北沢俊美防衛相は20日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「平野博文官房長官は、複数案を公表しないで防衛省・外務省に米側と交渉するよう依頼するかもしれない」と述べ、米国と複数の移設案について協議する可能性を明らかにした。山口県岩国市で福田良彦市長と会談した際に語った。北沢氏はまた、沖縄基地問題検討委員会で提示が見送られている社民、国民新両党案について「2月中にまとめるようだ。それを待って防衛省は絞り込まれた案を米側と交渉する」とした。【仙石恭】

【関連ニュース】
北沢防衛相:艦載機部隊の移転は計画通り 岩国市長に表明
ハイチ:PKOの陸上自衛隊1次隊 首都で活動を開始
北沢防衛相:沖縄駐留の重要性を強調…衆院予算委
テニアン移設案:官房長官は慎重、防衛相も 普天間飛行場
北沢防衛相:陸自連隊長の処分など検討

党首討論、守りの首相 “決断”なければ反転困難(産経新聞)
<連続保険金殺人>元看護師側、死刑回避求め結審(毎日新聞)
「25%削減」行程表、策定作業が難航(読売新聞)
<太陽の塔>目が光ります 3月27日から大阪・万博公園(毎日新聞)
<忘れ物>列車に実弾入り拳銃、巡査部長を処分 鹿児島県警(毎日新聞)
AD