鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関連し、「現地の声を十分にうかがいたい。しかるべきタイミングが来たときには必ず(訪問)したい」と述べ、25日の沖縄県民大会など地元の動きを見極めた上で移設先を訪れる考えを示した。
 また、ヘリ部隊の移転先として検討されている鹿児島県・徳之島で大規模な反対集会が開かれたことについて、首相は「民意の表れだ。移設問題について、そういう民意を勉強しながら真剣に検討している」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

<上海万博>岡本真夜さんの曲を使用…実行委の申請受諾(毎日新聞)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」-訪朝支援者に表明(時事通信)
<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
ビアガーデンがオープン 地産地消メニューも 栃木(産経新聞)
神戸スイーツ最強「定番」を創った時代の寵児 小山進(産経新聞)
AD