■ 行政書士の試験合格に速読を活用した実例



資格取得に有利だと言われている左脳型速読。


実際に行政書士に合格した方がいます。


でも一発目合格というわけではなく、

20代で失敗をし、行政書士になりたいため、

速読術や記憶術を試しては失敗を続けてきた結果、

左脳型速読に出会ったのです。



左脳型速読は専門書にも合っているため、

速読をしながら専門書を読んでいったのです。


そして速読のスピードアップをしていくうちに

過去の問題集などでも時間以内にできるようになり、

見事合格をしたのです。


努力はもちろんのことですが、その期間は1か月。


と考えれば、受験シーズンに追い込みにも活用できるということです。



夢や希望を終わらせる事無く、現実に叶えることを考えれば、

左脳型速読は強い味方と言えるでしょう。


勉強法を知らなかったのでは?と言われれば、そうかもしれませんが、

少なくとも記憶術や速読術で失敗した経験もあるのです。


20代で失敗をし、30代で見事合格をして今は夢を叶えた方のように、

夢を実現にしてみませんか?


なりたいものや、やりたいことを無理だと諦めていませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しくはこちらをクリックして下さい。


AD