1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2016-12-30 00:29:16

大晦日

テーマ:好きな音楽

 

12月31日

今日は大晦日。

2016年は皆様にとってどんな年だったでしょうか?

良い年を!

  

私が現在の第九の中で最も好きなパーヴォ・ヤルヴィの演奏を良かったらお聴きください。

 https://www.youtube.com/watch?v=xbZjAxqHYSg

 

今年も30回ほどクラシックのコンサートに行きましたが、

一番良かったのはこのパーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルの組み合わせのコンサートでした。

ウィーンフィルも2回行きましたが、

比較にならないぐらいパーヴォ・ヤルヴィ+カンマーフィルの演奏は良くて大満足でした。

2年前もこの組み合わせのブラームスのヴァイオリン協奏曲と交響曲2番を聴いて、

スゲーと思ったのですが、

パーヴォ・ヤルヴィはN響との演奏も良いけれど、

カンマーフィルとの演奏はとびっきりです。

私は現存の指揮者の中でパーヴォ・ヤルヴィが一番好きですが、

カンマーフィルとの組み合わせは本当に驚くような演奏をします。

室内管弦楽団だから編成は小さいのですが、

とても小さな演奏とは思えないほどの存在感ある音と、

とてもきびきびとニュアンス溢れる演奏をします。

この第九も非常に軽く、速度が速い演奏に感じて違和感を覚えられるかもしれません。

でもベートーベンの他の交響曲でもそうですが、

パーヴォ・ヤルヴィの速度がベートーベンが指示している速度だそうで、

他の指揮者はベートーベンの使っていたメトロノームの調子が悪かったんではないかと、

あの重量感あふれると言えばいいけど、

眉間にしわ寄せるような鈍重な演奏が標準になっている思います。

たまには音楽でも パーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カーマンフィル と言う記事を6年前に書いていますが、この時も交響曲5番の運命を聴いて驚き、

この指揮者ブレークするだろうなと思って記事にした記憶があります。

運命は https://www.youtube.com/watch?v=RBlQSyHV92Y

その頃よりも最近はさらに進化していて、

あくまでも私はですが、

パーヴォ・ヤルヴィ+カンマーフィルのベートーベンが現在最高の演奏だと思っています。

第九ももちろん最高です。

ぜひお聴きください。

 

では良い新年をお迎えください!

宜しければワンクリックをm(_ _ )m
サービス可能な売掛債権を利用した資金調達  
銀行から融資を断られた経営者の皆様へ   

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-30 00:27:44

月内実行可能なまっとうなところからの資金調達はありません

テーマ:資金調達

12月30日

今年は28日や29日と押し迫ってからなのに、

年内ファイナンス実行希望の案件が多かったですね。

私も経験があるので、ここに来ても何とか資金調達できないかと言う、

会社経営者のお気持ちはよく分かります。

でも冷静になっていただきたいのですが、

このような物理的に難しくなってからの資金調達は本当に危険が伴います。

まさに闇金のビジネスチャンスの時期でもあるので要注意です。

 

ぜひお金の出し手側の論理で少し考えていただきたいのです。

まずもって見ず知らずの会社に、

年末も押し迫って、金融機関自体年末年始の休暇モードに入る時期なのに、

よく審査もしないで、

信用だけでお金を出す金融機関ってあると思われますか?

そもそも、中小企業にとってみれば、保証協会付融資や政府系金融機関以外で、

無担保で融資を行う金融サービスが本当に今はないのです。

あるとすれば、ネットで申込める事業ローンや消費者金融が主で、

まとまったお金を無担保で出すところは本当に現在少ないのです。

前々回の完全に流れがの変わった銀行の融資 で書いたように

中小企業が以前と比較すると資金繰りが苦しくなった3つの金融の話を思い出していただければと思います、

その3つとは次の3つのポイントです。

1.銀行の保証協会保証付き融資偏重主義など機動的でない融資姿勢

2.手形取引の減少により手形割引が減った

3.22年の貸金業法改変で事業ローンの上限金利も年15%に制限された

 

この中の3が無担保融資をできなくなった最大の原因です。

15%ではとてもリスクが高すぎて、

中小企業にお金を出せないのは採算に合わないのです。

また最近は会社経営に関係のない第三者の保証による融資も、

国の方針で無くなる方向に完全にシフトしているため、

本当に無担保融資は、

ネットで申込めるようなローンしかないと言うのが現状なのです。 

ところが、たいていご相談いただくお客様は、

すでにネットで申込めるローンについては申込んでいらっしゃることがほとんどで、

NGか希望額よりも調達額が小さかったのかどちらの場合がほとんどです。

 

このように無担保ローンが難しくなったからこそ、

私どもは不動産融資やファクタリングを含む売掛ファイナンスに力を入れているのです。

 

でもこの二つのファイナンスを考える時重要なポイントがあります。

両方とも法務局がやっていないと審査が困難であったり、

手続きができないファイナンスなのです。

 

ファクタリングの場合は、お客様の会社の債権概要ファイルに譲渡登記がついていないかどうか見なければ、特に売掛先に内緒で行う2社間ファクタリングでは審査を行うことができません。

不動産融資に至っては法務局が開いていないと所有権移転や抵当権設定の登記ができないから手続きができません。

 

以上のように、12月も28日とかになりますと、

無担保融資はもちろん、

最も現実的に至急の資金調達であるファクタリングや不動産融資ができないから、

28日以降になると年内の資金調達はできないのです。

 

中には不動産融資を登記がいつでもできるように書類を渡すから融資が難しいかと言う、

熱心なあまりの気持ちは理解できますが、無茶なお客様もいらっしゃいます。

でもよく考えていただきたいのですが、

15%の年利以下で、

どうしてそんなリスキーな融資を見ず知らずの第三者にしなければならないかと考えれば、冷静になっていただければいかに荒唐無稽な話かご理解いただけると思います。

 

つまりまっとうな金融機関やファクタリング会社の金利や手数料料率では、

やっつけ仕事の様なリスキーなサービスはしないことから、

やるとところは言わずもがなだと思います。

要は滅茶苦茶金利が高かったり、

家族や周辺の方々の保証を要求するような、

インチキ闇金に引っかかってしまう懸念が大になるのです。

 

どんなに支払わなければならない支払でも、

28日ともなれば現実的には支払うことができないと言う前提で、

対応されることが本当に大切になるのです。

支払先にも誠意をもってできるだけ早急にお話しされることが大切だと思います。

 

それでもどうしても支払わねばと言われるなら、

冷たい言い方になるけど、

どうぞご勝手に!!としか言いようがなくなるのです。

少なくとも私どもは、

闇金を紹介するようなくだらないことはやっていませんので、対応のしょうがないのです。

宜しければワンクリックをm(_ _ )m
サービス可能な売掛債権を利用した資金調達  
銀行から融資を断られた経営者の皆様へ   

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-28 23:59:28

今日で本年の業務は終了しました

テーマ:資金調達

12月29日

本日で私どものファクタリングサービスは、

既存のお客様の実行や実行に向けての手続き以外のサービスは終了しました。

また不動産融資などのファイナンスアレンジメントサービスも終了しました。

新年は1月5日スタートとこのブログで書きましたが、

年始早々の実行希望の案件が多いことから、

1月4日スタートに変更させていただくことになりました。 

なお、メールでの対応は年末年始も休まず対応させていただきますので、

ご相談などお気軽にご連絡いただければと思います。

レスポンスは多少平素よりは遅くなることもあると思いますが、

ご了承願います。

 

今年も多くの方々に、

ファクタリングやファイナンスアレンジメントブサービスをご利用いただきありがとうございました。

また本ブログも読んでいただきありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

宜しければワンクリックをm(_ _ )m
サービス可能な売掛債権を利用した資金調達  
銀行から融資を断られた経営者の皆様へ   

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /