東証1部上場の食器メーカー「ノリタケカンパニーリミテド」(名古屋市西区)の元社員による横領事件で、愛知県警捜査2課と西署は9日、業務上横領容疑で、名古屋市守山区鳥羽見、元同社社員和田順一容疑者(60)を逮捕した。
 ノリタケによると、和田容疑者は同社の内部調査に対し、計約3億7300万円を着服したと話しているという。同社は先月、約9100万円分について同容疑で告訴していた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円
顧客ローン約8000万円を着服=銚子商工信組の元職員逮捕
業務上横領容疑で司法書士逮捕=依頼者の過払い利息返還金
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態

<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
「茨城の赤バラかっこいい」…県警エンブレム偽造・販売 容疑の2人逮捕(産経新聞)
<レセプト>電子請求義務化を民主党に要望 薬害被害者団体(毎日新聞)
大学院教授を懲戒解雇へ=研究費流用、医学部長も処分-山口大(時事通信)
電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超(産経新聞)
AD