってことな訳で。


パリでマバタキしたら次の刹那にゃケルンに着いた、

ヨーロッペのテクノロジイには腹くくってかなきゃね。





パキスタンにいた頃は、マタタキしてると
次の人次のチャイボン、ボン、ボ、

ってな具合で、永遠にループし始める、




ぱち ぱち ぱちぱち くるくる ブンブン ボン

眼 開いたりつむったり まわったり ふったり ヤ アリー!


セルフマタタキだけじゃとっても足りなくて、でもマタヒラキは 御免 勘弁 ナグリマス だったから

タマネギ片手に強制マバタキしてたけど、



ヨーロッペは、都市移動に変化の過程を辿ってったのかね。

現実的ぃ!

タマネギ兩手に、世界なんぞに流れに流れて 地球のタマネギ完全制覇、泣けないタマネギ開発中
なんてのも悪くないかな、とにかく時間の流れが速く感じるのは確かな事。


ん? マバタキなのかマタタキなのかタマネギ?マタタビ?わからなくなってきた。


マバタキごときで目を見開き

下駄履きやる気で猫にはマタタビ

タマネギ まったき故に身は月

月に行ったことのある人が、月を語るのさ。



13日の公演の案内がドイツ語と英語と、翻訳ソフトにかけた日本語を用意しました。


セカンドライフというインターネット上の仮想社会に登録していただけると、


パソコンと電気(意外とないとこ多いんだよねー)さえあれば、なんと世界のどこにいようが、


13日にリアルタイムでライブを見れるばかりか、参加までもできてしまうようです。





セカンドライフで!


ダッチワイフ!
   











・・・・・じゃねーや、


タマネギ片手にぼくと握手!






いや、マジでできるみたいだよ。ホントに。   ドジン嘘ツカナーイ、ノコトヨー。




-----------------------------------------------


Performance "netBody"(Augmented Body and Virtual Body II)


Montag, 13. Oktober
21 h, Aula, KHM, Filzengraben 2, 50676 Köln
"netBody"(Augmented Body and Virtual Body II)
http://www.myspace.com/netbodyperformance


Der performative Einsatz von „Body Suit” und „Powered Suit” schafft einen closed circuit zwischen der virtuellen Welt des „Second Life“ im Internet und dem realen Erfahrungsraum der Tänzer auf der Bühne. „Body Suit” löst die handheld-Steuerung ab und wandelt stattdessen die Bewegungen seines Trägers direkt in elektronische Signale um, die im Internet in Bewegungsabläufe einer virtuellen Figur übertragen werden. Der zweite Anzug, „Powered Suit”, stellt eine Art tragbaren Roboter dar, der die Körperbewegungen eines weiteren Tänzers steuert. In der Performance wird der Flirt mit der virtuellen Welt als physische Interaktion inszeniert. „Body Suit“ und „Powered Suit“ verbinden die Performer körperlich mit dem „Second Life“.




9:00 PM on the 13th of October, 2008 of German time - Central European Summer Time (ex. at 3:00PM on the 13th of October, 2008 in East Coast, USA - Eastern Daylight Time).



Monday, 13. October
21 h, Aula, KHM, Filzengraben 2, 50676 Cologne, Germany
"netBody"(Augmented Body and Virtual Body II)
http://www.myspace.com/netbodyperformance




netBody
-“Augmented Body and Virtual Body II”
Description of performance
In this performance, we link the real world to the online reality of Second Life. We do this at the physical level: the bodily movements of a person in the real world control an avatar in Second Life, while an avatar’s movements guide a human being’s.
Second Life is a 3D online digital platform created by its residents. Here, each flesh-and-blood human creates a unique identity – an avatar – to inhabit the digital community environment. The contact between these realities is usually effected through a monitor, keyboard and mouse. In this work, the whole body takes part; we develop technology that makes communication between the two realities two-way and physical.
A movement-registering mechanism built into the BodySuit allows a person’s movements to directly control the behavior of an avatar in Second Life. Conversely, the Powered Suit contains motors that control the human body like a marionette. It is a sort of robot you can wear, controlled by an avatar.
With this technology, geography, location and space no longer hinder physical interaction between bodies. A Second Life avatar becomes a vehicle for physically connecting the individual to society. This could make it possible for people all over the world with the correct hardware to share each other’s bodies over the Internet.
We play with our perception of an individual’s body as his or her identity. In this project, we do not know exactly who is controlling the Powered Suit or where they are in the world. Our bodies become a combination of ‘real’ and computer-generated information and are thereby improved. Perhaps this could lead to new ways of using our bodies we can discover only by controlling them from outside, through the Internet.

How to participate in or see the performance with your avatar in Second Life
You can see or participate in this Interactive Installation or Performance with your avatar:
Download a customized version of the Second Life Viewer program from one of the following locations:
http://www.robertderrick.com/netbody/
http://suguru.goto.free.fr/Contents/SuguruGoto-e.html
Log in to Second Life. If you have not registered yet with Second Life, you can get your account from:
http://www.secondlife.com
After logging in, teleport your avatar to the venue in Second Life:
http://slurl.com/secondlife/OHIO%20Edu/140/103/39
Go into the building and go up to the top where there is a concert hall.

The performance will take place on the stage in the concert hall. On the stage, there will be two avatars, one that is controlled by the BodySuit and another that is connected to the Powered Suit.

If you would like to participate the performance by controlling the Powered Suit (robot) with your avatar, go up to the stage and enter the zone on the right. Then, you become Powered Avatar and can control Powered Suit in real time. Depending on your gestures of Avatar, a dancer who wears the Powered Suit will peroform as you like. You can leave there anytime you like and let other avatars try this. You can also try to play some musical instruments with Powered Suit. The Powered Suit can be controlled by only one avatar at a time.
If you would like to participate in the performance by having your avatar be controlled by the BodySuit, go up the stage and enter the zone on the left. Then, you become BodySuit Avatar and can be controlled by BodySuit in real time. Depending on the gestures of BodySuit in Real Life, a dancer who wears BodySuit will control you avatar. Although your avatar is under the control, you can leave there anytime you like and let other avatars try this. You can also try to play some virtual musical instruments on this stage. Only one avatar can enter this region at one time.
Behind the stage, there is a screen which shows the real stage. You can monitor how the real stage with BodySuit and Powered Suit and the virtual stage with our avatar and your avatar perform.
Try to dance or play music with our avatar. Depending on how well you perform, the public applauds and gives a credit for your performance. The best player will receive an award.
For further information:


http://www.robertderrick.com/netbody/
Credit:
Suguru Goto (Initiator of project, Concept, Inventor of BodySuit and Powered Suit, Music, Design of images)
Rob Powell (Second Life Programming)
Shu Okuno (Powered Suit Performance: Dance, Mime)
Hiroyuki Suzuki as Bijuree (BodySuit Performance: Dance, Mime)
Bernd Voss (Technical support, Academy of Media Arts Cologne)
Martin Nawrath (Electronic Technique, Academy of Media Arts Cologne)
Robert O'Kane (Unix Systems Administrator)
Sam Blanchard (Elbows of Powered Suit Technique, Ohio University)
Japan Electronics College (3D images support and cooperation)
Shinji Sasada (3D image direction)
Yuuta Ishii (3D images, Second Life 3D Images)
Tetsuya Sasaki (3D images)
Miho Odagiri (Design)

Assistances:
Jochen Arne Otto (Powered Suit Technique)
Lorenz Wortmann (Powered Suit Technique)
Julia Wewers (Powered Suit Technique)
Anne-Marlen Gaus (Artistic Assistant)
Marianne Heinz (Artistic Assistant)
Veronika Schyra (Second Life Interface)
Very Special Thanks to: Anthony Moore, Heide Hageboelling, Academy of Media Arts Cologne
Special Thanks to: Klanglabor at KHM, Katherine Milton, Nathaniel Berger, The Aesthetic Technologies Lab - Ohio University, Christopher Keesey, IRCAM, Fuminori Yamasaki (iXs Research Corp.), Nir Bakshy, Cornelius Pöpel


Biography:
Suguru Goto (Initiator of project, Concept, Inventor of BodySuit and Powered Suit, Music, Design of images)
http://suguru.goto.free.fr
http://sugurugoto.blogspot.com
Suguru Goto is a composer/performer, an inventor and a multimedia artist and he is considered one of the most innovative and the mouthpiece of a new generation of Japanese artists. He is highly connected to technical experimentation in the artistic field and to the extension of the existing potentialities in the relation man-machine. In his works the new technologies mix up in interactive installations and experimental performances; he is the one who invented the so called virtual music instruments, able to create an interface for the communication between human movements and the computer, where sound and video image are controlled by virtual music instruments in real-time through computers. Lately, he has been creating the robots, which perform acoustic instruments, and he is gradually constructing a robot orchestra.
He has been internationally active and has received numerous prizes and fellowships, such as Koussevitzky Prize, BSO fellowships, the first prize at the Marzena, Berliner Kompositionaufträge, a prize by the IMC International Rostrum of Composers in UNESCO, Paris, DIRECAM, French Cultural Minister, and so on. His works have been performed in major festivals, such as Resonaces/IRCAM, Sonar, CICV-Les Nuits Savoueuses, ICC, Electrofolie, Haus der Kultures der Welt - Haimat Kunst, ISEA2002, NIME 2004/2005/2006, Olhares-Outono, Ressonancias, Audiovisionen, Utopiales Festival, AV Festival, and Mixed Media Festival, Electornika Festival, Share Festival, Areas of Conflu(x)ence / Luxembourg 2007 / Sibiu 2007 - European Capitals of Culture etc.
In 1995, his first opera "NADA (Media Opera)" was performed in Shauspielhaus, Berlin. At the same year, he moved to Paris in order to realize a project at IRCAM, Paris. In 1996, his "VirtualAERI" was given the first performance at Espace de projection, IRCAM. In 1998, he was invited to perform at Sonar, Barcelona. In 1999, he was invited to perform at ICC in Tokyo. In 2003, his concert was given at Pompidou Center, in Paris. In 2006, his “RoboticMusic” was commissioned by AV Festival in Newcastle, England and was enthusiastically received by the large public, as well as the mass medias. He has been producing computer music and researching at the group "Gestural Controller" in IRCAM, Paris since 1995. Lately, he has been working for Brass instrument robots with Artificial Mouth at IRCAM, as well. In 2007, he was Artist in Residence at ATLab, Ohio University, in USA. He is now Artist in Residence at Academy of Media Arts, Cologne, in Germany. He lives in Paris and in Cologne.
Goto's works have been shown in Canada, England, Germany, France, Italy, Portugal, ,Poland, Roumania, Spain, Slovenia, Ukraine, Japan, and U.S.A. His works are published by "Edition Wandelweiser GmbH"(Germany). His "Giseion to Gousei" is recorded on CD, which is available from Akademie der Künste label (Germany) and his "Temps tressé III" from ALM Records (Japan).
Rob Powell, Second Life Programming
Rob Powell is an ex-system administrator and computer technician who has had a fascination with computers since the age of 8, though his first love is making music. He likes to take things apart and sometimes put them back together, and likes to make music from dishes and utensils before dinner. Rob holds a degree in Computer Science from Ohio University in Athens, Ohio, USA, where he worked for almost 10 years before moving on to freelance work and creative projects such as his work with Suguru Goto.

Shu Okuno (Powered Suit Performance: Dance, Mime)

He decided to come to France in 2000 to study dramatic corporeal mime, a technique little known in Japan. Having earned his diploma in 2002 at l'Ecole Internationale de Mimodrame de Paris Marcel Marceau, he is a true corporeal technician. He has also shown his work in Switzerland and many cities in France. His artistic research is focused on original and new creations that are not genre specific. He has also participated in the avignon international theater festival 2008 with his new show. The Violinist and The Spirit of the chaire which he produced.


Hiroyuki Suzuki as Bijuree (BodySuit Performance: Dance, Mime)


He is bijuree as mime. Bijuree loves the unknown world since infantperiod. He couldn't be knight but has trained mime to drag out it fromthere with master since 1998.
He has been running after "invisible group consciousness" who alwaysexist ahead ourselves up. Has started to journey to adventure all byland with his mime in Asia and Africa from 2001, he made his mime eachcountry. Now in paris from 2008 where his expression adds to thicknessthree-dimentionary.It begins to change into the concious which is notmime.
Bijuree is searching the boundary that all extreme is.


増大された体と仮想体II

ドイツの時間の2008年10月13日の午後9時00分 - 中心ヨーロッパの夏期(前。東海岸(USA)の2008年10月13日の午後3時00分で - 東部夏時間)。



月曜日に、13。10月21日h、Aula、KHM、Filzengraben 2、50676のケルン、ドイツ「netBody」(Augmented BodyとVirtual Body II)http://www.myspace.com/netbodyperformance




netBody
-パフォーマンスの「増大されたBodyとVirtual Body II」Description
この公演では、我々は現実の世界とSecond Lifeのオンライン現実を関連づけます。我々は、身体的なレベルでこうします:化身の運動が人間のものを案内する間、現実の世界の人の身体の動きはSecond Lifeで化身を支配します。
第2のライフは、オンラインデジタルプラットホームがその居住者によってつくった3Dです。ここでは、各々の生身の人間は、独特のアイデンティティをつくります ? 化身 ? デジタルコミュニティ環境に居住すること。これらの現実との接触は、通常モニター、キーボードとマウスによって生じられます。この職場では、全身は参加します;我々は、2つの現実の間のコミュニケーションを双方向で身体的にするテクノロジーを開発します。
BodySuitに組み込まれる運動を登録している技法は、人の行動をSecond Lifeで直接化身の作用をコントロールさせます。逆に言えば、Powered Suitは、マリオネットのような人体をコントロールするモーターを含みます。それはあなたが着ることができる一種のロボットです。そして、化身によってコントロールされます。
このテクノロジーで、地理学、場所とスペースは、体の間の身体的な相互作用をもはや損ないません。Second Life化身は、身体的に個人を社会に接続するための車両になります。これは、正しいハードウェアで世界中でインターネットについて互いの体を共有することを人々にとって可能にすることができました。
我々は、彼または彼女のアイデンティティとして個人の体の我々の認識で遊びます。このプロジェクトでは、我々は誰がPowered Suitを支配しているか、あるいは、彼らがどこに世界にいるか必ずしもわかりません。我々の体は『本当で』コンピュータ生成の情報の組合せになって、それによって改善されます。おそらく、インターネットを通って、これは我々が外側から彼らをコントロールすることによってだけ発見することができる我々の体を使う新しい方法に至ることができました。


中で参加するか、Second Life Youであなたの化身でパフォーマンスを見る方法は、わかることができるか、あなたの化身でこのInteractive InstallationまたはPerformanceに参加することができます:
以下の場所のうちの1つから、Second Life Viewerプログラムのカスタマイズされたバージョンをダウンロードしてください:
Second Lifeに中でhttp://www.robertderrick.com/netbody/http://suguru.goto.free.fr/Contents/SuguruGoto-e.html Log。あなたが登録しなかったもしもであるが、Second Lifeで、あなたは、あなたの口座を得ることができます:
流行っているhttp://www.secondlife.com After伐採、teleportにSecond Lifeの会場へのあなたの化身:
http://slurl.com/secondlife/OHIO%20Edu/140/103/39 移動コンサートホールがあるトップをしている建物と試みに。

公演は、コンサートホールのステージで行われます。ステージで、2つの化身(Powered Suitに接続しているBodySuitともう一つによってコントロールされるもの)が、あります。

あなたが参加したいと思うならば、あなたの化身でPowered Suit(ロボット)を支配することによってパフォーマンスものはステージに上がって、右で地帯に入ります。それから、あなたはPowered Avatarになって、リアルタイムにPowered Suitを支配することができます。Avatarのあなたのジェスチャーに従い、好きなようにPowered Suit意志peroformを着るダンサー。あなたはいつでもあなたにその他をそこで残すことができて、他の化身をこれをためさせることができます。あなたは、Powered Suitで若干の楽器を演奏しようとすることもできます。Powered Suitは、一度に1つの化身だけによって支配されることができます。
あなたがあなたの化身にBodySuitによって支配させられることによって公演に参加したいと思うならば、ステージを登って、左で地帯に入ってください。それから、あなたはBodySuit Avatarになって、リアルタイムにBodySuitによってコントロールされることができます。Real LifeのBodySuitのジェスチャーに従い、BodySuitを着るダンサーは、あなたをコントロールします化身。あなたの化身が支配中であるが、あなたはいつでもあなたにその他をそこで残すことができて、他の化身をこれをためさせることができます。あなたは、このステージで若干の仮想楽器を演奏しようとすることもできます。1つの化身だけは、一度にこの地域に入ることができます。
段階に遅れて、本当のステージを示すスクリーンが、あります。あなたは、BodySuitとPowered Suitによる本当のステージと我々の化身とあなたの化身による仮想ステージが実行する方法をモニターすることができます。
踊るか、我々の化身で音楽を演奏しようとしてください。あなたがどれくらい上手に行うかについて次第で、市民は拍手喝采して、あなたのパフォーマンスに対して残高を支払います。ベストプレイヤーは、賞を授与されます。
詳細は:

中で参加するか、http://www.robertderrick.com/netbody/Credit であなたの化身でパフォーマンスを見る方法:
後藤英(プロジェクト、Concept、BodySuitとPowered SuitのInventor、Music、イメージのDesignの創始者)ロブパウエル(第2の生命プログラミング)
シューオクノ(パワード一揃い性能:ダンス、パントマイム)Bijuree(ボディスーツパフォーマンス:踊ってください、Mime)バーンドフォス(テクニカルサポート、メディアArtsケルンのAcademy)マーティンNawrath(電子Technique、メディアArtsケルンのAcademy)ロバートO'Kane(Unix Systems Administrator)サムブランシャール(Powered Suit Technique(オハイオ大学)の肘)日本Electronicsカレッジ(3Dイメージ支持と協力)笹田伸二(3Dイメージ方向)ユウタイシイ(3Dイメージ、Second Life 3D Images)佐々木哲哉(3Dイメージ)ミホオダギリ(デザイン)Assistances:
ヨッヒェンアーネオットー(パワードスーツテクニック)
:へのローレンツWortmann(パワードSuit Technique)ジュリアWewers(パワードSuit Technique)アン-マルレーンガウス(芸術的なアシスタント)マリアンヌハインツ(芸術的なアシスタント)ベロニカSchyra(第2のライフInterface)Very Special Thanksアンソニームーア、ハイデHageboelling、メディアArtsケルンSpecial ThanksのAcademyは、そうします:KHM、キャサリンミルトン、ナサニエルベルガー、美的なテクノロジー研究室のKlanglabor - オハイオ大学、クリストファーKeesey、IRCAM、フミノリヤマサキ(iXs研究会社)、Nir Bakshy、コーネリアスP画素


伝記:
後藤英(プロジェクト、Concept、BodySuitとPowered SuitのInventor、Music、イメージのDesignの創始者)http://suguru.goto.free.fr http://sugurugoto.blogspot.com 後藤英は作曲家/パフォーマー、発明者とマルチメディアのアーティストです、そして、彼は最も革新的なもののうちの1つと日本のアーティストの新世代の送話口と考えられます。彼は、芸術的なフィールドの技術的な実験に、そして、関係マンマシンの既存の潜在性の拡張に非常に接続しています。彼の作品で、新技術はインタラクティブ施設と実験的な公演で上へ混ざります;彼はいわゆる仮想楽器(人間の運動とコンピュータの間のコミュニケーションのためにインターフェースを作成することができる)を発明した人です、そこで、音とテレビ画像はコンピュータによってリアルタイムに仮想楽器でコントロールされます。最近、彼はロボット(それはアコースティック楽器を演奏します)を作製していました、そして、彼はロボットオーケストラを徐々に造っています。
彼は国際的に活発で、多数の賞と組合(例えばクーセヴィッキー賞、BSO組合、Marzenaの一位、ベルリンの人Kompositionauftr ge、ユネスコ、パリ、DIRECAM、フランスのCultural大臣とその他のComposersのIMCインターナショナルRostrumによる賞)を受けました。彼の作品は、主なフェスティバル(例えばResonaces/IRCAM、Sonar、CICV-レスNuits Savoueuses、ICC、Electrofolie、ハウスder Kultures der Welt)で実行されました - Haimatクンスト、ISEA2002、NIME 2004/2005/2006、Olhares-Outono、Ressonancias、Audiovisionen、Utopialesフェスティバル、AVフェスティバルとマルチメディアフェスティバル(Electornikaフェスティバル)は、フェスティバルを共有します、Conflu(x)の地域ence/ルクセンブルク2007/Sibiu 2007 - Cultureその他のヨーロッパのCapitalsはIn 1995です、彼の最初のオペラ「NADA(メディアオペラ)」はShauspielhaus(ベルリン)で実行されました。同じ年で、彼はIRCAM(パリ)でプロジェクトを認識するために、パリへ引っ越しました。1996年に、彼の「VirtualAERI」は、Espaceデ映写(IRCAM)で、最初のパフォーマンスを与えられました。1998年に、彼はSonar(バルセロナ)で行おうと誘われました。1999年に、彼は東京でICCで行おうと誘われました。2003年に、パリで、彼のコンサートは、ポンピドーセンターで行われました。2006年に、彼の「RoboticMusic」がニューカースルでAV Festivalによって依頼されたことを、イングランドは、そして、大きな市民(大量のmedias.と同様に)によって熱心に受けた彼はコンピュータミュージックを製作していて、IRCAM(1995年以降パリ)で、グループで「身振りの経理担当役員」を研究していました。最近、同様に、彼はIRCAMでArtificial Mouthでブラス器具ロボットのために働いていました。2007年に、彼はUSAのATLab(オハイオ大学)に在住のアーティストでした。彼は、現在ドイツのメディア美術(ケルン)学校に在住のアーティストです。彼は、パリで、そして、ケルンで生きます。
ゴトーの作品は、カナダ、イングランド、ドイツ、フランス、イタリア、ポルトガル,Poland、ルーマニア、スペイン、スロベニア、ウクライナ、日本と米国で主の作品が「版Wandelweiser社」(ドイツ)によって発表されることを明らかにされました。彼の「GouseiへのGiseion」はCDの上で記録されます。そして、それはALM Records(日本)からAkademie der K nsteラベル(ドイツ)と彼の「臨時職員長い髪III」から入手可能です。
ロブパウエル、第2の生命プログラミング
彼の最初の愛が音楽を製作しているけれども、ロブパウエルは8才からコンピュータで魅力があった元システム管理者とコンピュータ技術者です。彼はものを分解して、時々一緒に彼らを戻すのが好きで、夕食の前に食器と用具から音楽を製作するのが好きです。ロブはアテネ、オハイオ、USAのオハイオ大学からComputer Scienceで程度を持ちます、そこで、彼は後藤英に対する彼の活動のようなフリーの仕事と創造的なプロジェクトに移る前にほぼ10年の間働きました。

シューオクノ(パワード一揃い性能:ダンス、Mime)、Heは劇的な肉体的パントマイムを学ぶために2000年にフランスに来ることに決めました。そして、技術が日本でほとんど知られていませんでした。l'Ecoleインターナショナルの歌デMimodrameデパリマルセルマルソーで2002の彼の免状を得て、彼は本物の肉体的技術者です。彼は、フランスでスイスと多くの都市で彼の仕事も示しました。彼の芸術的な研究は、特定のジャンルでない、元で新しい作品に集中します。彼は、彼の新しいショーでavignon国際的な劇場フェスティバル2008にも参加しました。Violinistと彼が生じたchaireのSpirit。


Bijureeとしての鈴木ひろゆき(ボディスーツパフォーマンス:ダンス、パントマイム)、heは、パントマイムとしてのbijureeです。Bijureeは、幼児から未知の世界を好みます。彼は騎士でありえなくて、パントマイムを1998年以降支配者とそこからそれを引きずり出すために訓練しました。

彼は、我々自身前に常に上へ存在する「見えないグループ意識」を追いかけていました。2001年からアジアとアフリカに彼のパントマイムとともに全く陸路で冒険に旅行することを始めます、彼は彼のパントマイムに各々の国を作りました。現在、彼の表現が3-dimentionary厚みを増す2008からのparisにおいて、.Itは、パントマイムでないconciousに変わり始めます。
Bijureeは、極端なすべてがそうである境界線を捜しています。



NetBodyStageSmall


NetBodyBuildingSmall


bodusuit&poweredsuit

___∧______∧___

こらこら、おまえら、

読み飛ばしただろう?



つーか、、うーん、、う====ん、、 ゼンゼンワカンネ。

この作品、仮想と現実の危うさについても触れているので
この翻訳は、いいイントロダクションになるかもしれない。

俺の日本語がこの翻訳より壊れているのというかすぐれているのは、
仮想と現実が危うくないからなのか。2つが分かれていないという意味で。



ご質問、承ります。
みんなでこの謎を白日の下にひきずりだそうじゃないか! 


大乗仏教、南無南無ナーム



ちなみにセカンドライフについては、俺のイチゴ

パリ・デ・ランデブー
http://amebro.jp/parisframboise

10/7に、けっこう詳しく載ってます。

なにぃ、そーのなのか!
ふむふむ、勉強になるな。



ちなみに毎日更新! 他の日記もあわせてどうぞ。
重ねてよろしく!




さ、行こうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-08-09

夕餉の合間に

テーマ:遊び

8月3日、今日は土の祭りでした。




壊れたアサラトで、花瓶を作っていたら天狗になっちゃった。



〈構想・制作時間 5分〉・・即興ですな。



花アサラト







テストがてら、アフリカのパーカッションです。


ジンバブエじゃ街を歩いてても、メシ喰ってても、空気椅子やってる時も、コレかヌンチャクか腰振ってたなー。


ドンナシャイな人も腰を振って踊りだす、リオのカーニバルとリンガラポップス・キサノーラ。







さ、行こうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。