■ 70代が速読を身につけた、高齢者向け速読



速読というと、

学生や社会人が活用と考えるかもしれませんが、

それだけではありません。


衰えもあるし、脳の働きももちろん衰えていくことはありますが、

だからと言って年齢制限があるわけではありません。



速読をしたい!と思うときがトレーニング開始するときです。



とくに左脳型速読というのは、

右利きの人が普段使う左脳を活用し、

人間本来が使う脳のスピードアップをするものなのです。


だから、特別な能力がないからできないというわけでもなければ、

個人差はあるため効果の違いはあるとしても、

きちんとしていけばそれなりの効果が期待できるのです。


高齢者が速読をするということは、

脳も刺激されて活性化されるので

決して悪いことではありません。


といよりも、逆に良いことだと言えます。


読書をするときにじっくり読むのではなく、

上手に速読を活用して脳をしっかりと働かせていくことは

生活にもメリットがあり、

実際に60代、70代でも活用しているのが左脳型速読なのです。



高齢者でもメリットのある速読があるのを知っていますか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しくはこちらをクリックして下さい。



AD