2017-06-08 01:40:15

W杯予選を前に不満の残る引き分け…(その1)

テーマ:観戦レポート(サッカー)
今日は国際Aマッチデー、日本代表はホームでシリア代表とキリンチャレンジカップ2017を戦いました。13日にイランで行われるW杯アジア最終予選イラク代表戦を前に、良い結果を出したいところです。


■6大会連続6回目のW杯出場に迫るSAMURAI BLUE
W杯アジア最終予選も終盤戦、グループBの日本代表は、マッチデイ7終了時で首位。初戦のUAE代表戦に1-2と敗れる船出でしたが、その後5勝1分と持ち直しています。前節はホームでタイ代表に4-0で快勝、MF香川真司選手やFW岡崎慎司選手がネットを揺らしました。

順位表の一番上にいるものの、まだまだ油断できません。残り3試合はイラク代表、オーストラリア代表、サウジアラビア代表が相手。イラク代表戦とサウジアラビア代表戦は敵地での対戦のため、非常に厳しい試合になることが予想されます。マッチデイ8は、サウジアラビア代表とオーストラリア代表の直接対決があるため、イラク代表戦はしっかりと勝点3を獲得したいところです。

日本代表がW杯出場を決めると、6大会連続6回目の本戦出場となります。ところで、先のFIFA U-20ワールドカップ2017では、2001年生まれのFW久保健英選手(FC東京U-18所属)が出場しました。彼のように、日本代表のW杯初出場を知らない世代も日の丸を背負って戦う時代となりました。今後も日本代表が"W杯常連国"の一つであり続けたいものです。

■厳しい政治情勢の中で健闘を続けるシリア代表
2011年以降、内戦が続き政治情勢が不安定なシリア。その影響はサッカーにも波及しており、シリア代表はホームで試合をすることができない状況にあります。アジア予選でも、2次予選からイランやオマーンといった第3国でホーム戦を戦っています。

そんな厳しい状況の中、シリア代表は最終予選まで進み、グループAで4位と健闘しています。ホームでは韓国代表とイラン代表相手に引き分け、ウズベキスタン代表から白星を勝ち取っています。プレーオフ圏内の3位ウズベキスタン代表とは勝点差4、W杯初出場の可能性はまだまだ残っています。

シリア代表は13日にマレーシアで中国代表と対戦します。中国代表はシリア代表戦に敗れると敗退が決まるため、中国代表にとって(も)重要な一戦となります。マッチデイ3では、シリア代表が敵地で中国代表を下しましたが、今回の試合は前回以上に厳しい試合になるでしょう。

■"ジョホールバルの歓喜"から20年…炎を纏い試合に臨む
1997年11月16日、日本代表はマレーシアのジョホールバルでW杯初出場を決めました。あれから20年、この試合の日本代表は、「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」を着用して試合に臨みます。両肩には、当時のユニフォームにデザインされていた炎のマークが入っています。

イラン代表とのアジア第3代表決定戦を戦った日本代表は、2-2で迎えた延長後半13分にMF中田英寿選手がミドルシュートを放ち、GKが弾いたところをFW岡野雅行選手が押し込んでゴールを奪いました。ゴールデンゴール方式が採用されていたため、このゴールの瞬間、日本代表のW杯初出場が決まったのでした。ゴールの瞬間、ベンチから監督・コーチや控え選手が喜んでピッチに入るシーンは、現在でも度々目にします。

ところで、20年前を戦ったメンバーの大半は既に現役を退き、指導者や解説者の道を歩んでいます。そんな中、GK川口能活選手(SC相模原所属)、楢﨑正剛選手(名古屋グランパス所属)、FW三浦知良選手(横浜FC所属)、中山雅史選手(アスルクラロ沼津所属)は現役を続けています。川口選手と楢﨑選手はクラブのゴールマウスを守り、三浦選手は今季Jリーグ最年長ゴール記録を更新しました。現在の日本代表選手の中で、20年後も現役で活躍する選手はいるのでしょうか…!?

■SAMURAI BLUEはベストメンバーが名を連ねる
この試合に臨む日本代表は以下の通り。GKは川島永嗣、DFは酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都。MFは山口蛍、今野泰幸、香川真司。FWは久保裕也、原口元気、大迫勇也の3トップとなりました。ベンチにはMF本田圭佑選手、FW岡崎慎司選手ら15名が入りました。その中には初招集となるGK中村航輔選手、MF加藤恒平選手らも含まれています。彼らの起用はあるのか、楽しみです。

一方のシリア代表のメンバーは以下の通り。GKはイブラヒム・アルマ、DFアハマド・アル=サレハ、ムアイアド・アル=アジャン、オムロ・アル=ミダニ、アムロ・ジェニアト。MFはマハムード。アル=マワス、ファハド・ユーセフ、タメル・ハグ・モハマド、モハメド・ザヒル・アル=グナミ、ハレド・アル=ムバイド。FWはマルデク・マルドキアンの1トップとなりました。

日本代表はこれまでシリア代表と10度対戦しており9勝1分、過去1度も負けておりません。アジア2次予選でも顔を合わせており、その時はアウェーで1-3、ホームで5-0と快勝しました。日本代表としては、"お得意様"相手に勝利してイラク代表戦を迎えたいところです。一方のシリア代表にとっても、中国代表戦を前に、同じ東アジアの日本代表を相手に結果を出したいはず。両チームにとって非常に大切な前哨戦となります。

試合前に整列する両チームのイレブン。W杯予選を前に、重要な前哨戦となった。


AD

まえだまえださんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。