2005年05月02日(月)

美肌の秘訣/春にするべきことのまとめ

テーマ:美肌力。

この春、これさえ押さえれば「美肌」に近づけます。

次にあげることは、これまでに書いたことのまとめです。

1項ずつ詳しくは、「最近の記事一覧」からご覧下さい。

くれぐれも、一つも怠らない事


1、紫外線対策を整える。

  UVカット対策はもちろんむやみに紫外線を浴びるところにいないこと。

  自分の環境は自分で作る、守る


2、牛乳を飲む。

  牛乳を春に集中して飲む。朝も、昼も、夜も・・・


3、コラーゲンを手軽にゼラチンからとる。

  手間がかかる事は続かない。

  でもコラーゲンは必要なのだから、ゼラチンをバッグに入れて持ち歩く


4、タバコをやめる。

  これに関しては自分の努力次第。

  私が言えるのはタバコは「ゆるやかな自殺」だということ。


5、乳液を省略しない。

  暖かくなると、べたつきえを気にして省略しがちな「乳液」。

  水分と油脂バランスが崩れテカリの原因になる。


6、「美肌」とつりあう心を持つ。

  「美肌」を台無しにしないこと

    「あの人綺麗なだけだね。」なんて言われないように。


以上が、あなたに自信を持たせてくれる、「美肌」に対するマナーです。





  


+ + + + + +

今回の内容は、あなたのお役に立てましたか?

お役に立てたなら↓クリックして頂けたら嬉しいです♪

ブラン。<美肌の秘訣。>


+ + + + + +

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005年04月18日(月)

美肌のテカリ予防の誤解。

テーマ:美肌のもと。

鼻のテカリ、おでこのテカリ。

「私、こんなにテカッていたの?」

出先のトイレの鏡で、自分のテカリ具合に驚いたことは、誰しもあるはず。

つくづく、あぶらとり紙の大判化がありがたい。

“今、どこのあぶらとり紙を使っているか”という話題で、

地下鉄駅2区間はもつ程、その関心は高い。

春から夏に向けて、テカリの不満は高まる。

以外に知られていないのが、

テカリの原因は、肌の水分と油分のバランスの崩れ

夏になると、べたつきが気になって

化粧水後の乳液を省略してしまう人がいるけれど、これは間違い。

肌に化粧水を入れて、その上には、となる乳液は省略してはいけない。

蓋(乳液)を省略しては、肌から化粧水が逃げてしまう。

水分と油分のバランスが崩れて、テカリの原因になる。

しかし、あの“夏”にべたべたするのは本当に不快なもの。

乳液も“夏仕様”を用意することをおすすめしたい。

さらっとした乳液を選ぶのも、美肌の持ち主には必要な仕事

ワタシの担当のビューティーアドバイザー

「これ、べたつきがない軽いものです。」と新商品の美容液を勧めてきた。

「べたついてもいいから、効果のあるものがいい。べたつきなんて我慢するから(笑)。」と言うと、

「さすがですね。その意識の高さに感心します。わかりました!」と、何やらたくらんだを浮かべて奥のスペースに入っていった。

そう。

楽して「美」は得られない。

べたべたでもにゅるにゅるでも塗って、人の目に触れないとこで努力する。

人前ではとする。

だから、人前であぶらとり紙で鼻を押さえてはなりませぬ。



+ + + + + +

今回の内容は、あなたのお役に立てましたか?

お役に立てたなら↓クリックして頂けたら嬉しいです♪

ブラン。<美肌の秘訣。>


+ + + + + +

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年04月15日(金)

美肌から得た未来と自信。

テーマ:美肌力。

この<美肌の秘訣。>は性別に関係なく、読んでいただきたい。

女性には、更なる美肌を追求する方々へのお手伝いを。

男性には、美肌は女性だけのものではないということを知っていただきたい。

...そして、ほんの少し女性達の努力を感じていただけたら、嬉しく思う。

ワタシは数年前、かなりの窮地に追い込まれた。

一度にたくさんのものを失った。

体には“ストレス”が何箇所にも現れた。

胸にしこりができて、何度も注射を刺して抜き取った。

足がしびれる、痛い。

めまい、幻覚...

全て、“ストレス”の仕業だった。

体重も30台まで落ちた。

もうダメなんだと思い始めるようになる。

でも、不思議なことに、顔の肌には何一つ“ストレス”は現れなかった

破滅的な私は、UVケアすらしなくなっていた。

あえてに向かって、「どうにでもしろ。」とにらんだこともある。

...なのに、顔の肌には何も変化がなかった。

たくさんのものを失った私に唯一残されたのは、

ストレスの影響を受けなかった、この「肌」だけだった。

下降し続ける気持ちの中で、思い直した。

...人前に出ても、自分に起こった事を口にしなければ

周りの人にはわからない。

人前に出るチャンスは残されている。

勇気を出して、人生をやり直すことに懸けてみようか...と思い始める。

私は肌から、勇気を得た。

そして、徐々に自信を取り戻した。

...あの頃、用事が済んだあと、

まっすぐ家に帰らずに遠回りをして公園を歩いた。

木々の中、風をきって爽快に歩いてみる。

まだ、やれる。がんばれる。

...ヒールで地面を蹴るたびに自信が湧いてきた。涙が流れた。

いかなる時も、自分を救うのは自分自身だということを知った。

もし、顔の肌にまで“ストレス”が現れていたら、

私は部屋から出る事もなかっただろう。

自信は完全に失われてしまっただろう。

女としても、人としても。

きっと、あの頃のUVケアなしの影響は出てくるだろう。

構わない。

それも私の一部にしよう。

...今夜の洗顔は、日頃の感謝の気持ちを込めて

念入りに、念入りに。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年04月13日(水)

美肌とコラーゲン。

テーマ:美肌フード。

コラーゲンは“美肌”だけのものではない。

女性だけのものではない。
体に必要なものだという事、どれだけの人が知っているのだろう?

爪が折れるのは、カルシウム不足ではない。
コラーゲンとたんぱく質不足が原因。

コラーゲンがないと、どんなに栄養を摂取しても体に栄養として届かない。

コラーゲンは体に栄養を運ぶウェイトレスなのだ。

だから、“コラーゲン”と聞いて、女性に対して薄笑いを浮かべる男はアホだ。

手軽に、摂取する方法がある。

“ゼラチン”

そう、あのケーキ作りコーナーにあるアレ。
ホットミルクに、スープに、お味噌汁に入れる。

固まりはしないので大丈夫。


...今日、友人の爪が折れてこんな会話をした。

彼女は“爪には、カルシウム!!”と信じていた。

生きる事は知ることだと思う。


TVのダイエット特集で

“ヨーグルトにスキムミルクを加えたものを2週間摂取して、ウエスト7cmダウン!!”

という放送後、いまだにスーパーでスキムミルクを見た事がない。


スーパーからゼラチンが消えたりして。





+ + + + + +

今回の内容は、あなたのお役に立てましたか?

お役に立てたなら↓クリックして頂けたら嬉しいです♪

ブラン。<美肌の秘訣。>


+ + + + + +

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年04月06日(水)

美肌とつりあう心。

テーマ:美肌の心。

先日、美肌の持ち主と出逢った。

陶器のような肌。

でもそれでおしまい。

 

彼女には美肌とつりあう心がない。

 

他の友人も含め、トルコ料理の店で食事をすることにした。

どうやら、ご夫婦で経営されているよう。

トルコ人の女性が我々を出迎えた。

目が大きくてかわいい。

にっこり微笑んだ。つられて微笑む。

 

日本語があまり話せないのはすぐにわかった。

でもいい。かわいい。

異文化交流を楽しめばいいのだ。

 

陶器が「暑い。」と言いはじめた。

その言い方があまりにも

嫌な予感。

 

料理が運ばれて来た。

先ほどの彼女がジェスチャーで

「これをこれにつけて食べる。」を説明してくれる。

我々も「OK!OK!」と彼女のジャスチャーを真似る。

 

その間、陶器はずっと彼女の顔をジロジロ見ていた。

あからさまにだ。

 

友人の1人が「やめなよ。」

陶器「だってめずらしくない?」

まったく...

 

日本の恥でもあるけれど、

なんと言っても美肌の恥だ。

 

<美人は顔が良い分性格が悪い。>という風潮がある。

そんなことはない。

美人でも、そうじゃない人にも、性格の良い人も悪い人もいる。

 

けど、この陶器のような女がいると

「ほーらね。」と言われてしまう。

風潮はさらに膨らむ。

 

 

美意識が高い人は、心も備わっている。 

 

私の友人には、美人で性格が良い子が何人もいる。

が、この風潮のせいでどれだけ誤解を受けてきたことか。

 

もし、私にその力があるのなら、陶器から美肌を奪ってしまいたい。

 

美肌は、

美肌と心のつりあいが取れている人に与えられるものにしてはどうだろう。

今日は、少し厳しいか?

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。