国民新党の下地幹郎国会対策委員長は5日夜、BS討論番組に出演し、鳩山由紀夫首相が5月末までの決着を表明している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について、「世論調査にあるように、この問題が解決できなければ首相が辞めるべきだというのは当たり前のことだ」と述べ、5月末までに解決しなければ首相辞任もあり得るとの認識を示した。

 下地氏はさらに「首相もこの問題を解決しないで政権を担えないと自ら思っているだろう。信頼感のわかない中で役割を担おうと言っても、成果を出せないと思う」と述べた。

【関連記事】
下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す
社民、国民新両党がホワイトビーチ沖案に反対 普天間移設問題
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
普天間移設はシュワブ陸上-ホワイトビーチの2段階で
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

新党準備、今夜会合=鳩山邦氏、結党時参加見送り-与謝野氏ら(時事通信)
<橋下知事>府の教育人事権移譲…5市町へ、教委廃止も視野(毎日新聞)
新しらせ、南極から帰る=海自乗員の家族ら出迎え-東京(時事通信)
通信故障、画像送れず=山崎さんのシャトル(時事通信)
力士暴行死の元親方、2審は懲役5年に(読売新聞)
AD