1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-11-30 01:22:43

サブプライムローンの影響が身近に・・・・

テーマ:日々のことから


ひらめき電球 人気ブログランキング   有名ブログランキング よろしくお願いいたします。

 

11月29日 

サブプライムローンがきっかけになった経済混乱の影響は様々ですが、

タワーみたいな大型オフィスビルや、

高級賃貸マンション市場にも多大な影響が出ています。
 

外資が数多く入居していたタワーオフィスビルの需要は減少し、

タワーオフィスビルの象徴の様な存在の六本木ヒルズにおいても、

新規募集家賃は先月の初め聞いたときで坪3万円ちょっとで、 

29,000円位なら入居可能と言う噂を聞きました。

六本木ヒルズが3万円なら、予定募集家賃は高いんじゃないかと思われる物件も多く、

特に新しくできた大型ビルの想定レントロールを見ると、

ほとんどの物件で基準階が3万円を大きく超えています。

この計算でいくら利回りがCapで6%とか言われても、現実的ではなく、

この流れはさらに顕著になっていくから、

50億円を超える大型物件市場も、まだ売り手市場であることには間違いないと思いますが、

弱含みになってきているは確実です。 

 
弱含みになってきているのは大型のオフィスビルだけでなく、

リーマンの破綻やメリル、AIGなどの事業縮小の影響で、

数多くの外国人スタッフが日本を離れた結果、

彼らが好んで住んでいた都心5区の高級賃貸マンション市場にも、

大きな影響が出ています。

 

都心で見る外国人の数が明らかに減ったと感じるので、

何人かに聞いたところ、みんな同じ感想を持っていて、

かなりの数の外国人がいなくなったと思います。

当然彼らが住んでいた高級賃貸マンションの空室が多くなり、

これまた家賃相場が下落しているのは確実です。

最近まで家賃が月額100万どころか、200万も300万もする賃貸マンションがあって、

一体誰が住むのかと聞くと、そのほとんどは外資系、

特に金融機関や不動産投関連企業の、幹部の住まいとしての需要が多いと聞いていたので、

これじゃ家賃相場が下がるのは理解できるし、

この市場を当て込んだ開発計画も見直す必要に迫られているようです。

そして当然ながら彼等の生活関連の施設や店舗も景気が良くないのは当然です。 

 

東京は今後も、サブプライム問題で傷つき撤退する企業が多い半面、

新たに今がチャンスと思って参入してくる企業も多いから、

また3年先、5年先になれば回復していると思いますが、

でも、ここ数年間は、大型オフィスビルも高級賃貸マンションも、

スポーツクラブも飲食店も服飾店も高級車を販売する会社も、

厳しい状況が続くと思われます。

 

少し話は変わりますが、銀座の高級クラブなんかも、その景気は経済状況とリンクしていて、

昨年までなら不動産会社関連が上客でしたし、

今年の夏頃までは、外資系ファンドや金融機関の日本人スタッフ等が上客でしたが、

夏以降、特にリーマンショック以降は非常に寂しい状況になっているようです。

 

このように間違いなく景気の悪さの連鎖は広まりつつあると思います。

この連鎖は外資への影響だけではなく、

日本の輸出関連企業の雇用にも影響が大きく出ていて、

これまた従業員の生活関連の会社や店舗の業績に影を落とし、

不景気の連鎖は深刻になって来ていると思います。

 

こんな時、政治はしっかりしてくれないと困るのですが、

麻生政権もかなりやばい状況になってきたように感じます。

私自身、このブログでも書いていたように、それなりに支持していたし、

安倍、福田政権に比べれば何倍も真っ当だと思っていました。

それは、世界的な経済混乱で解散総選挙どころではなく、

まずは経済対策、それも国内景気や中小企業の資金繰りに集中した対策を、

スピード感を持って優先すると言っていたからです。

 

ところが解散総選挙が遠のくと見るや、

馬鹿な財政タカ派的な連中が消費税を上げないとどうしようもない時期に来ていると、

ここぞとばかり消費税増税キャンペーンを打ち上げ始めました。

止せばいいのに、麻生さんまでがこの話をし始めたから、

減税の話や高速道路の料金を下げると言っても、支援を増やすと言っても、

将来負担が重くなると思えば誰も消費にお金を回そうとはしなくなるから、

景気浮揚策に氷水をぶっ掛けるような結果になり、

何よりも、麻生首相も話のぶれる政治家だと思わせてしまったから、

支持率が急降下するのは当然で、

本当に安倍福田政権どころじゃない短命政権になるかも知れない状況になってきました。

 

あと総額2兆円の定額給付金という景気浮揚策もありましたが、

これまた与謝野経済財政担当など財政タカ派が、

高額所得者にまで給付金をばら撒くのはおかしいとイチャモンをつけて、

この年末の景気対策には間に合わなくなりました。

この政策の是非は別にして、

何よりも経済対策と言って解散総選挙を先延ばししてきた正当性がなくなり、

断固として経済対策をやっていくと言う首相のリーダーシップがないと分かるや、

大きく支持率を落とし、自民党内部からも批判が出てくるのを見ると、

確実に政権末期のような状況になってきたと思われます。

 

3年も経たないうちに首相が3人も代わる国なんてどこかありますか?

これじゃ内需拡大や国の無駄をなくすなんてことは夢また夢ですよね。

おまけ二次補正予算案も年内には間に合わないみたいで、

「政局より政策優先」と解散を先送りし、

経済対策の「ポイントはスピード」だと言っていたのに・・・・

これじゃ麻生さんへの期待感や支持がなくなるのは当たり前です。

 

一時、任期満了の来年9月まで麻生政権は解散総選挙をしないのかと思いましたが、

間違いなく解散総選挙は近いと感じていますが、どう思われますか?

 

  




   

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-29 02:41:04

年末を迎えて

テーマ:資金調達


ひらめき電球 人気ブログランキング   有名ブログランキング よろしくお願いいたします。

 

11月28日

仕事上11月最後の週が終わりました。

12月になる前には、去年も書いたように思いますし、

お目にかかるお客様には必ずお話していることですが、

12月になってからする資金調達は時間的に非常にタイトになります。

 

なぜかと言うと実質上20日くらいまでしか金融機関は機能しないし、

12月は資金需要が旺盛な時期ですから、いつも以上に融資の申し込みが混むからです。

 

であるのに、毎年この時期になると必ず、
弊社には、数日しかない急ぎの資金調達の話が数多く舞い込んできます。

今年は特に多くなるかもしれません。

 

急ぎの資金調達となると、事業ローンのノンバンクを利用することが多いのですが、 

現在、事業ローンを行うノンバンク自体機能していない会社が多いので、

このようなご相談を受けても、打診するところが非常に少ないのが現状です。

また、ノンバンクから見て、競争相手が減ってきているので、

審査を厳しくしても顧客を確保できるから、

審査も厳しくなり融資条件もかなり悪くなっています。

ですから、ホームページなどで、

融資額1000万円でスピード融資も可能なんて書いてあっても、

書いてあるだけで、鵜呑みしてかかると大変なことになってしまうから要注意です。

 

中には、冷静な判断をなくしているとしか思えないお客様もいて、

数日で融資が可能な銀行を紹介して欲しいと言った、

メチャクチャなご相談を受けることもありますが、

このような常識外のニーズでなくても、

今年、銀行はセーフティーネット融資で忙しいから、

融資は例年よりはるかに時間がかかると思ったほうが安全です。

セーフティーネット融資についても少なくとも来週前半までに申し込まないと、

年内は厳しいかもしれないので必要なら早めに手続きをしていただきたいですね。

 

そして、現実的に言って、10日頃になっても年末年始の資金調達の目処が立たない時は、

お知り合いからの調達以外では時間的に間に合わない可能性が高いから、

このような資金調達ができないようなら、

早めに支払い先に支払いや決済ができないことを伝えることが大事です。

支払い先も、20日を過ぎてから言われると、

それこそ、自身の資金調達ができないから、了承したくてもできません。

だから早めに言うことが大切です。

 

ただ、ここで気をつけないといけないのは、

年末年始の支払い猶予を12月10日位に頼んだ場合、

支払いを延期される側にとって見れば、本当に支払いができないのどうか分からないし、

社内的にも対銀行に対してもコンセンサスはすぐには取りにくいから、

すぐに快諾することはまずはないと思います。

 

ですから、早めに頼んだとしても、YESと言われるまでには、

時間もかかるし、何度も何度も粘り強く誠意を持ってお願いすることが必要です。

でもこのようなことが分からない経営者が多いのにも驚きます。

1階拒絶されると、すぐに諦めて、無理と思ってしまい、

街金に駆け込むようなことをしてしまったり、

弊社のようなところに血相を変えて相談に来て、

支払いの延期しかないとアドバイスすると、

それは絶対にできないと言い張り、何度頼んだのかと聞くと、

1回か2回言っただけだったりして驚く時があります。

ずいぶん諦めが早いと思うし、よくそんな性格で会社経営をしているとさえ思います。

 

誰しも支払猶予や延期を頼むのは嫌なことなのはあたり前です。

中には高圧的に威嚇されたり、人格否定のようなことを言われることもあるかもしれませんが、

これは迷惑をかけるのだから当然で、こんなことに怯んで街金に行くようでは、

経営者として資格がないとしか言いようがありません。

 

YESと言われるのは支払日に近くならないと多分言われないことが多いと思いますが、

予定通り支払いが難しいと思ったら、先延ばしせず、すぐに話に行き、

誠意を持って何度も何度も粘り強くお願いすることが何よりも重要です。

 

くれぐれも、支払日の前日や当日になって伝えたり、

まして、逃げたりはしないようにして下さいね。

こんなことをしたら、会社を存続させること自体難しくなるのでお話になりません。

 

融資を受ける時だって同じです。

金融機関から1回や2回NGと言われて諦めるようじゃ、経営者の資格はありません。

会社経営は熱意がないと勤まらず、まさに支払猶予のお願いにしても、

融資の打診だって、できるまで粘る熱意がないと実現はしません。

一度や二度の拒絶に会って怯むようなことじゃ、

会社経営なんて無理だから、転職をお奨めしたいくらいで、

そのぐらい会社経営には熱意や信念や粘りが必要だと思います。

 

年末年始を心安らかに過ごすためにも、

しんどい事は早めに処理するようにしていただければと思います。

 

信用失墜を最小限に食い止めた支払猶予は、

今のように金融環境が悪い時期は、立派な資金調達の一つだと思います。




   

メラメラこの本は真剣にお奨めします。日本は財政危機ではない!/高橋 洋一

¥1,785

Amazon.co.jp

 

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ/ジョージ・ソロス

¥1,680

Amazon.co.jp

 

恐慌前夜/副島 隆彦
¥1,680
Amazon.co.jp
  
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)/上杉 隆
¥777
Amazon.co.jp
 
官僚との死闘七〇〇日/長谷川 幸洋
¥1,785
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-28 02:55:45

杞憂でなければ良いが・・・ パシフィックホールディングス

テーマ:不動産関連


ひらめき電球 人気ブログランキング   有名ブログランキング よろしくお願いいたします。

 

11月27日

今日は寒い一日でした。1月の気温とのこと。

でも冬が好きだから、1月の寒さなんかこんなものだったかと、逆に安心しましたね。

 

今日朝刊を読んでいて、一番目に付いたのが次の記事でした。

 

経営再建中の不動産ファンド大手、パシフィックホールディングスは来年2月までに優先株発行などで総額約474億円を調達すると発表した。優先株などを引き受けるのは、中国の複数の上場不動産会社という。パシフィックは中国企業の社名を開示しておらず、資金調達が完了し次第、開示するとしている

 中国の不動産会社は投資の受け皿として、日本の不動産会社、中柏ジャパン(東京・千代田)を使う。中柏ジャパンはパシフィックが実施する第三者割当増資と、新規に発行する普通社債をすべて引き受けるという。

 

匿名で書いているから気軽に書けるのですが、

ずっと昔になりますが、スーパーのヤオハンが潰れる前にあった報道と良く似ていて、

かなり嫌な印象を私は受けてしまいました。

 

実はこれも匿名だから書けるのですが

パシフィックホールディングス関連企業所有の物件を弊社の顧客が検討していて、

詳しくは書けませんが、明らかにパシフィックホールディングスの体力が弱りきってきたと思えることがあった矢先のことだったので、余計に感じたのかもしれません。

 

普通はプレスリリースする時は出資者の社名を開示するのが普通で、

ヤオハンの時も香港の投資筋が資金を提供することが決まったと言う報道がありましたが、

結局、投資家の名前は開示がされず、その後まもなく破綻した記憶があります。

 

杞憂なら良いのですが、この記事を読んで感じたのは、

常識的に考えれば、あくまでも推測ですが、投資家の名前が開示できないのは、

まだ出資が鉄板の状態ではないからではないでしょうか。

もしそうだとすれば、なぜ急いでこの時期にプレスリリースしたのか?

これも推測ですが、厳しい状況になっているからで、本当にギクッとしました。

 

ただ、投資の受け皿をする中柏ジャパンの事を調べると、

この会社のことは良く分かりませんが、株式会社経営共創基盤 の子会社であるらしく、

同社のホームページを見てみるとまともな会社で、この部分はヤオハンとは違うかと思いますが、

でも出資者が開示されない時期でのプレスリリースは、やはり違和感を覚えます。

 

不測の事がなければ良いと思いますが、

あくまでも勘ですが、すごく嫌な感じを受けた記事でした。

ちゃんと出資されれば良いし、今日の記事はあくまでも感想をそのまま書いただけなので、

この辺りはご了承のほどを・・・

  




   

メラメラこの本は真剣にお奨めします。日本は財政危機ではない!/高橋 洋一

¥1,785

Amazon.co.jp

 

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ/ジョージ・ソロス

¥1,680

Amazon.co.jp

 

恐慌前夜/副島 隆彦
¥1,680
Amazon.co.jp
  
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)/上杉 隆
¥777
Amazon.co.jp
 
官僚との死闘七〇〇日/長谷川 幸洋
¥1,785
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /