大家さんが住む人の気持ちを
3日間考えたリフォームで
空室を埋めていこう!
フィーリングリフォーム専門家の
山岸加奈です。





賃貸住宅業界には繁忙期があります。
それは1月、2月と3月、さらに4月は
お引越しシーズンでこれから繁忙期ですね!







空室をお持ちの大家さんは
入居募集を促進させて
早めに満室御礼にしたいですよね。







2015年には
いろんな2DKをメインに空室を見る機会があり
リフォームしなくても
空室は埋まる物件もありました。



こんな大家さんの物件には
空室が埋まっていない物件には



実に共通な残念な点があります。



そのひとつが

玄関を開けるととても臭いんです。





意外に大家さんや管理会社さんは
排水管やトイレの汚水の臭いを
そのままにしていることを発見。



トイレの水がなくなり
排水管からの汚水の臭いがあがってきます。
さらにトイレの壁に結露やカビが出てきます。




私も管理会社さんに事前に教えて頂きました!







繁忙期にすぐ実践でき改善できる
簡単なひとつです!
効果テキメンなんです!!!!!

それは

サランラップで〇〇するだけ!!



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

※サランラップは商品名なので
同様のモノをしようしてくださいね!



汚過ぎる写真は控えますが
トイレの便座にサランラップで
ふさいでしまえばいいんです!






これをするだけで臭いのがほとんどなくなります!



サランラップでふさがないトイレは
もう~残念過ぎますよね。



だって・・・玄関入ったら、臭いんですよ!
家賃が安くても
女性は住みたくない住環境です。



つまり、そういう臭いところでも
OKな入居者は
対応や生活態度もガサツになりますよね。。



臭いのが構わないならば
さらに臭くなっても構わないかもしれません。
私はそんな現場を垣間見ました。



大家さんに

本当に気が付いてほしい
事実なのです。



やっぱり初対面の人が臭っていたら
好印象にはなりません。



大家さんのあなたは空室を埋めた後は
満室経営を望んでいる訳ですよね???



つまり

良心的な入居者にすんでほしい~♡

いつも滞納しないで
お部屋をきれいに使う入居者に
住んでほしい訳ですよね?



ぜひ繁忙期
空室を埋めたい想いを込めるためには、
現地へ行き、ご自身で
サランラップでふさぎませんか?



遠方の大家さんは
管理会社の皆さんに
感謝の気持ちを込めた
菓子折りを添えて
お願いしてみましょうね!!




残念すぎる事実だけど
簡単できる解決策を
チャレンジしてみてくださいね。
AD