ハワイ発ラウハラ&ニイハウシェルのアクセサリー

ラウハラやニイハウシェルなどいつもハワイを感じられるようなスペシャルなアクセサリーの制作販売をしています。


テーマ:
Ulana Aloha(ウラナ・アロハ)のこだわり③

よしもとばななさんの『王国』という小説があります。

山の中に住んでいて、魔女のようなおばあちゃんのアシスタントをして薬草茶を販売していた雫石という女の子のお話なのですが、
その小説の中でおばあちゃんは、一人一人に合った薬草を配合してお茶を作っています。

私はこの魔女のようなおばあちゃんが大好きなんです。

おばあちゃんの言葉にこんな言葉があります。

「ただ、お話しているとその人の体の悪いところがわかるから、そこに力を送るようなお茶を作るだけだよ、
治すのは自分なんだけれど、そのことをみんな忘れてしまっているから、その力を引き出すためのきっかけをお茶がつくるんだよ。

このお茶を飲むときだけ、本も読まないで、TVも見ないで、ただお茶だけを飲んでしばらくじっとしていてもらうんだけど、
その人はお茶を飲むたびに、遠くの山奥にいるおばあさんが、自分の病気が治るようにかけななく思っていることを思い出すんだ。

それが、治癒への第一歩なんだよ。」

そして、お茶を「売るため」ではなく、きれいにパックして美しく丁寧に包むことがとても大切だとおばあちゃんは主人公にたたきこみます。

その包む作業はある種の儀式であり、お茶自身とそれを開けて飲む人の両方に、あるきりっとした心構えを作るのだと説明します。

この本を初めて読んだのは10年以上前で、
その後何度も繰り返し読んでいる本なのですが、
私はこのおばあちゃんの考え方が大好きで、
遠いハワイ島の森の中であなたのために制作していることを、作品を手にした人に想像してもらえたら嬉しいなとか、なにか心がさびしいときにも、作品を手にして、そんなことを思い出してもらえたらいいなと思っています。

そして、販売するときには、このおばあちゃんほど綺麗にパックはしていませんが、
箱に入れて、麻の紐でキュッと閉じることを私の中の儀式にしています。

箱を閉じるときには、ハワイ島の風が入りますように。と願いを込めて。



そうすると、やっぱり思いは伝わるようで、箱を開けたときにハワイの風を感じましたというお声をとっても多くいただいています。

プレゼントでご注文くださった方も、きっと渡す前に中身を確認したかったと思うのですが、みなさんそういう想いを自然に感じ取って、開けずに渡してくださっているようです。

先日お客様からメールをいただきました。

『商品を無事受け取り、私たちの大好きなフラのインストラクターにプレゼント出来ました‼‼‼

あやかさんが織り込んで下さったハワイ島の空気を私が一番に開けてしまってはいけないと思い、ご本人に箱を開けてもらいました。

手タレという経歴のあるとても手が美しいインストラクターなのですが、
あやかさんの繊細なブレスと調和して、本当に惚れ惚れしました♡ご本人もつけた瞬間、鳥肌がたったと仰っていたので、やっぱり何かしらパワーが宿っているのですね^^』

いろいろお伝えしていなくてもお客様が自然に感じてくださって、本当に嬉しくて幸せです。

それと同時に、ますます、一つ一つの作業に心を込めて行こうと、身が引き締まりました^^


お読みいただき、ありがとうございました好

マハロ!


Made in Hawaiiのアクセサリー

Ulana Aloha(ウラナ・アロハ)のショップ

フェイスブック

初めての方はこちらもどうぞ
Ulana Alohaがこだわっていること

こだわりその1

こだわりその2

こだわりその3

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ハワイのアクセサリー作家ミッチェルあやかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。