枝野幸男行政刷新担当相は20日、長野県佐久市で講演し、行政刷新会議の事業仕分け第2弾で仕分け対象とする独立行政法人(独法)について「仕分けの結果として、独法を国(の所管)に戻すこともあり得る」との認識を示した。独法が中央官庁の天下り先になっている現状を踏まえ、「独法ではなく、国が直接やったほうが安上がりなものがある」と指摘した。枝野氏は講演で、独立行政法人国立印刷局や国立大学法人を例に挙げ、「独法にし、役所をスリムにすると言っていたのに、高級官僚OBが理事になり、高い給料をもらっている。こういうのを焼け太りと言う」と指摘した。【影山哲也】

<鳩山首相>共産党の志位委員長と会談(毎日新聞)
普天間移設案の決定見送り=国民新(時事通信)
【いきいき】大阪女性文芸協会代表 尾川裕子さん(産経新聞)
舛添、菅、塩崎氏らが勉強会=自民に新グループ? (時事通信)
<蔵出しみかん>甘~くなって出荷…岐阜・海津(毎日新聞)
AD