1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-12-31 02:09:24

あけましておめでとうございます

テーマ:日々のことから

2006年1月1日

 

                   

 

あけましておめでとうございます。

旧年中はこのブログをお読みいただき、本当にありがとうございました。

またこのブログをきっかけとして、お客様になっていただいた方もあり、

本当にブログの凄さを体験した1年でした。

 

今年もできるだけ、昨日も書いたように、

できるだけリアルにタイムリーに、

資金調達のお手伝いをする中で体験したこと、感じたことを書いていきたいと思います。

 

ですから、このブログは、ノウハウ本のようなところを目指しているようなものではないので、

あなたが体験されたことと違うことも多いと思います。

このような場合、違っているのではないかと思わず、このようなケースもあるのだと理解してください。

この部分をこのブログでは大切にしたいと考えています。

多くのケースを平準化して書くのなら、他の本をお読み頂いた方が良いので、

この部分は今年も、たとえ一般的ではないことであっても、

体験したことをダイレクトに書く姿勢は失くさないようにしたいと思っています。

 

銀行の融資一つをとっても、

本に書いてあるように画一的ではなく、

同じ会社が、銀行のセクション間、スタッフ間、あるいは時期によって、

その結果が違うことなど日常的なことです。

このようなことは、1年で数百件の支援実績の現場からの体験で知ることで、

一顧客では知りえない情報と言え、

この辺りはこのブログをお読みいただき、多分一番ご参考になる部分だと思います。

 

何はともあれ、今年もできる限り毎日更新していくようにしたいと思いますが、

今年は海外、国内とも昨年よりは出張の多い年になりそうで、

昨年のように、ほぼ毎日更新できないかも知れません。

このような状況ではありますが、

昨年にも増して、ご愛顧、深いお付き合いを頂ければと思います。

 

今年も宜しくお願い致します。

 

明日から、また、いつものような記事を書いていきたいと思います。

 

 

お願い!

お一人でも多くの方にお読みいただけますよう、ブログランキングに参加しています。

大変お手数ですが、次の二つのランキングをクリックしていただけると幸いです。

       人気ブログランキング       有名ブログランキング

 

            ☆クリックありがとうございました。

 

CDのご案内!

このブログの内容とリンクしたCDです。

詳細は次のアイコンをクリックして下さい。

                 CD



 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-31 01:24:25

今年も今日で終わりです

テーマ:日々のことから

12月31日

 

              


今日は2005年の大晦日。

在り来りの文句ですが、1年なんて終わってみると本当に早いですね。

私なんかは、これでまた一つ歳を重ねて、だんだん初老の域に達し、後2年で60歳になってしまいます。

  

私の場合、たまたま子供がいないこともあって、

子供が結婚したとか、孫ができたとか、年齢を実感することが少ないこともあって、

来年で58歳と言う実感がないのは事実です。

 

このためか比較的、かなり実年齢よりも若く見られることが多いのですが、

この一つの理由に、私なりに考えて思うのは、

まだ受身の人生を送っていないこと、野心があること、

つまり、まだ青いといわれるかもしれない、夢を持って生活していることだと思います。

 

このことは、果たして良いことなのか、悪いことかは、個人の価値観の問題で、よく分かりませんが、

現在の日本の社会状況や自分の置かれている状況を悲観して、

絶望、あるいは絶望一歩手前のような心境になっている方には、

お節介かも知れませんが、

来年は小さなことからで良いから、夢を持って、

自分の力で現状を打開するようなアグレッシブな気持ちを持って生活されてはいかがでしょうか。

 

プロフィールの中にも書きましたが、

私はバブル期に事業の失敗で、数百億円の負債を抱え、栄光からどん底に落ちた体験をしています。

それこそ無一文、ノー人脈で東京に戻ってきたのは、今から10年ちょっと前で、

その時は、自分の不徳が原因であるのにも関わらず、

自分の不幸や社会を恨み、

その一方で、将来不安におびえたこともありました。

 

だから今日この時間のように、心豊かで平穏な大晦日を迎えるようなことは、

当時は本当に考えらませんでした。 


昨日は昨日で、御徒町のアメ横のど真ん中にある徳大寺というお寺に参ってきたのですが、

このお寺は、多くの方にご利益があるお寺なのかどうかは知りませんが、

私にとっては、どん底から這い上がって来た時に、なぜかホッとさせられた場所で、

本当に神にもすがりたくなった時に、人から紹介され行くようになったお寺です。

 

昨日も10年以上前に関西から東京に戻ってきて、不安に駆られた時に来た時のことが思い出され、

今さらながら、夢は捨てては駄目だと思ったところです。

 

このブログを書いた一つの理由は、

私のような体験をした者でも、夢を捨てずアグレッシブに生きれば、なんとかなると言うことと、

今大変な状況にある方に、少しでもご参考になったり、復活の一助になればと思ったからです。

 

今年の2月よりほぼ毎日書いてきたブログですが、

思わぬ数の読者の方に支えられ、本当に感謝に耐えません。

来年も同じようなことの繰り返しになるかもしれませんが、

資金調達の現場で体験することを元に、

できるだけリアルにスピーディーにお伝えしていきたいと思います。

 

来年も宜しくお願い致します。

 

また、読者の皆様とご家族の皆様の新しい年の、ご多幸、ご健勝を心よりお祈り申し上げます。

良い年をお迎え下さい。

 

 

お願い!

お一人でも多くの方にお読みいただけますよう、ブログランキングに参加しています。

大変お手数ですが、次の二つのランキングをクリックしていただけると幸いです。

       人気ブログランキング       有名ブログランキング

 

            ☆クリックありがとうございました。

 

CDのご案内!

このブログの内容とリンクしたCDです。

詳細は次のアイコンをクリックして下さい。

                 CD

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-31 00:37:16

銀行融資に対する常識との乖離 5

テーマ:資金調達

12月30日

 

               

 

昨日までの話から現在の銀行の融資がどんな形になっているか、お分かりになって来たと思いますが、

多くの銀行が取り扱うようになってきた融資には、3つの融資があると思っていただければ良いと思います。

・プロパーの融資

・保証協会の保証付き融資

・ビジネスローンによる融資

 

保証協会付融資はご存知のように、

保証協会が保証をする融資で、返済不能になった時は、銀行は保証協会から代位弁済と言う形で、

保証を受けることができるシステムになっています。

この融資を別にすると、銀行にはプロパー融資とビジネスローンによる融資があります。

中にはビジネスローンをやっていない銀行もありますが、

多くの銀行がビジネスローンをサービスするようになって来ています。

 

そしてここでよくご理解いただきたいのは、

プロパー融資とビジネスローン融資の違いです。

プロパー融資は以前から行われてきた融資と思っていただいて間違いなく、

住宅ローン、自動車ローン、カードローンのように、

審査過程で交渉ができない融資ではありません。

また財務内容(決算書)以外に、現在の会社の状況、あるいは将来性のように、

決算書に現れない部分も審査に反映される融資とご理解下さい。

 

一方、ビジネスローンは昨日書いたように、

決算書だけを見て判断され、融資過程で交渉もできない、決算書以外は審査に反映されない、

まさに住宅ローン、自動車ローン、カードローンのような融資とお考え下さい。

ですから、NGであれば絶対NGで、交渉の余地がなく、

同じ銀行には次の決算を待ってから申込をしないと何度やっても結果の変わらない融資と言えます。 

 

ここまでは、最近このようなことを書いてある本にも出ていることなのでよくご存知の通りだと思います。

ここから先が弊社と弊社と提携するコンサルタントの存在価値の一つにもなっている差別化ポイント、

あるいは現場からの情報と言えるのですが、

確かに同じセクションの場合、

ビジネスローンは、一度否決されると、この結果が覆る可能性は確かに少ないのですが、

セクションが違ったり、

同じセクションであっても、担当責任者や担当者が代わっただけでも、

覆ることが非常に多いということなのです。

 

じゃ、ビジネスローンは自動車ローンなどのように、

決まった形の融資じゃないじゃないかということになりますが、

確かにスコアリングの結果で融資が判断されていることには違いないのですが、

結果としては、弊社のお手伝いした案件でも、

あるセクションがNGでも、他のせクションではOKと言うような場合が、

本当は、いくらでもあると言うことなのです。

 

このブログを読んでいただいているお客様の中にも、

何件かのお客様がそうで、今読んでいただいているのなら、

そうそう、何ヶ所かのセクションで断わられたのに、

あるセクションでは簡単にできたと認識いただいていると思いますが、

実はこのようことがいくらでもあるというのが現実なのです。 

 

内容を詳しくは書けませんが、

同じ銀行でもセクションが違えば、持って行き方によっては、

NGがOKになることも良くあるという事実だけは、よく認識しておいて頂いて損はないと思います。

要はビジネスローンも担当するセクションによって、OKにもNGにもなり得る部分があるということなのです。

 

一度断わられたが、何とかこの銀行で融資を受けたいと言う方は、良ければ一度ご相談下さい。 

ご相談の場合は、右のプロフィールの中にあるご相談メールのところにあるアドレスまでご連絡下さい。

 

お願い!

お一人でも多くの方にお読みいただけますよう、ブログランキングに参加しています。

大変お手数ですが、次の二つのランキングをクリックしていただけると幸いです。

       人気ブログランキング       有名ブログランキング

 

            ☆クリックありがとうございました。

 

CDのご案内!

このブログの内容とリンクしたCDです。

詳細は次のアイコンをクリックして下さい。

                 CD



 


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /