副業投資&ビジネスを始める方はこちらから



2010年の私の副業投資累計金額は130万円でした。この不況の時代に会社の収入以外に+130万円稼いだことになります。


Fund of the yearは「First State China Gwth Fd I」です!

中国経済の成長にあやかって、この世界不況の時代にもプラスのパフォーマンスをもたらしてくれました。




あなたも副業投資で年収を増やしたいですか?

稼げる人と稼げない人では、どうちがうのか?

なぜサラリーマンをしながら、副業で年収500万円も稼げるのか?
自分が働かなくても副業で稼いでくれる存在を作るには?
副業投資をパワーアップさせる秘訣とは?
必死で働いているのに、稼ぎが減ってしまうのはなぜか?

手に入れたい夢は大きいのに努力がしょぼい人たち



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-08-01 00:27:45

「中国のシャドーバンキング」とは?小松英之のわかりやすい経済講座

テーマ:中国経済


小松です。


今年に入って、中国の「シャドーバンキング」が日本でも取り上げられるようになりましたね。現地に住んでいる私からすれば、「やっとか」という感じがします。

まぁしかし、今年に入ってから取り上げられるというのは、それもそのはず。
習近平政権が、シャドーバンキングについて、ある意味での「公開」処置に出ましたからね。
だから、日本のメディアもこぞって報道するようになりました。

私自身は、2011年頃から、「なにかおかしいな」と気づき始めました。
北京でも上海でもない、とある田舎の銀行に行ったときのことです。
銀行は国有企業の大手銀行です。その銀行の地方支店に行ったわけです。

窓口で業務をお願いすると、しばらく待たされるのは日本と一緒ですが、その時、窓口の行員が「それでは、しばらくお待ちいただきますので、こちらの案内を見てお待ちになってください」と一枚の資料を差し出してきました。

銀行窓口が、積極的に案内を出してくるなんて珍しいなと思って見てみると、果たして…
それは、その銀行が販売を開始したという、「理財商品」(投資商品)の案内でした。
銀行ももちろん、投資信託やらMMFやら投資商品を販売していますが、そこまで(窓口で渡すほど)積極的な上、それら「理財商品」の利回りの高さといったら…

はっきりいって、「これは怪しい」と思わずにはいられないほど、好条件をうたう「理財商品」だったんですね。この頃から、何かがおかしいなぁ?と感じるようになりました。
その答えが、ずばり、「シャドーバンキング」だったわけです。
そして、2013年になって、政府が公開処置に乗り出したがゆえに、今年に入って、日本でもメディアで報道されるようになった。

とまぁ、こういうことです。


続く
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2011-03-30 23:38:28

中国からアメブロがアクセス不可

テーマ:ニュース


中国からアメブロがアクセス不可


小松です。


管理画面は開けるのですが、ブログページが中国ではアクセス不可になっています。

もう一ヶ月くらい。


はじめは数日で解けるかなと思って楽観していましたが、今回は長いですね…

これぞ、『万里の長城』です。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-03-24 23:57:32

水関連銘柄が続々上昇

テーマ:国内株


水関連銘柄が続々上昇


こんにちは。小松です。

昨日のニュース報道により、国内の水関連銘柄が続伸しています。


浄水器メーカーなどに注目が集まっているようですね。

水は将来的に大きな期待が持てる市場です。




※震災後、初の更新です。

こういう非常事態時に投資や副業などは、不謹慎かとおもい自粛しておりました。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。