2005年06月30日

【ローマ人への手紙3章9-28節】

テーマ:ローマ人への手紙

3:9  では、どうなのか。

    わたしたちには優れた点があるのでしょうか。

    全くありません。

    既に指摘したように、ユダヤ人もギリシア人も皆、

    罪の下にあるのです。

3:10  次のように書いてあるとおりです。

    「正しい者はいない。一人もいない。

3:11    悟る者もなく、神を探し求める者もいない。

3:12    皆迷い、だれもかれも役に立たない者となった。

      善を行う者はいない。ただの一人もいない。

3:13    彼らののどは開いた墓のようであり、

      彼らは舌で人を欺き、その唇には蝮の毒がある。

3:14    口は、呪いと苦味で満ち、

3:15    足は血を流すのに速く、

3:16    その道には破壊と悲惨がある。

3:17    彼らは平和の道を知らない。

3:18    彼らの目には神への畏れがない。」


3:19   
さて、わたしたちが知っているように、

      すべて律法の言うところは、律法の下にいる人々に

      向けられています。それは、すべての人の口がふさがれて、

      全世界が神の裁きに服するようになるためなのです。

3:20    なぜなら、律法を実行することによっては、

      だれ一人神の前で義とされないからです。

      律法によっては、罪の自覚しか生じないのです。

3:21    ところが今や、律法とは関係なく、

      しかも律法と預言者によって立証されて、

      神の義が示されました。

3:22    すなわち、イエス・キリストを信じることにより、

      信じる者すべてに与えられる神の義です。

      そこには何の差別もありません。

3:23    人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、

3:24    ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、

      神の恵みにより無償で義とされるのです。

3:25    神はこのキリストを立て、その血によって

      信じる者のために罪を償う供え物となさいました。

      それは、今まで人が犯した罪を贖って、

      神の義をお示しになるためです。

3:26    このように神は忍耐してこられたが、

      今この時に義を示されたのは、

      御自分が正しい方であることを明らかにし、

      イエスを信じる者を義となさるためです。

 

3:27    では、人の誇りはどこにあるのか。

      それは取り除かれました。どんな法則によってか。

      行いの法則によるのか。そうではない。

      信仰の法則によってです。

3:28    なぜなら、わたしたちは、人が義とされるのは

      律法の行いによるのではなく、信仰による

      と考えるからです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年06月10日

神の国:回復の預言

テーマ:イザヤ書

61:1  主はわたしに油を注ぎ、主なる神の霊がわたしをとらえた。

   わたしを遣わして、貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。

   打ち砕かれた心を包み、捕らわれ人には自由を、

   つながれている人には解放を告知させるために。

61:2  主が恵みをお与えになる年、わたしたちの神が報復される日を

   告知して、嘆いている人々を慰め

61:3  シオンのゆえに嘆いている人々に、灰に代えて冠をかぶらせ

   嘆きに代えて喜びの香油を暗い心に代えて賛美の衣を

   まとわせるために。彼らは主が輝きを現すために

   植えられた正義の樫の木と呼ばれる。 

61:4  彼らはとこしえの廃虚を建て直し、古い荒廃の跡を興す。

   廃虚の町々、代々の荒廃の跡を新しくする。 

61:5  他国の人々が立ってあなたたちのために羊を飼い、

   異邦の人々があなたたちの畑を耕し、ぶどう畑の手入れをする。

61:6  あなたたちは主の祭司と呼ばれ、わたしたちの神に仕える者とされ     

   国々の富を享受し、彼らの栄光を自分のものとする。

61:7  あなたたちは二倍の恥を受け、嘲りが彼らの分だと言われたから

   その地で二倍のものを継ぎ、永遠の喜びを受ける。 

61:8  主なるわたしは正義を愛し、献げ物の強奪を憎む。

   まことをもって彼らの労苦に報い、

   とこしえの契約を彼らと結ぶ。 

61:9  彼らの一族は国々に知られ、子孫は諸国の民に

   知られるようになる。彼らを見る人はすべて認めるであろう

   これこそ、主の祝福を受けた一族である、と。 

61:10   わたしは主によって喜び楽しみ

    わたしの魂はわたしの神にあって喜び躍る。

    主は救いの衣をわたしに着せ、

    恵みの晴れ着をまとわせてくださる。

    花婿のように輝きの冠をかぶらせ、

    花嫁のように宝石で飾ってくださる。

61:11   大地が草の芽を萌えいでさせ、

    園が蒔かれた種を芽生えさせるように

    主なる神はすべての民の前で

    恵みと栄誉を芽生えさせてくださる。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年06月10日

神の国:天国の預言

テーマ:イザヤ書

35:1  荒れ野よ、荒れ地よ、喜び躍れ、砂漠よ、喜び、花を咲かせよ

   野ばらの花を一面に咲かせよ。

35:2  花を咲かせ 大いに喜んで、声をあげよ。

   砂漠はレバノンの栄光を与えられ カルメルとシャロンの輝きに

   飾られる。人々は主の栄光と我らの神の輝きを見る。

35:3  弱った手に力を込め、よろめく膝を強くせよ。

35:4  心おののく人々に言え。「雄々しくあれ、恐れるな。

   見よ、あなたたちの神を。敵を打ち、悪に報いる神が来られる。

   神は来て、あなたたちを救われる。」

35:5  そのとき、見えない人の目が開き、聞こえない人の耳が開く。

35:6  そのとき、歩けなかった人が鹿のように躍り上がる。

   口の利けなかった人が喜び歌う。荒れ野に水が湧きいで、

   荒れ地に川が流れる。

35:7  熱した砂地は湖となり、乾いた地は水の湧くところとなる。

   山犬がうずくまるところは、葦やパピルスの茂るところとなる。

35:8  そこに大路が敷かれる。その道は聖なる道と呼ばれ、

   汚れた者がその道を通ることはない。主御自身が

   その民に先立って歩まれ、愚か者がそこに迷い入ることはない。

35:9  そこに、獅子はおらず、獣が上って来て襲いかかることもない。

   解き放たれた人々がそこを進み

35:10 主に贖われた人々は帰って来る。とこしえの喜びを先頭に立てて

   喜び歌いつつシオンに帰り着く。喜びと楽しみが彼らを迎え

   嘆きと悲しみは逃げ去る。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。