2017-05-10 02:26:13

今後のサービス概要 17年5月版 3社間ファクタリング

テーマ:資金調達

5月10日

4つのメインサービス

・売掛ファイナンス

・不動産ファイナンス

・直接金融

・厚生労働省系の助成金

 

その2回目は3社間ファクタリングです。

   

①売掛ファイナンス

◆3社間ファクタリング

本来のファクタリングで、今後とも力を入れたいサービス。

ただ日本ではファクタリングなど売掛金を利用した資金調達に偏見が存在しているため、

まだまだ普通に利用できる資金調達の手段になっているとは言えない現状があるし、

使いづらい原因が理性的なことよりも、情緒的な商習慣の問題だから改善されるのが難しい。

要は3社間ファクタリングが市民権を得るまでに時間はかかりそう。

2社間ファクタリングと比較して、圧倒的に調達コストが低いので、継続利用にも耐えうる資金調達で、

信用力が高いとは言えない中小企業において、仕入支払と売上回収の差を埋める資金調達として、

本当なら手形割引に代わってもっと普及されるべき資金調達。

  

・3社間ファクタリングの要件

 信用力が高い売掛金が存在する

 売掛先の協力が必要で債権譲渡承諾が取れることが最低必要条件

 売掛先が大手企業であるほど、この債権譲渡承諾を取るのが難しいし、取れても時間がかかることが多い

・3社間ファクタリングの長所

 調達コストが圧倒的に低いため継続利用にも適している。

 ファクタリング対象の回収サイトが2ヶ月以上先でも対応可能

・コスト

 買取手数料1.76%~8.0%+事務手数料2.16%

 売掛先の信用力により買取手数料が大きく違う 

・お金の流れ

 顧客からすると非常にシンプル

 売掛金の入金は直接売掛先からファクタリング会社に支払われ、ファクタリング実行時にすべての取引が完了  

・実行金額 100万円~1億円(1億円以上もご相談可能)

・買取対象の売掛金

 支払が確定した信用力ある取引先の売掛金

 (重要なポイント:確定債権、信用力

 公共機関の売掛金も可

 個人はNG

・対象地域 全国

・申込から実行までの期間  1~2週間

 2社間よりも売掛先の譲渡承諾や契約締結で時間がかかることが多く、2社間よりも時間はかかることが多い

・ご利用いただけるお客様

 法人、個人事業主

 利用会社の反社チェックの属性審査は必須

・重要な審査ポイント

 ファクタリング対象の売掛金の審査は、2社間ファクタリングよりも重要かつ審査基準も厳しい

・売掛先の審査の基準

 帝国Dなどの評点が55点以上(最低でも50点以上)

 独自ドメインを取得しており、HPが存在しグーグルなどで検索が簡単にできること

 

DMMオンラインサロンでは、この3社間ファクタリングの普及に力を入れています。

3社間ファクタリングの現実的な利用方法のご案内やファクタリング希望の売掛先の信用力の調査なども承っています。

 

DMMオンライサロンご入会 

            ↓↓↓

DMMオンライサロン『思うように資金調達ができない方へ(銀行融資に依存しない資金調達)』 

宜しければワンクリックをm(_ _ )m

いいね!した人  |  リブログ(0)

bhycomさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります