1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-06-30 10:36:48

参院選最大の焦点は憲法96条改正の阻止だって!!!!

テーマ:日々のことから

思うように資金調達ができない方へ
思うように資金調達ができない方へ

7月1日

主権者国民の意思を反映した政治でなければならないと言いながら、今回の参院選最大の焦点は憲法96条改正の阻止という植草に強い違和感を覚えます。

最近は、毎日、植草や日刊ゲンダイの記事に対して難癖ばかり付けていますが、安倍政権誕生以来、日増しに記事がおかしくなってきていて、鳩山の尖閣発言問題に対しての記事に至っては、驚くほど強い違和感を感じています。

今日の記事のタイトルにも書いた、「参院選最大の焦点は憲法96条改正の阻止」というのは、植草のメルマガの最新の記事のタイトルです。

このメルマガは、ブログでは「国権の最高機関が決議した安倍晋三氏の首相失格」 と言う、これまた馬鹿馬鹿しいタイトルの記事なので、良かったらご覧ください。

    

確かに憲法96条改正問題は国の根幹をなす重要な問題であることは分かります。

でも、日々暮らし生活をしている国民にとって、政治に対して一番期待することは、経済問題と、東日本大震災で地震や津波や原発事故を被災した国民からすれば、震災復興や原発事故への対応問題ではないでしょうか。

特に15年も20年もデフレが続いている状況は異常です。

40歳ぐらいまでの人たちが、景気が良いという実感を感じた経験がないと言うのも異常ですし、これでは将来が明るいと感じることができないことも分かるし、閉塞感を感じるのも当然です。

そもそも世界で一番対外純資産が多い金持ち国家の日本において、毎年自殺者が3万人近くにもなること自体、政治が違っているとということではないでしょうか。

小泉や竹中たちのおかげで、地方の疲弊も深刻で、本当に国民のことを考えれば、一日も早く解決しなければならないのは経済問題です。

だから、マスコミの世論調査はあてにならないとは言え、世論調査で経済問題に一番関心が高い結果が出ることは当然です。

言い過ぎかもしれないけれど、日々の生活に困窮度が高くなっている国民にとって、96条改正が阻止されても、それがいったい何になるんだと!

もちろん、国民の生活と無関係なことではないけれど、それよりも、日々の生活が安定しない現状を何とかしてくれと言う声が高くなるのは当然です。

だから、本当に国民のことを考えるのなら、経済問題が最大の焦点だと思わなければおかしいと思います。

その経済政策で、与党自民党がおおきく支持を得ているから争点にならないと言うかもしれません。

だから、野党の政治家や植草のようなリベラルからすれば憲法問題が最大の関心事になるのかも知れません。

そもそも、彼らは日々の生活は困窮していないし、政治ごっこ自体がビジネスになるのだから、呑気なことが言えるのではないでしょうか。

でも、これって、民意が重要と言いながら、民意を無視したことを言っていると思ってしまいます。

実際、野党が与党政府の経済政策であるアベノミクスを基本的に支持すること自体、大政翼賛会になっていまうと言う批判も出てくるかもしれません。

でも、アベノミクス自体は正しくても、この政策をおかしな方向にしようとしたり、利権にしようとする勢力も垣間見える現在、決して、争点化できない問題ではないと思います。

そして、とにかく、鳩山の尖閣発言の問題で、鳩山や植草たちのリベラル勢力が、本当に日本や国民のことを考えているのか、極めて怪しいことが分かってきた気がします。

もっと言えば、日本を悪くしてきた張本人ではないかとさえ思うようになりました。

読者の方々が、どのように感じられるか、様々な感じ方捉え方があると思いますが、私は、特に今回の鳩山の尖閣発言や、この問題を正当化する植草の記事を見て、ネットなどでよく噂されている、反日親中と言うことが本当ではないかと思ってしまいました。

本来なら、昨年の総選挙前後の小沢の迷走の時もそうでしたが、今回の鳩山の中国向けに行った一連の発言に対して、まったく批判しないで正当化に終始することで確信した次第です。

このように考えれば、植草が言う「参院選最大の焦点は憲法96条改正」と言うことは、呑気な政治馬鹿の発言と言うような類ではなく、彼にとっては、重要なミッションなのかもしれないと思わざるを得ません。

思うように資金調達ができない方へ

ファイナンスアレンジメント情報

ファイナンス近況 13/5

新しい運転資金のファイナンスと資金調達サポート会再募集

中小企業緊急雇用安定助成金の資料

最近スタートして好評なファイナンスサービス

最近の金融状況と提供可能なファイナンスサービス

画期的 仕入資金立替サービススタート
   

金融円滑化法 暫定リスケ

パチンコホール企業への新しいサービス

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資 続編

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資

金融円滑化法2

債務超過

金融円滑化法対策になる中小企業緊急雇用調整助成金

金融円滑化法

無担保無保証融資 第三者保証人の保証融資の留意点

不動産担保ローン実務のご案内

現在サポートが可能な資金調達

戸建ファイナンス or ブリッジファイナンス スキーム図

戸建業者、アパート開発業者向けファイナンス 続編 ブリッジファイナンスなど

戸建業者、アパート開発業者向けファイナンス

資金調達サポート会 再募集

ファイナンス情報近況

手形10回分割で中古遊技台が購入できる

金融円滑化法

あらゆるファイナンスがNGになった時の資金調達は

パチンコ業界向けファイナンス近況

できない資金調達&できる資金調達③

できない資金調達&できる資金調達②

できない資金調達&できる資金調達①

信用調査会社の評点のファイナンスへの影響

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資 続編

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資

パチンコホール向けの新しいサービス

最近の金融の状況と資金調達サポート会の現況

クレジットカード債権などの流動化とファクタリングの追加情報

ファクタリングを再認識しよう

美術品ファイナンス

資金調達サポート会の続報

根抵当権で不動産担保ローンができない

「思うように資金調達ができない方へ」資金調達サポート会

今、可能な急ぎの資金調達

ラオスのレンタルオフィス

遊技台メーカーの販売拡大サポート

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は③

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は ②

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は

非常に難しいファイナンスが可能になっています

ファイナンスの話題2題

運送業者向けリースバックサービス

従来よりも低コストのパチンコホール向けファイナンス

仕入資金調達支援サービス

運送業界向けファイナンスが完成しました

不動産担保ローンと住宅ローン系アパートローンの審査ポイントの違い

戸建業者に格好なファイナンス

新しいファイナンスサービス

木造の収益物件のファイナンス

与信が厳しくなった会社向けファイナンス

仕入れ資金に困ったときの資金調達

現在スムーズにお手伝いできる資金調達のサービス

既存取引先

どんな業種でも条件が合うとできる資金調達

返済義務がない中小企業緊急雇用安定助成金の話

割引できない手形を割り引くサービス

流動資産健全化プラン

不動産開発会社、レジャーホテル向けファイナンスと地方もOKの不動産担保ローン

運送業界向けのファイナンス

手形(当座預金)について

新年に力を入れるファイナンスアレンジメント

飲食業の店舗開発のためのファイナンスなど

新しい資金調達 与信が低く、スムーズに改装や機械など設備投資ができない会社向けサービス

少ない自己資金の流出で高い効果が見込める、税を繰り延べられる保険商品

年末の資金調達などの情報

ファイナンスの話

不動産担保ローン実例

創業融資

多くの会社にご利用いただける、リース与信を使った運転資金の調達

現在可能な現実的ファイナンスサービス

不動産担保ローンの案件はご相談

思うように資金調達ができない方へ


列島強靱化論―日本復活5カ年計画 (文春新書)/文藝春秋
¥798Amazon.co.jp

   

レジリエンス・ジャパン 日本強靭化構想/飛鳥新社
¥1,365Amazon.co.jp

   

[図解]三橋貴明のアベノミクス最終解読 (アスペクトムック)/アスペクト
¥1,000Amazon.co.jp

   

経済の自虐主義を排す 日本の成長を妨げたい人たち(小学館101新書)/小学館
¥価格不明Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-06-29 18:13:10

夕刊フジ VS 植草一秀・日刊ゲンダイ

テーマ:日々のことから

思うように資金調達ができない方へ
思うように資金調達ができない方へ

6月30日

以前なら100%どころか200%、夕刊フジの記事よりも植草一秀や日刊ゲンダイの記事を支持したと思います。

でも、昨年政権交代で安倍政権ができた頃から、植草や日刊ゲンダイの記事にはものすごく強い違和感を覚えるようになりました。

それは党利党略やイデオロギーや、それこそ歴史認識などに関係なく、慢性デフレから脱却して景気回復することは、国民のためにも何よりも早く解決しなければならないことで、その意味では正しい方向を向く安倍政権なのに、日々の株価や為替などの変化や枝葉末節的なくだらないことの上げ足取りに終始したような論調の記事に辟易としたからです。

安倍が正しい方向を向いていても、それを由としない勢力があり、その妨害こそ批判するべきなのに、むしろ正しい経済政策がうまくいかないように手伝っているかのような論調には違和感を超えて強い怒りを感じます。

その一方、夕刊フジの記事は、過去の論調から、最初は疑いながら読んでいましたが、最近は、植草や日刊ゲンダイの記事と比較するとはるかに共感を覚えるところが多く、私自身の考え方や見方が変わったこともあるかもしれませんが、植草や日刊ゲンダイの記事よりもずっとまともに感じます。

特に、今回の鳩山の尖閣発言について、その違いが明白です。

まずは、日刊ゲンダイですが、特に鳩山の尖閣発言については、本紙の細部までは見ていませんが、サイトの主要記事においては無視を決め込んでいるのか、記事自体がありません。

書く内容は別にして、何も書かないことに驚いています。

鳩山の尖閣発言を無視して、鳩山発言が起きた25日以降の主要記事はどのようなことを書いているかと言えば次の記事になります。


29日

・復興予算 デタラメ流用1兆円超

28日

・共産党 参院選も「大金星」の仰天情勢

・消費税不正還付 「ほけんの窓口」前社長の素性

・「ねじれ解消」で国力は戻るのか【高橋乗宣の日本経済一歩先の真相】

27日

・小沢一郎が語った野党再編3年シナリオ

・参院選 安倍自民を襲う側近スキャンダル

・シャドーバンク【うわさの真偽】

26日

・元CIA職員を「容疑者」と報じる日本メディアの“正義”

・また公認取り消し 自民党のユルすぎる“身体検査”

・圧勝でも不安【うわさの真偽】

25日

・ワタミ渡辺会長の手紙は選挙違反か

・動き出した小沢、野党結集シナリオ

・三保松原 逆転登録のウラに日本の札束

・半導体の季節性【うわさの真偽】

確かに無駄な記事ばかりとは言いませんが、、日中両国間の尖閣をめぐる領土で問題が起きているこの時期に、元首相が、中国向けに、また中国国内で、中国の見解が正しいといった趣旨の発言をしたことを無視する報道姿勢には驚きを感じます。

もっと言えば、日本からすれば領土問題などないと言うのが国益なのに、わざわざ領土問題が存在し、かつ中国に理があると、首相経験者が言いだしたのだから、それなりのコメントはあるはずです。

普通に考えれば、鳩山の言動が正しい、日本の国益にかなうとは、よほど心臓に毛を生やして厚顔に屁理屈をこねないかぎり難しいから、植草みたいに言い訳の記事を書くぐらいなら書かない方が良いとは言えますが、それにしても、調べてみて、記事自体がないことには驚きました。

そして、植草の記事です。

「鳩山元首相正当発言叩く偏狭ナショナリズム報道」

「鳩山元首相尖閣問題発言攻撃するメディアの無知」

と言う二つの記事があって、鳩山を擁護して、鳩山を批判するメディアを批判しています。

批判する対象が違うと思いますが、仲間だから仕方ないのでしょうか。

鳩山の発言のどこが正しくて、メディアが無知だと言っているのかと言えば、次の夕刊フジの記事に集約されます。

 

『沖縄県の尖閣諸島について、「中国側から見れば(日本が)盗んだと思われても仕方がない」と述べ、同諸島は「係争地である」との認識を示した。
中国政府は、同諸島が日清戦争末期に日本に奪われたとの立場から、「日本が清国人から盗取した一切の地域を中華民国に返還する」とのカイロ宣言を領有権主張の根拠としている。鳩山氏は、「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は、中国から見れば当然成り立つ話だ」と述べ、中国政府の言い分に理解を示した。』

  

一方、このことに対して夕刊フジでは次のように書かれています。

     

『清国の支配が及んでいる痕跡がないと確認した上で95年に編入を閣議決定しており、清国から盗んだ事実はない。
 そもそも戦後の日本の領土を法的に確定させたのは1952年発効のサンフランシスコ講和条約であり、条約でもないカイロ宣言は「法的効果を持ち得るものではない」(外務省)というのが日本政府の立場だ。かつて首相を務めた鳩山氏だが、カイロ宣言を根拠とする論理は政府見解を大きく逸脱している。
 鳩山氏は尖閣の領有権をめぐる「棚上げ」合意が存在する根拠として、野中広務元官房長官が田中角栄元首相から「聞いた」とする伝聞を引用。裏付ける文書がないにもかかわらず「これは歴史的事実だ」と決めつけた。』

     

そして何よりも違うのは国家主権に関する重要なポイントを夕刊フジは書いています。

 

『中国の気持ちも分かるから、歴史的・法的経緯はともかく、紛争があれば係争地だ』と言った。
 でも、国家は「主権、国民、領土」があって成立する。他国からの不当な侵略行為を受けて、それらを譲れば、国家として成り立たない。鳩山氏のいうように、歴史や国際法を無視して「紛争があれば係争地」という理屈を許せば、国際社会は無秩序に陥り、暴力的で強欲な国の主張がまかり通る。現に、中国は尖閣周辺に連日公船を侵入させ、圧力をかけている。』


鳩山や植草のように、絶対的かどうかが分からないカイロ宣言などを持ち出して、とにかく紛争があれば係争地などと言っていたら、覇権国家が存在して、その覇権国家が難癖をつけて来たら、なんでも係争地になって、領土問題化してしまうわけで、習体制になってからの中国を見れば、中国に非常に都合の良いことを言っていることになります。

    

ぜひ夕刊フジの次の記事も目を通していただければと思います。

“売国発言”鳩山氏の「元首相特権」剥奪を!SPも不要 片山さつき氏

鳩山氏“売国発言”に識者ら激怒!「許しがたい」「頭がお花畑に…」

“迷走”鳩山氏に非難相次ぐ “発言”で浮かび上がる事実誤認と勉強不足

鳩山氏、李克強首相と面会 売国的な元首相を中国厚遇

   

領土問題のような切った張ったの現実的に利益が相反する外交問題について、学者の論争のような話でもって、相手国の中国の立場を尊重することが、日中問題良好な関係をもたらすと、性善説のようなことを鳩山や植草は言いたいのだろうけれど、私はとんでもないと思います。

こんな人物たちに政治を任せたら、尖閣問題も中国に実行支配されてから、文句を言いそうで、冗談じゃないと思います。

日本のリベラルが安全保障について、いかに頼りないのかよく分かった気がしました。

日本の国民は馬鹿じゃないから、もうリベラルの復活はあり得ないと思います。

鳩山のおかげで、リベラルの政治家の駄目さ加減は尋常ではないことがよく分かりました。

しかし、ここまで露骨な親中体質を明らかにした鳩山、そして植草って何なんだろう!と感じました。

思うように資金調達ができない方へ

ファイナンスアレンジメント情報

ファイナンス近況 13/5

新しい運転資金のファイナンスと資金調達サポート会再募集

中小企業緊急雇用安定助成金の資料

最近スタートして好評なファイナンスサービス

最近の金融状況と提供可能なファイナンスサービス

画期的 仕入資金立替サービススタート
   

金融円滑化法 暫定リスケ

パチンコホール企業への新しいサービス

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資 続編

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資

金融円滑化法2

債務超過

金融円滑化法対策になる中小企業緊急雇用調整助成金

金融円滑化法

無担保無保証融資 第三者保証人の保証融資の留意点

不動産担保ローン実務のご案内

現在サポートが可能な資金調達

戸建ファイナンス or ブリッジファイナンス スキーム図

戸建業者、アパート開発業者向けファイナンス 続編 ブリッジファイナンスなど

戸建業者、アパート開発業者向けファイナンス

資金調達サポート会 再募集

ファイナンス情報近況

手形10回分割で中古遊技台が購入できる

金融円滑化法

あらゆるファイナンスがNGになった時の資金調達は

パチンコ業界向けファイナンス近況

できない資金調達&できる資金調達③

できない資金調達&できる資金調達②

できない資金調達&できる資金調達①

信用調査会社の評点のファイナンスへの影響

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資 続編

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資

パチンコホール向けの新しいサービス

最近の金融の状況と資金調達サポート会の現況

クレジットカード債権などの流動化とファクタリングの追加情報

ファクタリングを再認識しよう

美術品ファイナンス

資金調達サポート会の続報

根抵当権で不動産担保ローンができない

「思うように資金調達ができない方へ」資金調達サポート会

今、可能な急ぎの資金調達

ラオスのレンタルオフィス

遊技台メーカーの販売拡大サポート

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は③

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は ②

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は

非常に難しいファイナンスが可能になっています

ファイナンスの話題2題

運送業者向けリースバックサービス

従来よりも低コストのパチンコホール向けファイナンス

仕入資金調達支援サービス

運送業界向けファイナンスが完成しました

不動産担保ローンと住宅ローン系アパートローンの審査ポイントの違い

戸建業者に格好なファイナンス

新しいファイナンスサービス

木造の収益物件のファイナンス

与信が厳しくなった会社向けファイナンス

仕入れ資金に困ったときの資金調達

現在スムーズにお手伝いできる資金調達のサービス

既存取引先

どんな業種でも条件が合うとできる資金調達

返済義務がない中小企業緊急雇用安定助成金の話

割引できない手形を割り引くサービス

流動資産健全化プラン

不動産開発会社、レジャーホテル向けファイナンスと地方もOKの不動産担保ローン

運送業界向けのファイナンス

手形(当座預金)について

新年に力を入れるファイナンスアレンジメント

飲食業の店舗開発のためのファイナンスなど

新しい資金調達 与信が低く、スムーズに改装や機械など設備投資ができない会社向けサービス

少ない自己資金の流出で高い効果が見込める、税を繰り延べられる保険商品

年末の資金調達などの情報

ファイナンスの話

不動産担保ローン実例

創業融資

多くの会社にご利用いただける、リース与信を使った運転資金の調達

現在可能な現実的ファイナンスサービス

不動産担保ローンの案件はご相談

思うように資金調達ができない方へ


列島強靱化論―日本復活5カ年計画 (文春新書)/文藝春秋
¥798Amazon.co.jp

   

レジリエンス・ジャパン 日本強靭化構想/飛鳥新社
¥1,365Amazon.co.jp

   

[図解]三橋貴明のアベノミクス最終解読 (アスペクトムック)/アスペクト
¥1,000Amazon.co.jp

   

経済の自虐主義を排す 日本の成長を妨げたい人たち(小学館101新書)/小学館
¥価格不明Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-06-28 16:25:37

鳩山の尖閣発言の動画をご覧ください。

テーマ:日々のことから
思うように資金調達ができない方へ
思うように資金調達ができない方へ
6月28日

今話題になっている鳩山の尖閣発言の動画をアップしようとしましたが、どの関連動画も「不正な文字列が入力されていますのでプレビューできません 」となってアップできません。

ちゃんと反映されている埋め込みコードと比較しても、疎い私にはその差異が分かりません。

だから、今日はURLを紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

関連動画はいくつもありますので、ご覧いただければと思います。

代表的な動画のURLは https://www.youtube.com/watch?v=7OJoBnBjzVk  です。

https://www.youtube.com/watch?v=RpOfzq2FZp8  も、良かったら参考までにご覧ください。

     

そして、下記の新聞記事は読売の記事です。

読売!!と思われる方も多いかと思いますが、いくつかの動画で鳩山の発言を確認しましたが、次の記事にねつ造部分や脈略の違う部分もないと思います。

   

山元首相「尖閣盗んだ」発言...菅長官「絶句」

 【広州=吉田健一】鳩山由紀夫元首相は25日放送された香港のフェニックステレビとの­インタビューで、沖縄県の尖閣諸島について、「中国側から見れば(日本が)盗んだと思­われても仕方がない」と述べ、同諸島は「係争地である」との認識を示した。

 中国政府は、同諸島が日清戦争末期に日本に奪われたとの立場から、「日本が清国人から­盗取した一切の地域を中華民国に返還する」とのカイロ宣言を領有権主張の根拠としてい­る。鳩山氏は、「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は、中国から見れば当然成り立­つ話だ」と述べ、中国政府の言い分に理解を示した。

 鳩山氏はまた、同諸島を巡る問題の「棚上げ」について、「文書ではないが、41年前に­周恩来首相と田中角栄首相の間で合意したのは事実だ」と主張した。     ◇

 (2013年6月26日07時14分 読売新聞)

    

またこの香港のテレビのインタビューの後、北京でまた同様の発言があったと時事通信の記事は伝えています。

 

尖閣「盗んだものは返すのが当然」=鳩山元首相、中国でも発言

【北京時事】鳩山由紀夫元首相は27日、北京市内で開かれた清華大学主催のフォーラムに出席し、沖縄県・尖閣諸島について「ポツダム宣言の中で日本が守ることを約束したカイロ宣言は『盗んだものは返さなければならない』としており、中国側が(返還すべき領土の中に尖閣諸島が)入ると考えるのも当然だ」と述べた。
 鳩山氏は訪中前、香港のフェニックステレビのインタビューで同様の発言をし、菅偉官房長官が25日に「絶句した。開いた口がふさがらない」と批判。この日の発言は、講演後の質疑応答の中で、傅瑩・全国人民代表大会外事委員会主任委員(前外務次官)と同席した公開の場で飛び出した。中国でも日本政府と異なる見解を改めて強調したことで、波紋が広がる可能性が高い。
 1943年のカイロ宣言は「満州、台湾、澎湖諸島のように日本が清国から窃取した一切の地域を中華民国に返還する」としており、中国はその中に尖閣諸島が含まれると主張。鳩山氏は「カイロ宣言の中には(返還されるべき領土として)台湾、澎湖諸島以外の島もあると中国側が考えるのは当然だ」と指摘。
 さらに「(日清戦争終了直後の1895年の)下関条約ができる3カ月ほど前に(尖閣諸島は)日本領として閣議決定した事実がある。中国側として中華民国に返せという中に当然入るのではないかという理解は成り立ち、それを否定するものではない」と語った。
 鳩山氏はフォーラム出席後、記者団に対し、尖閣諸島は日中が国交正常化した「約40年前に棚上げしようと決めた」と述べ、日本政府が否定する領有権の棚上げがあったとの認識を示した。 
(2013/06/27-22:10)


ご覧になってみて、どのような感想を持たれたでしょうか?

人それぞれだと思いますが、動画を観て鳩山の今回の発言を判断していただくのと、新聞記事だけではニュアンスは違うと思います。

そして、この鳩山発言の言い訳と言うか、鳩山発言を正当化する記事を書いているのは植草です。

植草の記事もご覧いただくと面白いと思います。

鳩山元首相尖閣問題発言攻撃するメディアの無知

敢えて、鳩山の発言や植草の記事が正しいかどうかなど書きませんが、嫌な気持ちになるのは確かですし、この辺りのリベラルを支持する気は1000%、少なくとも私は失せました。

思うように資金調達ができない方へ

ファイナンスアレンジメント情報

ファイナンス近況 13/5

新しい運転資金のファイナンスと資金調達サポート会再募集

中小企業緊急雇用安定助成金の資料

最近スタートして好評なファイナンスサービス

最近の金融状況と提供可能なファイナンスサービス

画期的 仕入資金立替サービススタート
   

金融円滑化法 暫定リスケ

パチンコホール企業への新しいサービス

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資 続編

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資

金融円滑化法2

債務超過

金融円滑化法対策になる中小企業緊急雇用調整助成金

金融円滑化法

無担保無保証融資 第三者保証人の保証融資の留意点

不動産担保ローン実務のご案内

現在サポートが可能な資金調達

戸建ファイナンス or ブリッジファイナンス スキーム図

戸建業者、アパート開発業者向けファイナンス 続編 ブリッジファイナンスなど

戸建業者、アパート開発業者向けファイナンス

資金調達サポート会 再募集

ファイナンス情報近況

手形10回分割で中古遊技台が購入できる

金融円滑化法

あらゆるファイナンスがNGになった時の資金調達は

パチンコ業界向けファイナンス近況

できない資金調達&できる資金調達③

できない資金調達&できる資金調達②

できない資金調達&できる資金調達①

信用調査会社の評点のファイナンスへの影響

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資 続編

債権譲渡禁止特約と第三保証人融資

パチンコホール向けの新しいサービス

最近の金融の状況と資金調達サポート会の現況

クレジットカード債権などの流動化とファクタリングの追加情報

ファクタリングを再認識しよう

美術品ファイナンス

資金調達サポート会の続報

根抵当権で不動産担保ローンができない

「思うように資金調達ができない方へ」資金調達サポート会

今、可能な急ぎの資金調達

ラオスのレンタルオフィス

遊技台メーカーの販売拡大サポート

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は③

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は ②

できない資金調達を、できる資金調達にする方法は

非常に難しいファイナンスが可能になっています

ファイナンスの話題2題

運送業者向けリースバックサービス

従来よりも低コストのパチンコホール向けファイナンス

仕入資金調達支援サービス

運送業界向けファイナンスが完成しました

不動産担保ローンと住宅ローン系アパートローンの審査ポイントの違い

戸建業者に格好なファイナンス

新しいファイナンスサービス

木造の収益物件のファイナンス

与信が厳しくなった会社向けファイナンス

仕入れ資金に困ったときの資金調達

現在スムーズにお手伝いできる資金調達のサービス

既存取引先

どんな業種でも条件が合うとできる資金調達

返済義務がない中小企業緊急雇用安定助成金の話

割引できない手形を割り引くサービス

流動資産健全化プラン

不動産開発会社、レジャーホテル向けファイナンスと地方もOKの不動産担保ローン

運送業界向けのファイナンス

手形(当座預金)について

新年に力を入れるファイナンスアレンジメント

飲食業の店舗開発のためのファイナンスなど

新しい資金調達 与信が低く、スムーズに改装や機械など設備投資ができない会社向けサービス

少ない自己資金の流出で高い効果が見込める、税を繰り延べられる保険商品

年末の資金調達などの情報

ファイナンスの話

不動産担保ローン実例

創業融資

多くの会社にご利用いただける、リース与信を使った運転資金の調達

現在可能な現実的ファイナンスサービス

不動産担保ローンの案件はご相談

思うように資金調達ができない方へ


列島強靱化論―日本復活5カ年計画 (文春新書)/文藝春秋
¥798Amazon.co.jp

   

レジリエンス・ジャパン 日本強靭化構想/飛鳥新社
¥1,365Amazon.co.jp

   

[図解]三橋貴明のアベノミクス最終解読 (アスペクトムック)/アスペクト
¥1,000Amazon.co.jp

   

経済の自虐主義を排す 日本の成長を妨げたい人たち(小学館101新書)/小学館
¥価格不明Amazon.co.jp


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /