衆院外務委員会は24日午後の理事会で、核持ち込みなどをめぐる日米の密約問題に関し、4月2日にも我部政明琉球大教授ら専門家4人を呼んで参考人質疑を行うことを決めた。これとは別に、外務省条約局長当時に密約関連文書の引き継ぎを受けたとされる谷内正太郎前外務事務次官に対する質疑も調整することで一致した。
 質疑予定の専門家は、沖縄返還関係の密約に詳しい我部氏、核密約関連の米側文書を発掘した国際問題研究者の新原昭治氏、密約の検証を行った有識者委員会の坂元一哉阪大教授と春名幹男名大教授。沖縄への核再配備をめぐる秘密合意を密約と認定しなかった有識者委の報告には異論も出ており、質疑ではこうした点が焦点となりそうだ。 

【関連ニュース】
密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明
現役幹部の責任論浮上も=密約文書「破棄」、実態解明へ
外務省、東郷元局長の文書リスト公表=「密約」説明資料など58点
「密約文書破棄」か調査へ=関係者から聴取も
参考人質疑の要旨

教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)
毒ギョーザ容疑者逮捕、消費者・小売店関係者ら憤りと安堵(産経新聞)
<京都大>卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)
郵政改革「最終案」、首相が閣僚懇で調整指示(読売新聞)
<姫路爆発事故>支管3カ所で可燃性ガスを検知 現場検証で(毎日新聞)
AD