1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-12-31 00:13:33

大晦日 第九の話

テーマ:好きな音楽


12月31日
2014年も今日が大晦日。
今年もいろんなことがありました。
読者の方におかれましても、良い年だった方、いまいちだった方、様々だと思います。
来る新年が皆様にとって良い年でありますようお祈りしております。
    
ご存知の方も多いと思いますが、ベートーベンの第九が年末に演奏される習慣があるのは日本だけみたいです。
ベートーベンが誕生したドイツにおいても、第九は何かの記念日、例えばオーケストラの設立50周年とか、コンサートホールの設立100周年のようなイベントでないとほとんど演奏されることはないみたいです。
実際30年にわたってドイツの主要オーケストラでオーボエ奏者を努め、ケルン放送交響楽団では首席オーボエ奏者を努めた、現在指揮者の宮本文昭さんは、ドイツで第九を演奏したことがないとテレビで言っていました。
今日は、先日コンサートに行って、非常に感動したパーヴォ・ヤルヴィとドイツカンマーフィルハーモニーの第九を紹介します。
このオーケストラはブレーメンにある非常に優秀な室内楽団です。
来年からNHK交響楽団の首席指揮者にもなる、世界で最も売れっ子のスター指揮者の一人であるパーヴォ・ヤルヴィとドイツカンマーフィルハーモニーのベートーベンの交響曲の演奏は、新基準を作ったと言われていて、ベートーベン全曲集は確か数々の賞を取っていると記憶しています。
大編成のオーケストラによる、大げさなおどおどしい演奏ではなく、もっと自然体であっさり、かつ鮮度抜群の演奏を物足りないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は好きです。
実際、最近のドイツ国内では、このパーヴォ・ヤルヴィとドイツカンマーフィルハーモニーのような演奏が主流になっているようです。
良かったらお聴きください。
実に良い演奏です。

思うように資金調達ができない方へ
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-12-30 00:12:09

ブラックでも融資が受けられるか?

テーマ:日々のことから


12月30日

読者の方から、金融ブラックだけれど、個人で100万円の融資を受ける方法がないか?また融資してくれる人がいないか?と言うメールをいただきました。

せっかくご相談いただいた読者の方には申し訳ないのですが、よくある典型的な認識違いなので、少し触れたいと思います。

まずは金融ブラックと言われている問題です。

本当のブラックなのか?

ご本人がブラックと思い込んでいるだけなのか?

このどちらなのかは融資を考える上で非常に重要です。

日頃、業務の中でもこの話はよく問題になります。

実態を言いますと、CIC,JICC,銀行協会などの個人信用情報において、金融事故で債権移動などが明示されている場合や、1回か2回消費者金融から融資が受けれなかったとか、信販が通らなかったとか、クレジットカードが発行されなかったようなことがあって、ご自身が自分はブラックだと思い込んでいる場合と、大きく二つに分けて考える必要があります。

前者の場合は現状のままでは融資を受けることは100%無理です。

でも、後者なら、可能性は高くないものの可能性はあります。

だから、このどちらのブラックなのか、ご自身でも分からない場合は、ぜひ個人信用情報機関に情報の開示請求をされて確認されることをおすすめします。

そして、その結果、真のブラックと言うことであれば、他人からお金を借りることは難しいと認識していただきたいと思います。



もちろん、このような状況の方に融資する闇金は確かにあります。

でも、その条件たるや滅茶苦茶です。

借りた瞬間から地獄が始まると言っても過言ではありません。

もちろん、100%、後日大きな入金が本当に確定している場合なら、止む得ないかもしれません。

後日確実な入金がないのに、闇金のようなところから借りることだけは、絶対に止めていただきたいと思います。

以上のことで、いただいたメールの中に書かれている、もう一つの大きな問題である金融業界以外で融資してくれる方がいないかと言うことに対する回答もお分かりいただけると思います。

金融に打診しても融資は謝絶されるから、誰か金融以外で融資してくれるところがないかと言う趣旨の質問だと思いますが、金融機関が融資できない方に、金融以外の会社や個人が何の目的で融資すると思われるのか?

冷静になっていただきたいと思います。

金融業界でNGの場合、第三者からお金を借りれるのは、親しい方や親族以外では、闇金か闇金まがいのようなところ以外は100%ないことを認識していただきたいと思います。

このことは当たり前だと思われるかもしれませんが、認識していただくことは重要です。

それは、闇金の滅茶苦茶な条件は、返済できるということが前提ではなく、99%返済できない前提で、融資条件が考えられているから、地獄のようなことになってしまう懸念が非常に高いのです。

そもそも、返す当てがない人にお金を貸すこと自体、動機が不健全であるこは明白です。

必要なお金がないことも非常に苦しいことですが、ほとんどの場合、借りた後のほうが苦しさは倍増するのが常なので、真のブラックの場合は、親しい人からの調達に頼るか、必要だと思っている資金使途は、冷本当に必要な資金なのかどうかを、冷静に冷静に再度検討していただきたいと思います。


年末は確かにお金が必要な時期です。

だから、今年も本当にいっぱい、年末までの資金調達の相談がありました。

でも、真に金融ブラックの場合は、他人から資金調達は、特に個人となると100%に近い確率でNGであることを、現実的に受け入れていただくことが重要です。

さもないと、大切な人生を狂わせてしまいます。 

思うように資金調達ができない方へ  

実践的資金調達原論
へそ曲的日々雑感  

ウィーン賛歌

いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-12-29 00:56:29

今年の業務は今日で終わりです。

テーマ:日々のことから


12月29日

今日で今年の業務は終了です。

今年もこのブログから何人ものお客様と、お客様を紹介していただくコンサルタントの方とお知り合いになりました。

まさに全国の方とお知り合いになれるのも、このブログのおかげで、毎日できるだけ更新しようという強いモチベーションになっています。

新年の2月でこのブログも10年目を迎えます。

10年近くも続けていると、私の人脈の80%ぐらいはこのブログをきっかけに知り合った方になりました。

何気なしにブログを興味本位でスタートしましたが、本当にやって良かったと思っています。

今年は政治の話よりも、資金調達の話題をできるだけ多くするようにしました。

以前も書きましたが、資金調達の新たな情報を365日お伝えすることは無理です。

そんなに新しい資金調達の情報があれば苦労しないからです。

でも、資金調達は刻々変わっているのも事実です。

例えば、多分4月の消費増税の影響が強かったのだと思いますが、某大手のノンバンクでは、夏の初めぐらいから、不動産業者向け融資の上限を5000万円に設定しました。

あるいは逆に、別の某大手のノンバンクは、不動産取得額が明らかに市場価格と比較して低い場合は、100%融資をスタートしました。

また、同じく4月の消費増税による景気後退懸念で、中小企業へのプロパー融資に力を入れていた信金信組の中には、新規取引は信用保証協会の保証付融資に実質上限定するような動きもありました。

また、画期的売掛金融融資のファイナンス会社でも、担当者が代わってから、1億円以下の年商の会社や、請負契約の売掛金が多い会社は門前払い的にNGになりました。

こんな金融の情報は毎日の業務の中で山ほどあります。

そしてこんな情報こそ、希少かつ多くの方にとっては有用な情報ではないかと思い、同じ情報の繰り返しになるかもしれませんが、できるだけ日々お伝えするようにしています。

同じ資金調達の情報でも、違った角度からお伝えすることで理解が深まったという方もいらっしゃるので、新年からも同じスタンスで更新してまいります。

そして、政治の話題については、戦後レジームにかかわる問題、安全保障や国体を毀損するような問題、その中でも中小企業の資金調達に強い影響がある、消費増税や緊縮財政政策一辺倒の、いわゆる財政規律派に対する批判記事は、私などが書いてもまさに自己満足かもしれませんが、継続して取り上げ参りたいと思っています。

日々の限られて時間の中で更新していますので、大した情報や深く掘り下げた記事は正直書けませんが、新年もお付き合いいただければ幸いです。

また資金調達についてのご相談があれば、メールでのご相談は無料ですのでお気軽にご連絡いただければと思います。

また資金調達のアレンジも、完全成功報酬制ですので具体的なご相談もお気軽にいただければと思います。

ご連絡は bhycom@gmail.com まで


新年もよろしくお願いいたします。

思うように資金調達ができない方へ

実践的資金調達原論
へそ曲的日々雑感  

ウィーン賛歌

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /