1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-04-30 00:46:04

未来のエクセレントカンパニー

テーマ:日々のことから


思うように資金調達ができない方へ

4月30日

今週の月曜日、近い将来、うまくいけばエクセレントカンパニーになるのではないかと思われる会社のCEOとCFOの方と面談しました。

業種や現状を言うと会社が特定されるので詳しくは書けませんが、この会社の未来は明るいと確信します。

どのような相談内容であったかというと、受注に資金調達が間に合わず、約1億円の資金調達ができないかというものでした。

まだ完全二期の決算も完了していない上、売掛債権も小さく、本来、1億円の資金調達ということであれば、投資家、投資会社からの資金調達案件です。

今回も、投資案件に強いコンサルタントからの依頼で、投資実行までには時間が少しかかるため、スピード感ある資金調達を手伝ってもらえないかという依頼で面談したのです。

お二人ともなかなかの好青年で、心底、お手伝いできるものであればさせていただきたいと思いました。

だから、結構、商売度返しで、本音で話をしました。

ヒアリングした結論から言えば、私がお手伝いできそうな金額はアッパーで約2000万円。

例の画期的売掛担保融資で500~1000万円。

代表者所有の投資マンションで1000万円の、合計約2000万円です。

8000万円足りません。

何か方法がないかという質問があったので次のように答えました。

 

1.現状では、将来価値に投資する投資会社以外での高額な調達手段は難しい。

2.協力者から、不動産、株券など何らかの資産提供の協力を得ることはできないか。

3.協力者に第三者保証融資の保証をしてもらえる人はいないか。

4.協力者から直接資金提供をしてもらうことはできないか。

     

もちろん、1~4はないから相談されているわけですが、わざと必ずこのようなことを言うことにしています。

つまり、現実的に可能な資金調達は何か?を明確に認識していただくために、そして、その時の反応をするために、わざと無理は承知で言うようにしています。

そしてこの時の反応や対応を見て、真剣にお手伝いできる先かどうか判断するようにしています。

面白いといっては不謹慎ですが、この時の顧客の反応や対応で結構、顧客の会社の将来性が高い確率で分かるのです。

そんなこと当たり前じゃないかと、態度でかく、聞く耳を持たないような態度で、このやり取りが長く続かないような雰囲気の経営者はほぼ成功しません。

一方、当たり前な話なんだけれど、自社の現状を見つめなおす機会と、積極的に、熱心に質問や整理する顧客の会社は成功することが多いのは興味深いものです。

今回のCEOとCFOは実に後者のタイプで、この会社は成功する可能性が高いと思いました。

 

くだらない話をします。

大成功する企業家に共通する特性はないかと言うことですが、私のつたない経験で言えるのは、成功する経営者に共通するのは、親父殺しの素養があるかどうかに尽きると思っています。

言い替えれば、人をそらさない、人から好かれる人物であることは重要な資質だと思います。

先ほど述べた、1~4はシンプルにいえば、経営者が人から好かれるタイプで、豊富な資金を持つ協力者に可愛がられているような人物であれば、私などに相談しなくても、順調に資金調達はできる可能性は高いものです。

くだらない話と思われる方も多いと思いますが、起業して大企業になった創業者には、必ず今回の会社のCEOとCFOのように、理屈では何ともならないお金の問題に直面するステップがあります。

成功者はこの段階を乗り越えたからこそ、後の大成功があるわけで、この時、もっとも大事なのは、事業の将来性や優秀なのは当たり前で、将来性ある優秀な事業内容+経営者、つまり、経営者が人から好かれる人物かどうかはすごく重要だと思っています。

正直、私のようなものでも、一所懸命サポートしたいと思う相手と、そうでない相手の場合では、力の入れ方も違うし、そこまで親身になる必要がないと思えば、少し難易度の高い資金調達の可能性があっても、馬鹿馬鹿しくて手伝う気にならないものです。

まして、多額の資金提供をしようと思う人からすれば、好印象でもない人物の会社に好き好んで資金を入れる気にはならないし、入れても、それは成功の暁に会社取ってしまえぐらいの算段がないとあほらしくてするはずがありません。

こんな簡単な事を理解していない経営者も結構多いもの。

いくら力があって、事業が優秀でも、人の助けがなければ大成功はしません。

私が以前、前職の事業を失敗したのは、この部分が原因であったことは間違いないと自戒しているところです。

この点、月曜に会ったCEOとCFOにはぜひ頑張ってほしいと思いました。 

思うように資金調達ができない方へ

不動産の流動性  

補助金担保融資と連休を迎えての資金調達

近日中にご案内できる予定の資金調達など近況

銀行融資について

飲食・理美容店舗開発ソリューション

店舗差入保証金流動化サービス

画期的売掛担保融資の融資増額

銀行取引はまさに宝くじ ②

銀行取引はまさに宝くじ

不動産担保融資が使いやすくなっている

雇用調整助成金サポート その後
医療法人向けファイナンス
お断りしている資金調達②
お断りしている資金調達①
現在サポートが可能な資金調達 (2014.4)
不動産開発会社向けファイナンス&住宅建設会社向けファイナンス
病院や老人護施設の資金調達
高齢者の方の不動産担保融資
不動産担保融資額が増額されたノンバンクなど
不動産開発会社向けファイナンス 詳細
住宅建設会社向けファイナンス 詳細
住宅建設会社向けファイナンス
不動産開発会社向けファイナンス
税金の滞納清算の資金調達
税金滞納で財産差し押さえ 延期の申請、15年4月から可能に
年商が小さい会社にも無担保融資を検討する金融機関

銀行融資と銀行以外の融資④

銀行融資と銀行以外の融資③
銀行融資と銀行以外の融資②

銀行融資と銀行以外の融資①

売掛金担保融資のスピード感
画期的売掛債権担保融資近況

リゾート物件の不動産担保融資
画期的売掛金担保融資 掛目が厳しい債権とレンタル債権について
銀行とノンバンクの不動産の担保評価は違う
築年数が古い区分マンションの担保評価
会社のホームページの資金調達への影響
画期的売掛金担保融資 ドンキホーテ納入企業は利用不可
画期的売掛金担保融資総論
社長の経理財務を把握していないことで融資がNG
画期的売掛債権担保融資 追加情報
資金調達サポート会 新規会員の募集とファイナンスサービス一覧

思うように資金調達ができない方へ


隔週刊 CLASSIC PREMIUM (クラシックプレミアム) 2014年 5/13号 [分.../小学館
¥1,296Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-04-29 01:16:40

言論最前線の現在[桜H26/4/19]

テーマ:日々のことから
2014-04-28 02:14:54

米イカサマ格付け会社のCDSだけれど・・・・

テーマ:日々のことから

思うように資金調達ができない方へ

4月28日
まず、次の表をご覧ください。


        

これは世界各国の破綻リスクをCDSで見たランキングです。

米イカサマ格付け会社のデータからですが、こんなよくもいんちきなデータを捏造できるものと、いまさらあほらしくて怒る気にもなりませんが、この表を真に受けて、日本の安全度はこの程度かと勘違いする人が多いから困るのです。

ここで夕刊フジに掲載された「最新版「破綻確率ランキング」 “景気失速”中国悪化、日本はアジアトップ維持」という記事をご覧ください。


『世界各国・地域の国債の安全度を示す「破綻確率ランキング」の最新版(3月末時点)で、景気失速が懸念される中国の破綻確率が悪化、順位を落とした。日本は安倍政権発足以降の改善基調は一服したものの、アジア勢トップの座を守った。

 破綻確率は、国の財政リスクを示す「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」から算出する。

 米金融情報サービスのS&PキャピタルIQによると、日本国債が5年以内にデフォルト(債務不履行)を起こす確率は3月末時点で4・1%と、昨年末の調査(3・3%)からやや上昇、世界74カ国・地域のランキングでは、前回のトップ10から17位に後退した。

 S&PキャピタルIQは日本のランクダウンの要因について「財政刺激策が継続している」ことを挙げる。「消費税増税による景気悪化懸念が広がったことも大きい」(国内シンクタンクのエコノミスト)との指摘もある。

 とはいえ、日本の破綻確率は民主党政権下の2012年3月末時点で8・0%あったが、安倍政権誕生後に3%台まで低下した。今回は改善基調が一服したが、アジアでは香港などを上回りトップの座を維持した。

 一方、中国の破綻確率は前回の7・0%から8・0%に悪化、ランキングも27位から32位にまで下がった。S&PキャピタルIQは「経済成長の減速懸念によるもの」と指摘する。

 中国は不動産バブルの崩壊や「影の銀行(シャドーバンキング)」問題など金融危機の拡大が警戒されている。実体経済も輸出、輸入ともに減少し、製造業の景況感指数も低迷したまま。中国に投資したマネーを回収している投資家も多いとされる。

 韓国は前回の25位から1ランク上げて24位だった。ただ、韓国経済は中国への依存度が高いことから、中国経済失速の巻き添えとなる恐れもある。

 破綻リスクが高いワースト1位と2位は前回に続きアルゼンチンとベネズエラ。政情不安のウクライナが3位に入り、ロシアの破綻確率も前回の11・2%から14・3%に上昇するなど、地政学的リスクも意識される結果となった。』

 

アメリカやドイツと違い、政府債務が、言い換えれば国債の引き受け手が全額自国通貨建で、そのほとんどが日本国内で消化されているのに、破綻リスクが世界で17位だって!どこを見ているんだと思います。

さらに対外純資産も20数年も連続世界一、2位の中国はもともとの数字が信頼できないので別にして、3位のドイツの倍もあるというのに、ランキングはドイツが4位で日本が17位。

さらに世界最大の債務国のアメリカが第3位、悪い冗談を抜かすなと思いますが・・・・・。

でも、ある要因を入れると確かに、アメリカ3位、ドイツ4位、そして日本は17位は納得できます。

その要因とは軍事力、もっといえば防衛力です。

先ほど日本は政府債務が大きいからといって、ほぼ日本国内で調達されるから破綻懸念などないと言いました。

でも、どこの国とは言わないけれど、外国からの核攻撃を受けて、木っ端微塵に破壊されたら、これは間違いなく破綻します。

オバマは尖閣も日米安保の範囲と言ってくれたのは良いけれど、軍事介入するためには、確か米議会の承認が必要だったはずで、弱いオバマが議会を通すのに四苦八苦しているうちに実質支配されてしまうかも知れません。

 

さすがに、ロシアや基礎データが当てにならない中国は、さすがに核保有国であっても、日本よりもCDSランキングが上位にはないけれど、日本の政府債務の額が大きくても、破綻懸念がないとなると、普通に考えて、ドイツやオランダやベルギーよりも日本が下位になるのはおかしな話です。

まあオランダやベルギーは小さな国だから、北欧諸国など同様、リスクが小さい分CDSの数値が良いのかもしれません。

でもドイツについては、現状の数字は良くても、ギリシア、イタリア、スペインなど通貨発行権をなくしたユーロ内の各国経済への依存度が高く、とてもではないけれど、しつこく良いいますが、日本よりもCDSが良いのは変です。

でも、ここで忘れてはならないのは、ドイツは実質的に核保有国だと言う事実です。

これはニュークリア・シェアリングと言って、ドイツはイタリア、ベルギー、オランダとともに、アメリカから核の提供を受けることができるのです。

日本のように多分アメリカは守ってくれるだろうなんて、頼りないものではなく、取り決めなのです。

 

妄想すれば、中国共産党と米格付け会社は同じ新自由主義勢力の仲間だから、中国の日本に対する本音を知れば、いくら日本が経済破綻しようのない状態であっても、軍事的リスクと大地震リスクを考えれば、とてもCDSランキングでドイツよりも上位にはできない、ひょっとしたら真実を反映しようとする良心から判断した数字なのかもしれないと思ってしまいます。

このように考えると、背筋は凍ります。


思うように資金調達ができない方へ

不動産の流動性

補助金担保融資と連休を迎えての資金調達

近日中にご案内できる予定の資金調達など近況

銀行融資について

飲食・理美容店舗開発ソリューション

店舗差入保証金流動化サービス

画期的売掛担保融資の融資増額

銀行取引はまさに宝くじ ②

銀行取引はまさに宝くじ

不動産担保融資が使いやすくなっている

雇用調整助成金サポート その後
医療法人向けファイナンス
お断りしている資金調達②
お断りしている資金調達①
現在サポートが可能な資金調達 (2014.4)
不動産開発会社向けファイナンス&住宅建設会社向けファイナンス
病院や老人護施設の資金調達
高齢者の方の不動産担保融資
不動産担保融資額が増額されたノンバンクなど
不動産開発会社向けファイナンス 詳細
住宅建設会社向けファイナンス 詳細
住宅建設会社向けファイナンス
不動産開発会社向けファイナンス
税金の滞納清算の資金調達
税金滞納で財産差し押さえ 延期の申請、15年4月から可能に
年商が小さい会社にも無担保融資を検討する金融機関

銀行融資と銀行以外の融資④

銀行融資と銀行以外の融資③
銀行融資と銀行以外の融資②

銀行融資と銀行以外の融資①

売掛金担保融資のスピード感
画期的売掛債権担保融資近況

リゾート物件の不動産担保融資
画期的売掛金担保融資 掛目が厳しい債権とレンタル債権について
銀行とノンバンクの不動産の担保評価は違う
築年数が古い区分マンションの担保評価
会社のホームページの資金調達への影響
画期的売掛金担保融資 ドンキホーテ納入企業は利用不可
画期的売掛金担保融資総論
社長の経理財務を把握していないことで融資がNG
画期的売掛債権担保融資 追加情報
資金調達サポート会 新規会員の募集とファイナンスサービス一覧


思うように資金調達ができない方へ

図解 逆説の経済学――メディア・評論家に歪められた真実/遊タイム出版
¥1,008
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /