1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-08-31 17:16:49

現在サポートが可能な資金調達 (2014.9)

テーマ:資金調達


9月1日

今日から9月です。

ブログも模様替えです。

今日は現時点でサポートが可能な資金調達のサービスの一覧です。

毎回ですが、赤字の部分が更新部分です。

また、今回から重要な部分を太字にしました。

ご相談などお気軽にご連絡ください。bhycom@gmail.com

  

現在サポートが可能な資金調達(2014.9)

(デッドファイナンス)
・不動産取得のための融資(全国対応可能)★☆

 沖縄や坪単価10万円以下の物件にも対応可

・超短期転売資金のファイナンス(ブリッジ資金)(全国対応可能)★
2億円以内の超短期転売資金のファイナンス(ブリッジ資金)★☆
 (原則首都圏、京阪神) フルローンは原則難しい
・所有不動産の有効活用(全国対応可能)★☆
・既存融資の借換(全国対応可能)★☆

・戸建&アパート開発業者向けファイナンス(首都圏、大阪限定)★

 最大:土地 100%、建築費 90%をファイナンス 

・戸建建築会社向け出来高ファイナンス★

・地銀 個人向け無担保ファイナンス
上限1000万円 年収600万円以上 9月は積極的融資 実績多数

・ノンバンク無担保融資  会社、代表者に延滞債務がない場合 ☆

 現実的には非常に与信が高くないと難しい

・銀行、信金、信組プロパーの無担保融資年商1億円以上で財務内容、キャッシュフロー良好が条件

 首都圏、茨城、栃木、群馬、静岡、長野、山梨、新潟、富山、石川、福井も可

・第三者保証人の保証つき融資
・診療報酬担保融資 病院 最大5か月分の融資が可能 ★

 小規模な病院やクリニックは難しい

 介護施設は最大2ヶ月

・株券担保融資 ★☆ 上場株及び未上場でも信用度の高い株限定

・動産担保融資 条件が厳しいのでハードル高い

・ゴルフ会員権融資 ★☆

・売掛債権担保融資 譲渡登記のみ。

 譲渡禁止条項付売掛金も担保にカウント

 事業ファイナンスで一番早い資金調達が可能

 ※既存各社で謝絶された案件の成約実績多数

・株式担保融資(エクイティのケースも有)

・エンジェル的投資家からの資金調達

     

(手形&電子債権割引)

・至急に対応する手形割引★☆ 

・割れない銘柄の今後入手する手形を割引可能にするサービス★

・電子債権割引★☆

   

(ファクタリング)

・売掛債権のファクタリング★☆ 

 債権譲渡承諾書記名捺印と印鑑証明書不可欠

 ファクタリング専門会社との新規提携スタート

・運送業や向け、トラック車両のファクタリング★

・パチンコホール企業向け、遊技台のファクタリング★☆

・クレジットカード債権の現金化の早期化★


(改装設備資金立替システム)

・オフィス、ホテル、店舗、工場、倉庫などの改装設備資金の立替サービス   

ラブホテルも代表者の与信が高ければ対応可能

・新規提携信組

財務内容とキャッシュフローがよければ、運転資金、店舗開発資金など、あらゆる資金ニーズに対応

エリア制限:首都圏、茨城、栃木、群馬、静岡、長野、山梨、新潟、富山、石川、福井

 

  

(仕入資金調達サポート)

・毎月の仕入資金の調達がスムーズにできるサービス★

 売掛債権譲渡承諾or譲渡登記+入金口座変更が必要

 会社の内容により、発注書受領段階でのファイナンスも可能

     


(支払い条件緩和による営業支援)

・売掛先の与信が低く、現金およびサイトが短い支払条件のみで販売している

 会社向けの、長いサイト、あるいは割賦販売を可能にするサービス。

  

(パチンコ業界向けサービス)

・新規提携信組

財務内容とキャッシュフローがよければ、運転資金、店舗開発資金など、あらゆる資金ニーズに対応

エリア制限:首都圏、茨城、栃木、群馬、静岡、長野、山梨、新潟、富山、石川、福井

・店舗の流動化サービス 店舗を所有⇒店舗を賃貸借で運営

・パチンコホール企業向け、遊技台のファクタリング。 ご利用100社以上

新店舗開発ソリューション 20年転貸借による開業支援 
 原則年商100億円以上の会社限定。数十億円の大規模開発にも対応可

・パチンコホールの遊技台の残債を消して早期転売を可能にするファイナンス。
・パチンコ業界販売商社向け営業支援。
 ホールへの販売を6~10回手形で行えるようにするサービス。
 支払条件を緩和することで同業他社との差別化が可能。

(飲食、理美容店舗運営会社向けサービス)

・店舗出店丸ごとサービス 保証金+店舗造作を一括サービス

・入居保証金流動化サービス


代表者与信による企業向けファイナンスサービス)

・企業決済に利用できるプラチナカード(限度額最大2000万円)発行 実績多数

・リースを使ったファイナンス

一般企業以外のパチンコホール、ラブホテルにも対応するファイナンスあり



(厚生労働省系助成金、補助金)

・キャリア形成、キャリアアップ、雇用調整助成金を駆使し、

 企業の雇用を守り、雇用を促進するサービスのご提供

  

★与信が低くても対応可能

☆至急対応可能

いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-08-31 03:08:53

朝日新聞 慰安婦大誤報

テーマ:日々のことから


8月31日

昨日、憲政記念館のレストランで昼食をとり駐車場に戻ったところ、次の街宣車と言うか、朝日新聞の従軍慰安婦報道に抗議するバンを見つけました。

東京の国会議事堂周辺は街宣車だらけで、けっこうよく出会います。

私も最近は、俗にいえば決して右でないとは言いません。

真右です。

でも、返って逆効果だなと感じる街宣車が多い中、このバンに書かれていることはすべて納得します。

・朝日新聞は(従軍)慰安婦報道を訂正・謝罪せよ!

・無防備国民を日々洗脳する捏造紙爆弾 朝日新聞

・さらば敗戦利得者 朝日不買


これらの文言、すべてに大いに賛同します。

日本の国と国民の価値を貶めるような報道を30年以上もやり続けてきたのに、少なくとも朝日新聞の代表者が謝罪はもちろん、記者会見さえしない状況は異常です。

まさに朝日こそ権力者、それもこのバンに書かれている敗戦利得者そのものではないかと思います。

さすがの毎日や野党までが、朝日を批判しています。 

二つの夕刊フジの記事を転載します。


広がる朝日包囲網 読売、毎日からも批判 文春、新潮は広告掲載拒否に抗議

慰安婦報道の大誤報を認めながら謝罪もしない朝日新聞に対し、同業者からも批判や疑問の声が高まっている。先陣を切った産経に続いて、28日には読売が検証連載を開始し、朝日と論調が似通う毎日までも、謝罪をすべきだとする寄稿を載せた。さらに朝日が、追及キャンペーンを張る週刊誌の新聞広告を拒否して抗議を受ける事態にもなっている。

 朝日の慰安婦問題をめぐる対応を批判するのは、同問題を長年追及してきた産経だけではない。読売は28日朝刊の1面と4面で、「検証 朝日『慰安婦』報道」と題する連載を開始し、1回目は、「吉田証言」を疑問視する声が上がりながら放置してきた実態などを詳細に報じた。

 毎日も同日オピニオン面で、ジャーナリストの森健氏の「まず誤報の謝罪を」とする寄稿を掲載。森氏は「これが他紙だったら、朝日はどう報じたのだろうか」と朝日の報道姿勢に疑問を投げかけた。

 今週発売の週刊誌各誌も朝日批判の記事を大きく掲載している。文芸春秋は27日、週刊文春9月4日号(28日発売)の新聞広告掲載を拒否されたとして朝日新聞社に厳重抗議した。同誌は「なぜ日本を貶めるのか? 朝日新聞『売国のDNA』」と題する追及キャンペーン第2弾を掲載している。

 週刊新潮も9月4日号(同)で「『朝日新聞社』の辞書に『反省』『謝罪』の言葉はない! 1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」を掲載したが、朝日新聞社に広告掲載を拒否された。

 新潮社は「(朝日の)担当者に口頭で抗議した。来週号で広告掲載拒否の経緯を検証・批判する記事を掲載する予定」(広報宣伝部)としている。

 メディアの朝日包囲網は日増しに強まっている。


野党も朝日追及、慰安婦誤報で包囲網着々 吉田調書でも「食い違い」

慰安婦問題をめぐる誤報を認めながらも謝罪を拒み続ける朝日新聞に対し、包囲網が着々と構築されている。29日に開かれた民主党有志議員の会合では、国会で朝日の責任を追及するべきだとの意見が出た。公明、みんな、結いの各党も朝日批判の戦列に加わった。一方、東京電力福島第1原発事故に関する吉田昌郎元所長の証言に関しても、朝日報道には「食い違い」があるとの指摘も続出。報道機関としての資質が問われている。

 民主党有志の「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」は29日、会合を開き、「自浄能力が望めないのなら、国民の代表のわれわれが検証していく」(鷲尾英一郎衆院議員)などと追及。みんなの党の浅尾慶一郎代表、結いの党の小野次郎幹事長も同日、朝日に説明責任や検証を求める考えを示した。

 自民党はすでに朝日報道を検証する方針を固めている。野党では次世代の党の山田宏幹事長が朝日社長の証人喚問も辞さない立場だったが、他の野党にも追随する動きが出てきた形だ。歴史観や安全保障観が朝日と近いといわれる公明党も、井上義久幹事長が29日のラジオ番組で「いま一歩反省が足りないという指摘があるのは当然だ」と批判した。


慰安婦問題だけではない。政府の事故調査・検証委員会が吉田元所長に行った「聴取結果書」(吉田調書)をめぐっても、「所長命令に違反 原発撤退」(5月20日付朝刊)と報じた朝日に疑問が相次いでいる。

 吉田調書を入手した読売新聞は30日付朝刊で「調書からは吉田氏がこれを命令違反ととらえていたことは読み取れない」と朝日報道を批判。読売よりも前に吉田調書を入手した産経新聞、NHKも「命令違反」があったと読み取れなかったとの立場だ。こうした事態に28日発売の週刊文春は「吉田調書でも産経に完敗したクオリティペーパー」と朝日報道に疑問を投げかけている。

 対する朝日は週刊文春と週刊新潮の広告掲載を拒否。30日付朝刊でも、朝日を批判した公明党の井上氏の発言も掲載しなかった。

   

まだ朝日新聞を有難がり購読を継続する人がいるのが不思議です。

まあ左翼の機関紙だから仕方ないか・・・・

思うように資金調達ができない方へ

1.実践的資金調達言論    根抵当権で不動産担保ローンができない

2.へそ曲的日々雑感     日本国憲法前文

3.ウィーン賛歌         ヴィリー・ボスコフスキーのニューイヤーコンサート 1974

いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-08-30 01:33:52

日本国憲法前文

テーマ:日々のことから


8月30日

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

これは日本国憲法の前文の一部です。


これを少し具体的に書き直します。

「平和を愛する米国や中国やロシアなど諸外国の公正と信義に信頼して、我ら日本の安全と生存を保持しようと決意した。」


今日はうだうだ書きません。


米国や中国やロシアが平和を愛する!!!!


ブラックジョークです。


このブラックジョークを大前提として、日本の安全と生存を保持する???


どういう意味なんでしょうか?????


日本の安全と生存の保持は、外国の人たちは公正と信義があるはずだと信じることによって守ろう!

つまり、外国の人たちが襲ってくるなんてあり得ないし、自然災害とかがあったら外国の人たちが助けてくれる、っていうことを信じることにしたよ!との解釈をヤフー見つけました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1286579212


信じる者は救われる!!!!


馬鹿馬鹿しくてへそが茶を沸かします。

これは戦勝国の米国たちに都合の良い憲法。

とても自立した国の憲法ではありません。

だからこそ、どこかが世論誘導のために、強い力と巨額の資金を使い、日本人の中にも協力者、いわばスパイ活動している人間に憲法改正反対!!!!

平和憲法維持なんて、バカなことを言わせているのです。

この憲法があったから戦争に巻き込まれなかった。

それは東西冷戦構造の下でこそ成立したイリュージョンです。

こんな分かり切った馬鹿げた憲法論争なんてクソ喰らえ!

諸外国のスパイに気を付けましょう。

思うように資金調達ができない方へ

1.実践的資金調達言論    手形(当座取引)について

2.へそ曲的日々雑感     香川 ドルトムント復帰

3.ウィーン賛歌         ヨハン・シュトラウス 南国のバラ

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /