こんにちは!
B.F.S代表の木村です😊

今日は、志望校研究についてお話ししたいと思います。

そもそも志望校研究とは何でしょうか?

簡単に述べると、
「自分が行きたい第一志望の学校・学科についての入試情報を調べ、自分の受験勉強をよりその大学に受かるための効率的なものにする」
というものですね。

皆さんの中には、すでに志望校のことを調べてる人もいるでしょう?

では、何をどこまで調べていますか?
もしかすると本当に必要なことを調べていない方もいらっしゃるでしょう。

ということで、今回は何を調べるべきかについてお話ししたいと思います。

自分の受験勉強を、第一志望の学校に合格するのに特化したものにするためには、以下のことを調べましょう☝🏻

①受験科目
これは例えば国語であれば、古典も必要になるのか。数学であればⅢの分野も入るのか等々。これは当たり前のことですが、中には「え!古文がいらないんだ!」なんていう人もちらほら見かけます😣

②配点比率
これは非常に重要ですよね。学部学科によって、英語の配点が高いとこもあれば、なかには社会の配点が高いなんて事もあります。これはしっかりと調べましょう!英語の配点比率が高ければ、自ずと勉強時間に占める、英語の勉強時間も増えてきますよね🙂

③頻出分野
大学によっては、特に毎年出しているような頻出分野もあります。これは、数学、社会、理科等で分野の偏りが特に現れますので、皆さんも是非志望校のテスト内容の傾向を調べてみてください!

この記事では以上3点について述べました。
すでに志望校の研究を始めているが、上のことを見ていなかった!と気付けたあなたはすぐに調べなおしましょうね😊

次回記事で4点目以降を述べて行きたいと思いますので、チェックのほどよろしくお願い致します!

AD