東京都江戸川区で小学1年の長男=当時(7)=が暴行を受け死亡した事件で、東京地検は25日、傷害罪で起訴した父親の電気工岡本健二(31)、母親の千草(22)両被告の罪名を傷害致死罪に訴因変更した。
 男児は、両被告に頭を殴られ転倒した際に、吐いたものが肺に入って起こる誤嚥(ごえん)性肺炎により死亡。地検は当初、暴行と死亡との直接的な因果関係は認められないとして、2月に傷害罪で起訴したが、その後医師らに意見を聞いた結果、致死罪を適用できると判断した。 

覚せい剤取り締まり法違反の男性に無罪判決 京都(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)
<大学生>生活費10年前の3割減 食費、部屋代切り詰め(毎日新聞)
足利事件再審 菅谷さん、法廷では笑顔なく(産経新聞)
暴風、関東でけが人=千葉で瞬間38メートル-高波、竜巻など警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
AD