Myリコメンド ショッピング

身近な商品をランキングでご紹介!身近なのがポイントです。

ショッピングカテゴリに復帰しました~★今も昔もチロルチョコが熱い!!


テーマ:

待ちに待ったTWW3がでるよ!(^-^*)/コンチワ


チャーリーシーンのパパのマーティーンシーンがかっこいいよ~


政治の話は難しくてわかりにくいけど、人間ドラマとしてみれるので好きなドラマのひとつなんだ~










AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 高橋 歩
タイトル: 新装版 毎日が冒険

あはははは~フー読みきった~~…。
本をおすすめして5000円げったー」で募集した本を読みきったのでおもしろかった順に並べるよ。
皆さんにご紹介してもらった本!上位2名もけってぇ~ですね。
ついでに新法王もけってぇ~、ベネディクト16世だってさー。
覚えとかなきゃヽ(;´Д`)ノ


■第1位■ 毎日が冒険

こりゃおもしろいよ~。一気に読みきっちゃった
内容はまさに毎日が冒険。それ以外形容するするすべがないよ。
ガ━━Σ(°Д°;)━━ン
しいていうなら、著者のすごい思いつきの人生をジェットコースターに乗って見せられてるみたいな感じかな。著者本人も本の構成を映画に例えてて軽~く読めました。


■第2位■ ナラタージュ

読んでてこんなにも感情移入できたのはひっさしぶりー!ヽ( °∀°)ノ
毎日が冒険が劇場タイプの書き方だとしたら、こちらは当事者タイプかな。
心の動きを丁寧に丁寧に表現しているので単なる恋愛小説を通り越して、愛着のもてる文学といってもいいくらい。


■第3位■ まともな日本語を話す

心当たりがありすぎて終始恐縮して読んでました。
しかし間違いを指摘するだけで終わっていないので読み物としても大変優れています。
ちょっと真面目に感想を書いてみました。どうでしょう?
まともな日本語はきれいですよね。ヽ(;´Д`)ノ


■第4位■ 月の本

たぶん私の人生でも一番長く手元に置いてありそうな本ですね。
写真集に詩が書きこまれててそれが微妙にストーリーを宿しているので楽しめました
いい本だな~、眺める本ですね。(*´д`)


■第5位■ まいにちトースト

これも眺める本ですね!というかヨダレでてきちゃう;;
トーストって奥深いのねぇ。今度トースト特集しちゃおっと。
ありがとうネタが思いつきました~ヽ( °∀°)ノ

 

ん~どれも甲乙つけがたいすばらしい本ばかり紹介してくださってありがとう!
ここに上げなかった人の紹介本もおもしろかったです!

なんだか今まで読まなかったジャンルの本が多かったのでやってよかったと思いました~そんじゃ、1位、2位の本を紹介してくれた「aho」さん「ahaha」さんには5000円のアマゾンギフト券を差し上げマース。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近読んだ本、かなりたくさんありますよ~。
その中でも感動した!切なかったという本だけをご紹介しま~す。
オールジャンルでいきまーっす。
第1位は、藤沢周平氏の名作、「蝉しぐれ」ですっ!
(トラックバック企画で紹介してもらったのを省いてます)
なるべくネタバレしないように書きますです。
著者: 藤沢 周平
タイトル: 蝉しぐれ


■第1位■ 蝉しぐれ 藤沢周平

一言で言うと「成長」。
友情や別れ、人の死、世間の目、恋、忍苦など一人の少年藩士が成長する姿を描いた傑作です。
ところどころで描写される蝉の鳴き声が夏という季節の持つ切なさを見事にあらわしていますねぇ。蝉が鳴くとき、この小説では何かが起きます!
主人公、文四郎と同じ空気を吸いながら香る独特の風に心を漂わせてみてください。
感情移入度100%の良書でした~。


■第2位■ いま、会いにゆきます 市川 拓司

知名度高いよねぇ^^
なので買って読んでみました。
最初は普通の恋愛モノか?と思って読んでいたのですが、なにやら一言一言が泥臭い。
正確にはセリフが臭いんだけど妙に共感できる世界でした。
結果、おすすめ度2位!この手の本が嫌いな人もいるかもしれないので自己責任で買ってくださいね~。


■第3位■ 鉄道員(ぽっぽや) 浅田 次郎

短編集だったんですね。
その中にひとつにぽっぽやが入ってるという具合。
全部のショートストーリーが感動しますよ、値ごろ感は抜群です。
浅田次郎といえばぽっぽやですよね~


■第4位■ この世で一番の奇跡 オグ マンディーノ

そこ!マーフィーの法則みたいだっていわない!
切なくなるとも違うし、ん~
なんと表現しましょうか。
人間とは何か、幸せとは何か、たまに考えるならこの本。
高尚な気持ちにさせてくれる、本とでもいいましょうか。


■第5位■ 終戦のローレライ 福井 晴敏

仮想戦記モノなので読む人を選びそうなものですが、この作品だけは潜水艦という閉所で繰り広げられる人々の葛藤や主人公含む乗員の心の変化清々しく描ききっています。
なのでおすすめ。

伊坂幸太郎のオーデュポンの祈りも好きだけど今回は泣ける、感動できる、切ない物語ということでご紹介しました~~。
みなさんがおすすめする感動の本ってなんでしょう?
教えてくださいな~

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画「リトルダンサー」俄然おすすめです。
リトルダンサーについて書かれているブログにTBしたので、出だしこんな感じで書いてます。よろしかったらこの記事にTBしてくだされば、「リトルダンサー」の良さをもっと客観的にお伝えできそうです(ノ´∀`*)ご協力おねがいしま~す。

今までに観た映画を過去10年に遡ってベスト5をリコメンドっ!
なぜ10年なのか、な、、なぜかってそりゃそれほど映画を観れてないからですよ、(ボソ…
もともと仕事で映像に関わってたほどの大の映画好きです、きっといい映画を紹介できますよ!

先にNo1おすすめ映画に選んだ理由をお伝えしますと「リトル・ダンサー」、観た後にいつまでも続く懐かしさが、、心に滋養となる渾身の一作です。


■第1位■ リトル・ダンサー (イギリス)

(監督)スティーヴン・ダルドリー
男の子がバレエ・ダンサーになりたいなんて! と炭坑ストライキで失業中のパパは猛反対だ。パパは11歳のビリーにボクシングやフットボールで強い男になってほしかった。でも、ビリーが夢中になったのはクラシック・バレエなのだった。

主人公はジェイミー・ベルという男の子です。しかし!なによりもゲアリー・ルイス演じる父親がとっても印象的なすばらしい作品です。
シーンの中にはマシュー・ボーンの白鳥の湖で有名なアダム・クーパー(ザ・スワン役)が登場するなど配役も申し分ございません。
とくに映画の中でバレエという芸術を日常と絡ませて表現して成功しているのには脱帽です。

私がこの映画を1位にまでブーストした理由は結構単純です。むかしロンドンに1年ほど住んでました、以上。
なので挨拶の枕詞になるほどのロンドンの不機嫌な天候、田舎の風情や廃れたレンガ作りの家屋、坂道、バス、公園が溶け合うように存在している絵を見ると懐かしさと切なさがグッとくるわけです。生イギリスですよあの映像。もちろんそれだけじゃない親子の心の葛藤がじーんと心にふか~く沁みるいい作品だったのは事実です。
その分、2位に大きく溝をあけてのランキングとなりました。

ハリウッド製アメリカ英語でなく、イギリス訛りの英語が聞けてあ~落ち着く。


■第2位■ レオン (アメリカ)

ゲイリー・オールドマンが印象的ないい演技してます。
主役とヒロインを差し置いてタダひたすらゲイリーの名演に酔いしれておりました。
しかもジャンレノ演じるレオン、観葉植物を愛する姿がいい!←biasは植物が大好き
トイレでゲイリーが薬を摂取する姿と上のシーンを見るとどっちが殺し屋か分からなくなっちゃうこと疑いようもございません。

ゲイリー、本当にいけない薬を飲んでしまってるのでは!(@@と思うほど心に残る映像でした。
ちなみになぜか助演者に興味を持ってしまう私は、コン・エアー、アルマゲドンやビッグ・フィッシュで好演したスティーヴ・ブシェミなどの脇役にものすごい勢いで惹かれるわけです。

というわけでジャンレノの周りを囲む脇役による第2位獲得でした~。変なの。


■第3位■ L.A.コンフィデンシャル (アメリカ)

L.A.で発生した大量虐殺事件から浮かび上がる消えた麻薬の謎やギャングたちの企み、絡み合う事件の中で真実が明らかになるサスペンスアクション。
ラッセル・クロウがなんとなく若く見える。ガイ・ピアースとラッセルの競演も見所のひとつ。キム・ベイシンガーきれーい。
ストーリーあんまり覚えてないです。でも心に残ってるってことは良かったってことですよね。
極道物、ギャング物、本来はあんまり好きじゃないんです。感動作が好きなんですがなぜかこれ選んじゃった。

映画に漂う空気がGOODなのでランクイ~ン!ということで。


■第4位■ シンドラーのリスト (アメリカ)

第二次大戦下のドイツ。実業家シンドラーは軍用ホーロー器工場の経営に乗り出し、ゲットーのユダヤ人たちを働かせた。やがて彼は、ユダヤ人たちを強制収容所送りから救うのだった。スティーヴン・スピルバーグ監督
在リトアニア大使だった杉原千畝さんが一躍脚光を浴びたのもこの映画のおかげだったと記憶しています。
長尺の映画ですが映像が美しい。モノクロに赤い服の女の子をパートカラーで表現するのが焼き増しの表現とはいえ印象的でした。
淡々としたストーリー展開も長尺がゆえに全体を引き締めて、些細な感情の動きを漏らさずキャッチすることができます。
まさにおすすめに値する作品です。4位になったのは惜しいですが、3位にタイくらいのおすすめ度です。


■第5位■ アメリカン・ビューティ (アメリカ)

平凡な日々の中で、人はそれぞれの"ビューティー(美)"を夢見る。そして、彼らが無意識にしてきた"がまん"を放棄し、自分の"ビューティー"に向かって邁進する時、何かが起きる。この物語には、そんなコワさが潜んでいる。
これは、ごく普通の市民として、普通の毎日を送ることが、どんなにストレスに満ちているかを、一見、普通に見えるサラリーマン家庭を中心に描いた物語。
ラストはあぁぁぁ!!なるほどと思わせてくれる作りでいい映画でした!劇場で見たのをよーく覚えてます。
なんだかセンチな気持ちが後まで残る映画ですね。
実はアメリカン・パイとアメリカン・ビューティを最近まで混同してました。
「アメリカンパイ、いい映画だよね~」と言った瞬間、知人がニタッと笑ってた原因はこれですね・・・。
いや、アメリカン・パイも嫌いじゃないです。でもジャンルが違いますから残念!、、




第1位: リトル・ダンサー
第2位: レオン 完全版
第3位: L.A.コンフィデンシャル
第4位: シンドラーのリスト コレクターズ・エディションBOX (数量限定5000セット)
第5位: アメリカン・ビューティー
おまけ: アメリカン・パイ<無審査特別版>
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。