長崎県の野口健司県議(46)(自民党)の事務所が、県から受け取った九州新幹線長崎(西九州)ルートの保守点検基地建設予定地の地図と引き換えに、自民党長崎県連のパーティー券(1枚1万円)を購入するよう支持者に頼んでいたことがわかった。

 野口県議は「自分の指示ではないが、不適切だった」と謝罪。県は「地図を渡したのは問題。反省したい」としている。

 県によると、予定地は大村市竹松地区。2008年に地区名は公表されているが、今年度から買収交渉に入るため、より詳細な予定地の地図を作製。4月8日、地元への説明として、職員が同市の野口県議の事務所を訪れ、地図を示して概要を説明した。地図はその場で野口県議に渡した。

社民党、連立離脱を正式決定(産経新聞)
関東と沖縄を上方修正=5月の地域経済動向―内閣府(時事通信)
広島女児殺害事件結審…ヤギ被告、判決は7月(読売新聞)
強盗致傷容疑で男2人再逮捕=ひったくりで女性にけが―警視庁(時事通信)
自殺・うつ病対策で企業評価向上=厚労省PTが報告書公表(時事通信)
AD