林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ~俺の米粒~」Powered by Ameba

林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ ~俺の米粒~」Powered by Ameba

お問い合わせ

テレビ、雑誌取材、イベント及び講演会などのご依頼は
会社名・イベント内容・連絡先など記入いただきまして

こちらよりメールをお願い致します。

個人様からの仕事依頼は受け付けておりません
現地に直接こられてもご対応は出来ませんので宜しくお願い致します。




お知らせ








NEW !
テーマ:
盛岡駅前から開運橋を渡り、大通りを抜けると城跡があります。
その入り口の木々もかなり色付き、ちりはじめました。


この池は真冬になると厚い氷に閉ざされ、その氷は春まで溶けることはありません。

更に真っ直ぐ進み、脇道を中央通りに向かうとまた違う池があります。
針葉樹の向こうに垣間見えるのが県庁です。



秋晴れが素晴らし過ぎて写真からはなかなか伝わりませんが、冷たく凛とした空気はこの風景もそんなに長くないことを教えてくれます。

年間の半分を冬で占める盛岡の秋は、本当にバタバタと周りの風景を変えていくのです。

ふと見ると、池の片隅を赤と黒の鯉が並んで悠然と泳いでいます。
他を圧倒する大きさと同じ方向を向くその姿は、あたかもツガイであるかのように見え頼もしくさえ感じ……


まったく季節外れな「鯉のぼりの唄」を口ずさみながら、本来の夫婦とは、父親とは、母親とは、家族とはそうしたものなのだろうと今更ながらに思う自分がいます。

「そう言えば、この盛岡の街を夫婦でゆっくり散歩したことは一度もなかったな」

結婚と離婚を繰り返す人生を、もちろん望もう筈もありません
結婚も離婚も
「今よりも幸せになる」
為に選択するという意味では同じだと思っています。
その時々にお互いがベストな選択をして来た結果であり、お互いの環境を尊重してきた結果です。

そう言いながらも今朝の盛岡の深まる秋には、歩くほどに感傷に押しやられ……
「盛岡か……」
この街で過ごした学生時代を語りながら、さほどでもない武勇伝を面白可笑しく語りながら……
純朴素朴な人間が多いこの街を、夫婦二人で照れもせず肩を組んで闊歩し見せつけることも出来ただろうに……

誰もから、呆れるほどに
「羨ましい」
と思われる夫婦になる可能性も確かにありました。

それでいいのかも知れません。

「俺達は、そうなる可能性はあったよな」

いつでもそう聞ける関係で終わっていることは、元夫冥利に尽きるのかも知れません。

雲の表情さえも秋めいた空の向こうから

「馬っ鹿じゃないのー」

と、言う声が聞こえて来そうだ……

はい、左様なり♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Twitter】
@thisiswholam

【ビッグダディモバイ
http://www.bigdaddy-mobile.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━





AD
いいね!した人  |  コメント(7)
林下清志(ビッグダディ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

Amebaおすすめキーワード

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み