1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-10-31 10:41:16

借入金ゼロの会社は融資を受けにくい

テーマ:資金調達

10月31日

金融機関からの借入金がゼロの会社は、

借金がないのだから、融資が受けやすいかと言えば、

実はそうではありません。


もちろん、銀行からの融資が受けにくかった設立2年のケースや、

収益力も高く、資本金と内部留保で資金が潤沢と思われるケースは別にして、

会社の状況から見て、それほど資金が潤沢とは言えないのに、

金融機関からの借入が全く無いような場合、

銀行もそうですが私も、

借入をしないのではなく、したくてもできないんじゃないかという疑念を持ってしまいます。

 

このような場合の融資が受けれなかった原因は、

財務内容が明らかに悪いような場合なら当たり前ですが、

そこそこの財務内容で売上もそこそこあり、

しかし、資金需要もありそうなのに、金融機関からの借入がゼロと言う場合、

これはほとんどの場合、

会社、代表者、役員の属性の問題に原因があることが多いですね。
 

私なんかも、最初に財務諸表を拝見した時、

代表者や知り合いと思われる個人や、

金融機関とは思えない会社からの借入があるのに、

金融機関からの借入がゼロと言うケースでは、

必ず代表者や役員の過去に金融トラブルがなかったかどうか、

まずは聞くようにしています。
 

そして、このようなケースの90%くらいは、

過去に、たとえば代表者が以前経営していた会社で保証協会から代位弁済を受けていたとか、

会社を過去に倒産させていたとか、

銀行と金融トラブルがあって争ったことがあるとか、

代表者が個人的に多重債務者であるとか、

内容はいろいろですが、何らかの金融トラブルを持っていることがほとんどです。

これが原因で融資が受けれなかった訳ですから、このようなケースでは、

障害になっている要因を取り除く以外に、新たに融資を受けることは難しく、

このような状況の場合は速やかに代表者を変更するとか、

問題の役員退任させる以外に方法はありません。

しかしそうでなく、本当に何の障害もないのに借入をしてこなかった会社も時々あり、

このような会社の社長に今日はお話をしたかったのです。

まだ内容は読んでいないので私の言いたいことと著者の良いたいことが違うかも知れませんが、

次の本のタイトルは私が言いたいことをドンピシャで現しています。
 

晴れた日には銀行から傘を借りよう/小堺 桂悦郎

¥1,470
Amazon.co.jp

多分、借りれるのに金融機関からの借入のない会社は、

その理由は様々でしょうが、

ともかく手持ちの資金だけで十分だったのだと思います。

 

でも、借金の必要がなくても、

将来を考えた時、いずれ銀行などからの借入が必要になると思う時は、

本当に必要になった時になって初めて借入を金融機関に打診するのではなく、

十分余裕があり、言ってみれば借金の必要がない時に、

金融機関からの借入をスタートして置くことが必要なのです。

 

それは、もちろん今日のタイトルのように、

いざ借入れようと思った時に銀行に打診すると、

この会社、過去に何かトラブルがあって、

どこの金融機関も資金を出していないんじゃないかと言う、

謂れのない余計な疑念を持たれ、必要以上の詮索をされることだけではなく、

何よりも、会社が資金を借入れる必要があると言う時は、

会社にとって一番金融機関に対して立場が弱い時でもあるのです。

 

それはそうですよね。

どうしても近々に資金が必要となると、

多少の厳しい融資条件でも飲まないといけなくなるし、

第一、新規取引先への金融機関の対応は、

時期によっても違いますが、

少なくとも既存取引先への対応よりは数段冷たいのは当たり前で、

特に今のような金融が締まっている時期だと、

借入自体、できないことだって十分にあります。

 

ですから、資金が不要な時に借りるのですから、

一見、財務内容も悪くはなるし、支払い金利など無駄なように見えますが、

余裕を扱ける時に金融機関と交渉して、

まずは取引実績を作っておくことが大切なのです。

余裕のある時だと、融資条件が厳しい時は蹴る事もできるし、

交渉する金融機関だって、馬鹿じゃないから、

顧客の余裕具合は分かるから、条件も必然的に良くなりものです。

 

この無駄と思われる調達コストは、いざ資金が本当に必要という時のための、

必要経費と思っていただきたいのです。

 

私なんか他人様の資金調達のお手伝いをしているので、良く体験しますが、

銀行など金融機関と言うのは、お初を嫌う傾向が明確にあるようで、

たとえば金融機関からの借入のない会社の場合、

なぜ他行からの借入がないんでしょうかと聞かれることが本当に多いですね。

逆に他の一流どこが融資をしている会社だと、

もちろんその件数と額が多すぎるのは困るのですが、

適正な件数と額なら、間違いなく行員は安心するみたいですね。
 

こんなことからも、銀行取引は必要のない時に、

小額でも良いから、銀行等金融機関と始めておくのが重要です。

 

無借金経営=優良会社と言うことに間違いはありませんが、

それは中堅以上の会社に言えることで、

中小企業の場合は、無借金経営=優良会社で借入がしやすいとは、

一概にならないんだと言うことをご認識いただきたいと思います。
 

最後に一つ確認して頂きたいのは、

融資を受けた時、必ず自己資本比率がどうなっているかはチェックして欲しいのです。

借入をして自己資本比率が10%を割るような場合は、

必ず割らないように資本の部を厚くする様にしておいて欲しいのです。

蛇足ですが、念のために・・・・。 


星 お願い

お一人でも多くの方にお読みいただけますよう、ブログランキングに参加しています。

 

人気ブログランキング       有名ブログランキング

 

            ☆クリックよろしくおねがいします m(_ _ )m




ドル覇権の崩壊―静かに恐慌化する世界/副島 隆彦
¥1,575
Amazon.co.jp
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)/関岡 英之
    ¥735
    Amazon.co.jp

 

アメリカに使い捨てられる日本―日本の真実を国民に訴える!/森田 実
¥1,575
Amazon.co.jp  

10億円借りたいなら決算書はこうつくれ!/池井戸 潤

¥1,470

Amazon.co.jp

  

小さな会社 借金のルール/池井戸 潤

¥1,500

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-10-31 00:22:35

もう笑うしかないアホ臭い2つの話題

テーマ:日々のことから

10月30日

今日は笑うしかない、アホ臭い二つの話題です。

まずは赤福が営業停止になって、

土産物店やJRの売店でも超人気になっていた御福餅が、

赤福と同じようなことをしていた話です。

とっくの昔にご存知のことと思いますが、記事は次の通りです。


三重県伊勢市の和菓子メーカー「御福餅本家」の商品、御福餅の表示に不正があった疑いがあるとして、農林水産省東海農政局と県伊勢保健所は29日、同社本社に立ち入り調査に入った。30日も調査を続けている。同社からの自主申告に基づき、食品の表示にかかわる日本農林規格(JAS)法違反と食品衛生法違反の疑いで調べている。

同省などによると、(1)製造日と消費期限を1日先延ばしして表示する「先付け」(2)原材料の表示順が事実と違っていた――などの不正行為の解明が目的という。

 同省などは、先付けした消費期限が、安全に食べられる期限として同社が設定した日を超えていたか調べている。午後に製造した餅は、日常的に翌日の日付を刻印して出荷しており、遅くとも小橋正生社長が就任した80年にはこうした行為が続けられていたという。

 御福餅の包装紙に印刷された原材料表記は「小豆、砂糖、餅米、酵素、保存料(ソルビン酸K)」の順。同省によると、重量順に記載することが義務づけられており、御福餅の場合、本来は「砂糖、小豆、……」でなければならない。

 餅菓子の表示をめぐっては、同市内の老舗(しにせ)「赤福」でも製造日の偽装などが明らかになっている。同省などによると、御福餅本家の小橋社長が26日夜、原材料の表示順に誤りがあったと三重農政事務所に自主申告して問題が発覚したという。伊勢保健所には29日午後、小橋社長が訪れ、「世間をにぎわせている一連のことがあり、相談に来た」と話したという。

 御福餅本家は伊勢市を中心に餅菓子や期間限定のアイスキャンディーを製造販売している。同社のホームページによると「創業200有余年」がうたい文句。赤福餅に形状がよく似ていると言われていることから、赤福の偽装問題発覚後に話題を呼び、土産店などで売り切れが相次いでいた。


昨日書いたように、あの吉兆でさえやっているのなら当然かなと思ってしまうくらい、
こんなニュースが相次ぎ、まったくどうなっているんだと思ってしまいます。

ここまで来ると、賞味期限や消費期限の表示基準自体が、
食品会社の実状に合っていないのかと思うくらいですね。
今回の御福餅本家は自主申告で吉兆のようにたれ込みではないのが、
まだ救いと言えば救いですが、
不法行為であることには間違いがなく、
この法律自体に無理があるのかとさえ思ってしまいます。
私はこの問題は詳しくないから、
JAS法や食品衛生法が実状に合っているかどうかは分かりませんが、
ただ会社の不明を論じるだけでは済まない問題なのかとさえ思ってしまいました。
 
この間、新幹線の駅の売店で御福餅が赤福なき後、
すごい人気になっている記事を読んだばかりだったので、
この記事のタイトルを見た時、ブラックジョークだなと思いました。

法律違反する会社が悪いのに決まってはいるのですが、
何か制度にも問題があるのかどうか、
どこの新聞か忘れましたが、社説で触れていた記事も読んだのですが、
アホかと、よく読まなかったのが悔やまれます。
 
こんな状況なら、日本の食品会社を片っ端から調べて欲しくなりますね。
吉兆は論外にしても、石屋製菓や赤福や御福餅のようなことをしている会社が多く、
業界内では当たり前の習慣になっていることなのか、
それとも、やはり特殊な悪質な会社なのか、
今日の記事の中にも現社長が事業を引き継いだ80年には既に常態化されていたとありますが、
いけないことには間違いがありませんが、
どう考えて良いのか少し???にはなってきました。((((((ノ゚⊿゚)ノ
 

この食品会社の問題とは違って、分かりやすいのがNOVAです。
NOVAの社長の悪行や趣味の悪さが明らかになってきましたね。

上場企業の社長といっても、蓋を開ければこの程度かと言うことは、
ホリエモンの時を思い出しても理解できますが、
猿橋と言う人物はかなりシンプルで分かりやすい背任行為をしていたようですね。
まずは記事をお読みください。

会社更生法適用を申請した英会話学校大手のNOVA(大阪市)で、猿橋望前社長が実質支配していたグループ会社が、英会話用機材を仕入れ価格の数倍でNOVAに販売していたことが30日、明らかになった。保全管理人の東畠敏明弁護士が記者会見で明らかにした。NOVAの実質的な損害額は数十億円規模としており、猿橋氏を会社法の特別背任容疑で刑事告発することを検討する。スポンサー企業については「数社と接触している」としたうえで来週中にも決める考えを示した。

 

普通はオーナ社長と言えども、上場会社の場合は、

役員会や株主総会の目があるから、このような分かりやすい背任は控えるのが普通なのに、

このオッサン、かなり厚かましいけど、頭はあんまり良くないようですね。

少し、このことで、このオッサンの一連の悪あがきの理由が分かりましたね。

そりゃこんな分かりやすい背任行為をしていたら、丸井とも提携できないし、

法的精算も怖くてできなかったでしょうね。

 

それと見ましたか。

趣味の悪い社長室の写真を・・・・・。


調度品を見ても内装を見ても、特別豪華とは思わないけれど、 

このオッサン、あんまり仕事が好きではなかったんじゃないかなと思いますね。

それとも、夜を徹して泊り込みで仕事をしていたのかな・・・・( ̄ー ̄)

社長室の見取り図と趣味の悪いベッドルームをコピーしますね。

ただベッドと書けば良いのに、ダブルベッド。

そして2人用サウナとことさら、何を臭わしたいのか、新聞も面白いですね。

まさか、このオッサンこんなところでヽ((◎д◎ ))ゝ

そんな趣味はないと思いますがね・・・・・・(;^ω^A




そして、笑えるのが次の写真です。

私室スペースへの秘密の入り口らしいですよ。ヽ(゜▽、゜)ノ



星 お願い

お一人でも多くの方にお読みいただけますよう、ブログランキングに参加しています。

 

人気ブログランキング       有名ブログランキング

 

            ☆クリックよろしくおねがいします m(_ _ )m




ドル覇権の崩壊―静かに恐慌化する世界/副島 隆彦
¥1,575
Amazon.co.jp
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)/関岡 英之
    ¥735
    Amazon.co.jp

 

アメリカに使い捨てられる日本―日本の真実を国民に訴える!/森田 実
¥1,575
Amazon.co.jp  

10億円借りたいなら決算書はこうつくれ!/池井戸 潤

¥1,470

Amazon.co.jp

  

小さな会社 借金のルール/池井戸 潤

¥1,500

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-10-29 10:05:36

やっぱりね 馬鹿っぽい店主だと思ったら・・・・ 船場吉兆

テーマ:日々のことから

10月29日

次の記事を読んだ時、最初はあの日本料理の吉兆 と気付かず、

良く似た名前のお菓子屋があったもんだなと思ったのですが、

そう言えば、日本料理の吉兆は何社かに分社されていて、

そうだそうだ、だんだん思い出してきて・・・・・、

船場吉兆は分社化された1社だったんで、マジで驚くとともに、

あの馬鹿っぽい店主ならやりかねないと記憶が甦ってきました。

まずは記事をお読みください。

 

 福岡市は、市内の百貨店「岩田屋」に出店している船場吉兆(大阪市中央区)が、消費期限を最長十七日以上過ぎた黒豆プリン、桜ゼリー、抹茶ゼリーの三種類、計九十八個について、期限を示すラベルを張り替えていたとして、食品衛生法違反で販売自粛などを求める勧告をした。 

 本来の消費期限は四-五日。勧告は二十八日付。

 ほかに、賞味期限が最長で三十九日以上過ぎたほうじ茶マドレーヌ、黒豆タルトの計二十一個も期限を張り替えていた。

 船場吉兆によると、二〇〇六年一月から今年九月まで計八千個販売したこれら五種類のうち、計約二千七百六十七個が消費期限切れ、二百四個が賞味期限切れだった。

 九月に福岡市の中央保健所に、消費期限の張り替えをしているとの匿名の電話があり発覚。市が店舗への立ち入り調査で四-九月の伝票の提出を受け調べていた。大阪市保健所は二十九日午前、食品衛生法に基づき大阪市中央区の船場吉兆本社を立ち入り調査した。

 船場吉兆によると、岩田屋の店舗では菓子が納品されると、本来の消費期限よりも早いラベルを張って販売し、売れ残るとラベルの期限を翌日に張り替え。繰り返すうちに本来の消費期限を過ぎていた。市の調査に同社は「販売員の判断で張り替えた」と説明している

 船場吉兆は、高級料亭「吉兆」のグループ会社で、岩田屋の店舗のほか、福岡市内に料亭二店舗と販売店一店舗を展開、大阪市内にも店舗がある。

 

吉兆についてはいろいろ言う人はいますが、

私は今でも最高の日本料理の店の一つだと思っています。

 

店が多くなったので、店によっては時々、どうしたの?と言う時もありますが、

私が行く、吉兆の中でもリーズナブルな店でも、

価格は確かに安くはないけれど、やっぱり「なだ万」とかよりは数段美味しいと私は思います。
 

前職の時は、もちろん接待もあったから、

銀座の吉兆は行く機会がありませんでしたが、

高麗橋や嵐山にも行ったし、確かに値段は目が飛び出ますが、

大切な客を接待するには、非常に価値がある店でした。

 

吉兆は今でこそ日本で一番の料亭の地位を築いていますが、

その歴史はけっこう浅く、神戸のたしか現長とか言う、うなぎを中心とした料亭の子息であった、

湯木貞一氏が70数年前に大阪で創業した店で、

最初は料亭と言うよりは割烹料理屋としてスタートしたと記憶しています。

 

なぜこんなことに詳しいかと言うと、

私の母がこの創業者とも親しく、

母がやっていた料亭の板前が下手くそだったので、

賓客を迎える時は吉兆によく出張してもらっていたこともあって、

何かと子供の頃から身近な存在だったからです。

 

本当に今でも、大阪の高麗橋の本店や銀座店は紹介者がいるし、

京都の嵐山の吉兆も、値段も高いしステータスも高く、なかなか敷居の高い店ですが、

価格さえ嫌でなければ、日本料理を心から堪能できる、

良い店もどんどんできているけれど、

やはり一番の日本料理かなと私は感じます。

 

ところが、創業者から子供、そして孫と分家していく形で、

現在の吉兆グループは数多くの店を持つようになりました。

 

先ほど書いた高麗橋、銀座、嵐山を筆頭に、

現在は20数店舗あると思います。

 

問題の船場吉兆 は確か創業者の息子が継いでいて、

船場、心斎橋のオーパ、福岡のリバレインと言うファッションビルと、

デパートの岩田屋の4店舗で経営していると思います。 

船場の店は確か昔は「ビル吉兆」と呼ばれていたはずで、

高麗橋ほどではないにしろ、なかなか気軽には行きにくい雰囲気がある、

超高級料理店といっても過言ではありません。

 

その福岡の岩田屋の店で売れ残ったお菓子類を、

消費期限のラベルを張り替えて、

やはり岩田屋の地下にある販売所で売ったようなのですが、

私には、「赤福」以上にこのことが信じられません。

 

確かに「分けとく山」や「青柳」や「菊の井」とか良い店が出てきてはいますが、

ステータスもだし、料理自体もやはりまだ一番かなと思われていて、

だから2回のサミットでも吉兆が選ばれているのに、

なんでこんなみみっちいくだらないことをするのか私は信じられないと言うか、

嘆かわしいの一言です。
 

でも10数年以上も前になるのですが、

船場吉兆の店の一つである大阪心斎橋のオーパにある店で、

今日の出来事を予見できることに出会っていました。

 

夕方、親しい経営者仲間の友人と偶然この店を利用したことがあります。

このオーパの吉兆、確かに本来なら吉兆が入るような雰囲気の立地ではないのですが、

やっぱりと言うか、この日だけかもしれませんが非常に空いていました。

価格も他の吉兆と比較するとリーズナブルだし、

飛び切りでもないが、確かに吉兆風というか、美味しくいただいていたのですが、

我々の席の後ろの席で、なんか普通の客ではない人物が、

女性と、それもとっかえひっかえ違う女性と、

店の雰囲気と違った会話をしていることに気がついたのです。

 

それでなくても、店内はガラガラでシーンとしているので、

我々がいくら馬鹿話をしていて話に夢中になっていても、

ともかく違和感を感じるんですね。
 

時々、どうして入社してみたいと思ったのかとか、

料理店で働いた経験はあるのかとか、男の声がけっこう大きいので、

へえー!こんなところで面接しているんだ。

わざわざ吉兆でやるなんて変な会社だなと思っていたら、

なんとこの店主風(この時はかなりまだ若くていかにも嬉しがり風だった・・・)の男は、

吉兆のこの店の責任者みたいなのです。

 

いくら空いているといっても客も我々含めいるのに、

この馬鹿、料理店の舞台とも言える客席で、

店の舞台裏である接客係の面接をやっているのには、

あまりに非常識で吉兆も落ちたなと思ったことを鮮明に覚えています。

まだこそっと隅の席で小さな声で目立たないようにやるのならギリギリ容認できますが、

中央の目立つ席でしかも、いかにも自分はこの店の店主ですよとでも言いたげな態度で、

しかも跡継ぎで、一つも偉くもないのに、偉そうな態度で面接している姿を見て、

こんなアホが、世代が代われば出てくるのだと思ったものでした。

多分この状況を創業者が見たら、きっと烈火のごとく怒ったと思います。

でも責任は創業者にもありますよね。

教育もできていない息子に跡を継がすようなことをしているのだから・・・。

 

それからまったく忘れていたのですが、

確かブリオだったと思いますが、40代の男性をターゲットにした雑誌に、

このアホが、博多吉兆の店主という肩書きで、

嬉しそうに出ているのを見て、

このアホ、やっぱり創業者の息子なんだ。

こんな奴が店主をしている店なら福岡の吉兆も大したことがないなと思い、

オーパの店と福岡の店って、どうなっているんだろうと思って、

サイトで調べて分かったのが、今日問題になった船場吉兆だったのです。

 

この時、全国の吉兆が何社かに分社化されていることも知り、

今まで行ったことのある吉兆がどこの会社に属しているのかとか、

興味深く見たものです。

 

それから数年は経っているので、

船場吉兆という店が、福岡の岩田屋で消費期限切れのお菓子を販売したと聞いても、

最初はピンと来なかったのですが、

よく読んでいるうちに思い出し、

あのアホならやりかねないと思ったのです。

 

記事の中の赤字の部分を読んでいただきたいのですが、

・消費期限の張り替えをしているとの匿名の電話があり発覚

・同社は「販売員の判断で張り替えた」と説明している

 

最初の記事はあのえばり腐った店主なら多分身内からの告発だろうし、

後の記事については、あの馬鹿っぽい店主なら、

危機管理もクソもないから、この程度の後でばれて大変なことになることに気付かず、

いかにも言いそうなことだと、別に恨みがあるわけでもないけれど、確信しますね。

 

吉兆だって、創業者あるいは創業者に叩き込まれた板前上がりの娘婿までは、

店を一流の店として維持する大変さや、顧客の厳しい目を理解しているのだと思いますが、

2代目くらいになって、生まれた時から名実ともに老舗の家系に生まれてしまうと、

周りだってチヤホヤ、場合によっては顧客までチヤホヤするから、

商売の厳しさや顧客が何を考え感じるのか、かなり鈍感になるのだと思います。

 

そうでなければ、料理店、それも高級料理店の表舞台である客席で、

偉そうに横柄な態度で従業員の面接などするはずもありません。

若造の癖に偉い横柄だったので、その時食べていた料理もまずくなったのを覚えています。

 

超一流の店も店舗数を拡大すると、こんなアホ旦那が引き継ぐ店もあって、

こんなところからほころびが大きくなって、廃れていくんだなとつくづく思いました。

 

吉兆でも船場吉兆の店だけは行かない方が良さそうです。

威張り下ったような店主の店の料理が良いはずがありませんから・・・・(`×´) 

星 お願い

お一人でも多くの方にお読みいただけますよう、ブログランキングに参加しています。

 

人気ブログランキング       有名ブログランキング

 

            ☆クリックよろしくおねがいします m(_ _ )m




ドル覇権の崩壊―静かに恐慌化する世界/副島 隆彦
¥1,575
Amazon.co.jp
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)/関岡 英之
    ¥735
    Amazon.co.jp

 

アメリカに使い捨てられる日本―日本の真実を国民に訴える!/森田 実
¥1,575
Amazon.co.jp  

10億円借りたいなら決算書はこうつくれ!/池井戸 潤

¥1,470

Amazon.co.jp

  

小さな会社 借金のルール/池井戸 潤

¥1,500

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /