17日午後7時ごろ、アリューシャン列島沖の太平洋上を飛行中の成田国際空港発米ミネアポリス行きデルタ航空620便(ボーイング747-400型機、乗員20人・乗客387人)から日本の管制当局に「機内トラブルのため成田に引き返す」と連絡があった。同機は同10時ごろ成田空港に着陸。国土交通省成田空港事務所によると、機内にいた男2人が乗務員の指示に従わなかったため、機長の指示で強制拘束し、引き返した。千葉県警成田空港署が2人から事情を聴いている。

 乗客の話によると、男2人は東洋系外国人。搭乗券を持っていない様子で、機内を歩き回ったり、トイレに隠れるなど様子がおかしかったという。同機は上海から成田に到着後、機内清掃を経てミネアポリスへ向かっていた。2人は上海で乗り込んで米国への密航を図った可能性もあるとみられる。【山田泰正、斎川瞳】

【関連ニュース】
GW:成田で帰国ラッシュ ピークは5日、5万人の予定
GW:成田空港、出国ラッシュがピーク…4万6200人
火山噴火:日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑
火山噴火:外国人客の離日始まる 成田空港
火山噴火:JALモスクワ便が成田到着 4日ぶりの欧州便

俳優・原田大二郎氏、民主が山口選挙区擁立へ(読売新聞)
「ザク」が組み体操!? マニア心くすぐる笑えるフィギュア(産経新聞)
携帯投げつけ、次女けがさせる…父親を逮捕(読売新聞)
初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
AD