1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-07-31 02:50:39

まだこんなくだらないことを言っているのか・・・・自民党議員

テーマ:日々のことから

ドンッお知らせ  このブログの資金調達の部分を集めた 資金調達 虎の巻  を開設しました。 


ドンッお知らせ  このブログの資金調達の部分を集めた 資金調達 虎の巻  を開設しました。 

7月30日

津島自民党税制会長(バリバリの大蔵省の元官僚)のインタビューを読んで、

このオッサンまだこんな世迷いごとをしゃべっているのかと、

忌憚なく言って、国民を騙すような妄言を吐くなと思いました。

まずはお読みください。。


自民党の津島雄二税制調査会長は日本経済新聞社のインタビューで、2009年度税制改革での消費税の扱いに関して「社会保障の給付と税について、中期的な選択肢を示したい」と述べた。今秋の議論では増税の幅や時期に関する結論を出さず、複数案の提示にとどめる意向で、来年度の消費税引き上げを事実上見送る方針を初めて表明した。

 津島氏は「消費税は福祉財源の目的税にするのが望ましい」と、地方に回る財源を含めて消費税の全額を福祉目的税化すべきだと強調。そのうえで「年金や医療、介護の安定性を維持するにはどうしたらいいかを具体的に示す」と語り、財源となる消費税の税率次第で社会保障の各分野のサービスがどう変わるのかを来年度税制改正大綱で具体的に示す方針を明らかにした

 

このブログでも取り上げましたが、

1ヶ月前あたりにやった世論調査では、社会保障を今の水準で維持するためなら、

消費税を上げることはやむ得ないと言う意見がけっこうあります。

そして、この狸オヤジが言っているように、

消費税は福祉財源の目的税であれば望ましいと言うのも、

国民の中で消費税を容認するための条件になっているようで、

このオッサンの記事の中のようなプロパガンダもたいしたものだと感心してしまいます。

 

この一見、まっとうな意見を言っているようで、

この話には大きなウソ、それも国民、そして国家の利益に反する、

言い方は古いけれど売国奴的な、官僚体制維持のためのウソがあります。

 

よく思い出していただきたいのですが、

先日特別会計のことも触れましたが、

官僚のための壮大な無駄が毎年何十挑円もあることはまず間違いのない事実です。

おまけに特別会計の余剰金の額も、

自民党の大蔵省出身の幹事長でさえ下記記事のように、10~15挑円位あると認めているし、

「官僚国家の崩壊」と言う本を書く、中川秀直元官房長官は40~50兆円あると言っています。

中には、自民党の中ではまともな政治家と思っているのに、

この問題になると不明になる与謝野馨前官房長官のような人物もいますが・・・・

 

自民党の伊吹文明幹事長は29日のテレビ朝日番組で、特別会計の積立金などのいわゆる「霞が関埋蔵金」について「ふるいにかければ10兆―15兆円ある」との認識を示した。消費税増税については「年金、医療、介護というすべての人が受益するもの(の財源)は消費税だ」と述べたうえで、税率の引き上げ時期については「(今後)2、3年だろう」との認識を示した。

 「埋蔵金」を巡っては、中川秀直元幹事長が「40兆―50兆円」と主張する一方、与謝野馨前官房長官が会長を務める党財政改革研究会は「埋蔵金はない」とする報告書をまとめている。伊吹氏は埋蔵金から巨額の財源を生み出せるとの考えには「無理だ。積立金はおのおの目的のために積み立てられている」と反論した。


官僚国家の崩壊/中川 秀直

¥1,785

Amazon.co.jp

 

よく言われる話ですが、消費税1%の増税効果は約2.5兆円と言われています。

また、財務省が現実的に狙う消費税アップは3%とも言われていますので、

要は消費税で年間7.5兆円の増税を目論んでいることになります。

ですから、中川元官房長官の論で言えば、

約7年分は特別会計に眠る埋蔵金を使えば良いことになります。
 

そして確かに埋蔵金といわれるお金は余剰金ですから、

使ってしまえばなくなるので、特別会計の埋蔵金を認める自民党政治家も、

毎年のフローの部分での改革(増税)をしていかないと抜本的な対策にならないと言うのですが、

これがまったくウソの世界です。

 

世界でも先進諸国の中では医療費が少ない日本で、

官僚達役人と癒着する業界のメリットにしかならない道路には、

すべて無駄とは言いませんが毎年10年間にわたって5.9兆円/年もかけるのに、

後期高齢者の問題でも分かるように、高齢者の医療を削るんだからまったくひどいものです。

この道路財源の問題でも、消費税1%分くらいは捻出できそうですし、

先日、特殊法人と独立行政法人の役職員の給与水準が、

国家公務員の給与水準より高いという記事を書きましたが、

その存在さえ本当は必要なのかどうか疑わしい組織だってあるこれら法人に、

おそらく数十兆円以上の国のお金が使われています。

 

確たる資料がないのが残念ですが、

例えば、特殊法人には2001年度で約40兆円のお金が流れていると言われ、

また特殊法人と比較すると、ろくな仕事もない、

独立行政法人には年間6億円の国費が使われていると言われ、

さらには無駄な宝庫としか思えない公益法人と独立行政法人には、

年間20兆円以上の国費が流れているという、これは民主党の主張ですが、

このあたりの正確な情報開示がないから特定できないにしろ、

毎年数十兆円の無駄が官僚達役人の既得権益維持のために使われているのは、

どうやら間違いがないと思われます。

 

だから特別会計の埋蔵金どころか年間数十兆円の無駄があるわけですから、

自民党の津島雄二税制調査会長の記事の中にもあるような発言が、

いかにウソで悪意に満ちた話か理解していただけると思います。

くだらない不要な公益法人などをぶった切るだけで、

民主党が主張するように、社会保障などおつりが出るくらいの財源があるのだから、

この国の今の姿は異常です。

 

国民の公僕に過ぎない官僚など役人達の力が肥大化し、

一番偉くなっている様は世界に恥じるべき事態と思います。

このような現状を許した一番の責任は政権与党の自民党にあり、

さらに言えばこんなだらしのない自民党に政治を任せた国民にも大きな責任があります。

記事のような、大蔵省出身の代議士を選ぶ国民の顔が見たいものだと思ってしまいます。

 

くれぐれも、自民党の消費税論議のウソに騙されないようにしていきたいと思います。

 

ひらめき電球 人気ブログランキング   有名ブログランキング



メモ

内容や費用につきましては、当ブログの次のページをご覧ください。

弊社の業務内容に対する皆様からのご質問

弊社の業務内容に対する皆様からのご質問2

 

本 資金調達 虎の巻  

 このブログの資金調達の部分を中心に、どこに何が書いてあるのか分りやすくした、

 データベース的なブログです。

 まだ未完成ですが、数ヶ月書けて改良していく予定です。 

 

   

おみやげ宅配サービス ギフトランド
海外旅行に行く前に日本でおみやげを買える!


住友信託銀行100%出資 不動産担保ローンのファーストクレジット!

 

ビジネスローンのシティズ

   

新金利15~18%。阪急のスタッフィ

  

高級賃貸マンション

  

かりれ~るドットコム

 

さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白/高橋 洋一

¥1,785

Amazon.co.jp
 


連鎖する大暴落―静かに恐慌化する世界/副島 隆彦

¥1,575

Amazon.co.jp
 

アメリカ狂乱 次の大統領統は誰か/日高 義樹

¥1,470

Amazon.co.jp
 

「俯瞰」でわかる決算書/中村 亨

¥1,575

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-07-30 05:38:47

今日は更新を休みます

テーマ:ブログ

いつもありがとうございます。

今日は都合により更新を休みます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-07-26 13:27:10

民主党の代表選 無投票はNG

テーマ:日々のことから

ドンッお知らせ  このブログの資金調達の部分を集めた 資金調達 虎の巻  を開設しました。 


ドンッお知らせ  このブログの資金調達の部分を集めた 資金調達 虎の巻  を開設しました。 

 

7月28日

私が自民党を忌み嫌い、民主党に政権交代して欲しい理由は、

ずっと読んでいただいている方なら理解してもらっていると思いますが、

ともかく政権交代のない緊張感のない政治が続き、

官僚たち役人組織と政権与党である自民党の関係がまさに一体化してしまっていて、

とんでもない無駄を作り出し、国をも滅ぼすかのような状況を引き起こしているからです。

そして、口ではいろいろ言っているけど、

官主導の政治を改革することは、今の自民党では無理だと思うからです。

 

ここで自民党の中にどのくらい官僚出身の国会議員がいるのかと興味を覚え、

調べてみることにしました。

もちろん、官僚出身者が全員悪者で売国奴とまでは言いませんが、

官僚出身の国会議員の数はどんなものかと調べてみると、

やはり圧倒的に官僚出身の議員が多いのは自民党ですね。

 

なかなか分かりやすい資料がなく、少し信憑性に疑問はありますがご覧ください。

そんなに実態と違っていないと思います。

まずは自民党ですが、衆議院305人中52人、参議院84人中18人、合計70人が官僚出身。

そして民主党は、衆議院113人中15人、参議院113人中8人、合計23人が官僚出身です。

 

ただこれだけ見ると民主党だってけっこういて、

この23人がどのような人物かは調査して後日書きたいと思っていますが、

代表的な存在は岡田元代表で元通産官僚です。

また常日頃、非常に支持している藤井裕久氏ですが、

大蔵省で主計官まで務めたバリバリの官僚で、しかもその後、大蔵大臣にもなっています。

でも、こんな経歴の持ち主でも、テレビ番組などで特別会計の問題や官僚支配の問題を

正面から批判していて、超がつくほど真っ当な政治家で、

このような人がいるから、官僚出身=悪者とは言えないと思わせるぐらいです。

しかし、こんな人ばかりではなく、民主党の中にも後日政権交代しようとする時に、

急に官僚や自民党と癒着する輩もいるかも知れず、暇な折にでも調べてみようと思っています。

場合によれば、政権交代をする時、民主党のアキレス腱になるかも知れないからです。


官僚出身者でいても、要は官僚から政治を取り戻す気概を本当に持っているかどうかが問題で、

少なくとも、年金問題を見ても、まったく官僚や役人をコントロールできない自民党には、

もう任せて置けないと言うのが政権交代を望む大きな理由で、

そのために野党第一党の民主党を今は支持しています。


ともかく政治家と官僚が一体化していては、任期などない官僚が力を持つのはあたり前で、

政権交代によって、今までやってきたことが、ちゃんとチェックされるかどうかがポイントで、

これがないから現在の官僚組織は腐ってしまっています。


私が望むのは、政権交代が可能な2党が存在し、

長年の馴れ合い構造のような中で、無駄や悪い習慣などが溜まらないよう、

ある程度の年限で交代し、新たな目でチェックされる状況です。

このような状況になると官僚にも緊張感を与え、

阿呆なことや不明なことや不法なことはしにくいし、

した場合はした場合で、責任の所在が明らかになるから、任を取らなければならなくなるわけです。

 

責任問題で言えば、まったくひどい人事が存在しています。

年金問題で怠慢の限りを尽くし、国民の財産をメチャクチャにした社会保険庁の長官出身者で、

最高裁判事に上り詰めた横尾和子氏のようなケースです。

こんなチャランポランな人事こそ、今の官僚主導の政治体制の最大の問題点だと思います。

この横尾氏など、やったことを考えれば即刻辞任すべきで、

平気で居座っているところなど、国民の国に対する信頼をなくさせた張本人の一人で、

身の処し方を知らないようであれば、退任させるくらいのことが出来ないと、

まともな政治システムとは言えないと思っています。

 

そして、民主党の代表選が9月にあるようですが、

小沢代表の無投票での再選では、納得しない有力議員の声が聞こえてきます。

はっきり行って、このような状況であれば、絶対に代表選を実施するべきだと思います。


ややもすると、民主党の現執行部は無投票による小沢再選の方が、

党の一枚岩のイメージを有権者に与え、政権交代につながると思っているように思いますが、

私は逆に、代表が選ばれるまでは、大いに議論をして、

一つの意見に集約する必要なんかないと思っています。

代表が決まるまでは、むしろ正々堂々と戦って議論を尽くすことが重要で、

その代り、代表が決まった後は、新代表の下、一致団結をして、与党と戦うことが大事で、

無投票で代表を決めるようでは不平不満を内在させ、

新体制になっても、あっちこっちで小火が起きるようなことになって、

とても政権交代などおこがましい状況になるような気がします。

ともかく代表選までは、言いたいことは言って、投票で代表が決まった後は、

党や代表の足を引っ張るような人物を出さないようにすることが大切だと思います。 

それに、選挙で選ばれた代表でないと、何かあった時の求心力にも欠けると思うので、

私は小沢さんが代表に選ばれた方が良いとは思いますが、

違った意見を閉じ込めて、小沢代表の再選を無投票で選ぶことには大反対です。

 

それでなくても、普段、民主党の主張など、なかなか取り上げないマスコミですから、

大いに意見を戦わせて、民主党の主張を国民に知ってもらうことも大切だと思います。

対立軸のある代表選は民主党の主張を国民に伝える良い機会でもあると思うのですが・・・・



ひらめき電球 人気ブログランキング   有名ブログランキング



メモ

内容や費用につきましては、当ブログの次のページをご覧ください。

弊社の業務内容に対する皆様からのご質問

弊社の業務内容に対する皆様からのご質問2

 

本 資金調達 虎の巻  

 このブログの資金調達の部分を中心に、どこに何が書いてあるのか分りやすくした、

 データベース的なブログです。

 まだ未完成ですが、数ヶ月書けて改良していく予定です。 

 

   

おみやげ宅配サービス ギフトランド
海外旅行に行く前に日本でおみやげを買える!


住友信託銀行100%出資 不動産担保ローンのファーストクレジット!

 

ビジネスローンのシティズ

   

新金利15~18%。阪急のスタッフィ

  

高級賃貸マンション

  

かりれ~るドットコム

 

さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白/高橋 洋一

¥1,785

Amazon.co.jp
 

官僚国家の崩壊/中川 秀直

¥1,785

Amazon.co.jp

連鎖する大暴落―静かに恐慌化する世界/副島 隆彦

¥1,575

Amazon.co.jp
 

アメリカ狂乱 次の大統領統は誰か/日高 義樹

¥1,470

Amazon.co.jp
 

「俯瞰」でわかる決算書/中村 亨

¥1,575

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /