仙谷由人国家戦略担当相は12日午後の参院行政監視委員会で、17人を上限とする現在の閣僚数について「少ない。もっと省庁も大臣も分けたほうが機能的に良い仕事ができる」と述べ、中央省庁を再編した上で閣僚数を増やすことが望ましいとの考えを示した。自民党の愛知治郎氏への答弁。
 仙谷氏は具体的に「内閣府は大臣がまだまだ少ない。厚生労働相、総務相の任務は1人でするのは無理がある」と述べた。
 同氏は就任直後の昨年10月、厚生労働省と文部科学省を「子ども家庭省」「教育雇用省」「社会保健省」の3組織に再編すべきだとの考えを提唱したことがある。 

幹事長に園田氏=参院選候補の擁立急ぐ-「たちあがれ日本」(時事通信)
井上ひさしさん死去=作家・劇作家、「吉里吉里人」など(時事通信)
GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
<消費税増税>民主党側拒否 「責任ある公約」遠く(毎日新聞)
「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)
AD