求愛相手に「恋のヤリ」を突き刺すナメクジ、世界で最も長い昆虫、肺のないカエル--。世界自然保護基金(WWF)は22日、東南アジアのボルネオ島中心部にある熱帯雨林で、07年以降、新たな動植物123種や、既知の種の新しい生態が発見されたとする報告書を発表した。

 新種は植物67種、魚17種、カエル5種、ナメクジなどの無脊椎(せきつい)動物29種、ヘビ2種、トカゲ2種、トリ1種。このうち体長4センチのナメクジは、鮮やかな緑と黄色の体、長い尾が特徴。生殖器に付いた小骨のような「恋矢(れんし)」と呼ばれるヤリ状の構造物を交尾相手に突き刺し、ホルモンを注入して生殖の機会を増やす。最も長い昆虫は、全長56.7センチのナナフシ。これまでの35.7センチを更新した。また、既知のカエルの一種が、肺を持たないことも分かった。皮膚呼吸をしており、頭が平たいのは体の表面積を広くするためとみられる。

 WWFによると、ボルネオ島では伐採やヤシ油の原料になるアブラヤシの植林により、原生林が失われつつある。WWFと同島を領有するブルネイ、インドネシア、マレーシアは07年、今回の調査対象の熱帯雨林22万平方キロを「ハート・オブ・ボルネオ」と名付け、保全することで合意。以後、この地域では、毎月平均3種のペースで新種が発見されているという。【須田桃子】

【関連ニュース】
森林面積:消失率初めて減少 中国、インドで大規模植林
森林面積:減少、初の鈍化 新たに年700万ヘクタール、中印が大規模植林
緑のカーテン:区役所本庁舎に設置--杉並区 /東京
三重交通:緑化寄付金付きバスカード発売 /三重
寄付金付きバスカード:緑化推進に活用 15日から発売--三重交通 /三重

厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相(医療介護CBニュース)
東寺 「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
水俣病救済を決定 政府 未認定3.5万人超対象(産経新聞)
4月の雪に行楽地悲鳴、灯油は売り上げ好調(読売新聞)
AD