前国際通貨基金(IMF)副専務理事で元財務官の加藤隆俊氏はインタビューに応じ、「世界経済は回復の緒に就いた」との認識を示した上で、米ワシントンで今月開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議については、各国の回復度合いに応じて景気刺激策を縮小する「出口政策」が論点になるとの見方を示した。
 加藤氏はまた、先進国が抱える巨額の財政赤字に関し「具体的な目標に基づいて計画的に減らす姿勢を示すことを市場が期待している」と強調。「その意味での『出口』対応を詰め、国内的合意を得る段階にきている」とも述べた。
 ただ、財政支出の削減は「直近の景気見通しとの関係で検討する話」であり、直ちに行う必要はないとし、「(財政再建は)5~10年の単位で考えるべきだ」と指摘した。 

<自民党>参院選比例代表候補 中野正志氏を公認(毎日新聞)
<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も-岐阜地裁(時事通信)
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
AD