30日に投開票された愛知県大治町長選で、名古屋市との合併推進を訴えた元中日選手、岩本好広氏(50)=みんなの党推薦=が初当選したのを受け、河村たかし名古屋市長は31日の定例会見で「住んでいる人にとっていいことになればやってもいい」と合併に前向きな姿勢を示した。

 岩本氏は河村市長の施策に追随し、町民税10%減税も主張している。河村市長は「日本一税金の安い町になる。少しでも安くサービスが受けられるようになれば」と減税を進める勢力の拡大に期待感を込め、「大治のみなさんと名古屋市民が一緒になっていくなり、どうするのがいいのか、住民から(議論が)まき上がるようにしなければならない」と話した。【高橋恵子】

【関連ニュース】
減税日本:参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
名古屋市議会:河村市長に対抗心、TVの広報番組を要求

<中部国際空港>ベトナム航空がホーチミン線復活(毎日新聞)
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 (産経新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
口蹄疫 「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難(毎日新聞)
途上国の水不足に日本技術を=10年版環境白書―政府(時事通信)
AD