おかげさまDEメルヘン。

おかげさまで…という言葉が口癖です。
妄想が趣味です…。
好きなもの・ことにはずんずん向かいます!
じょゆう・彩吹真央さん絶賛追いかけ中!(ときどき水夏希さん)
観劇の感想を中心にやってみようと「思っておる次第でございます」。


テーマ:
ご無沙汰しております………(滝汗)。

初日の記事を書かなかったくせに、もう千秋楽ですあせる


雨に始まり雨に終わる公演…って感じかなぁ、この空模様だと…。


シリアスな作品ですが
アフタートークやら抽選会やら…イベントが多かったので、

キャストの素の部分にも触れることができて
尚更楽しかったなぁという印象です。
(…特に綜馬さん!笑)


何せ、とうこさんとゆみこさんの夢の競演!!

最初知ったときに大興奮して、全然関係ない友だち(月組ファン)にいきなりメールしたのを覚えています笑。


だって浅茅が宿以来ですよ、
浅茅が宿!!!(爆笑)(←なぜ笑う)


個人的に、お二人は芝居の波長というか…フィーリングが合うと思っているので
本当に嬉しかったです。
(その割に舞台上の絡みはラストだけという(^^ゞ)


私的には、いつかまたとうこさんとゆみこさんが共演する機会があればいいなぁと思いますし、
今度はがっつり絡む芝居が観てみたいです(*´ω`*)


サンセットは、私は作品自体初めて触れたのですが

観れば観るほど色んな発見や解釈ができて、久しぶりに
「ミュージカルを堪能した!」
という気分にさせられました。

どの人物に感情移入するかによって
作品の印象が本当に違って見えたので、とても興味深かったです。


東京公演は今日1回で最後です。

出演者全員の熱演、

そして
サンセット大通り・10086番地、狂気の館に

どっぷり浸かってきます!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
行って参りました、
『道化の瞳』(泣)。←既に涙
 
 
玉野先生演出のCLUB SEVENは7th stageを観たことがありましたが、
 
今回の『道化の瞳』はそのCLUB SEVENシリーズで上演された中の作品を1幕物に再構成した舞台だそうです。
 
 
1部は現代の病院が舞台。
2部は絵本の中の世界。
 
1部の主人公・健一君が描いた絵本の世界が2部…という構成です。
 
率直に感想を書きたいのですが
ネタバレ…と言っても、
道化のストーリー自体は既にご存知の方たくさんいらっしゃるん…ですよね?(誰に訊いてる)
 
なので、絶対内容を知らずに観たい!という方はこの先注意して下さい(^^ゞ
 
 
 
 
1部は、白血病の少年・健一君(小6かな?)が主人公です。
 
「病院が僕の家、僕の街…」
という感じで、
いきなりパジャマ姿の屋良くんのダンスナンバーからスタートします。
 
屋良っち、あんなに激しく踊っているのに歌も歌って…凄いなぁとただただ感心。
 
念願の主演作品ということで、
幕開きの屋良くんの姿に妙に感動してしまいました。
 
主演て嬉しいよ、うんうん。
 
 
病院の先生や、マイケル風味で点滴つけて歩く患者さん(佐藤洋介さん!何故かお笑い担当!?)など
 
人物紹介のような感じで、
元気な曲で進んでいきます。
 
 
健一君の母・明子役のゆみこさんは、最初のほうは出てきません。
 
 
漸くお母さんが登場………
(ザッとオペラが上がった、私の周辺…笑)
 
 
か、髪がっ……
 
みじかいっ!!!!
 
黒に近い焦げ茶で、あれショートカットです、普通に。
(かかか可愛ぃぃいい~おかげさまDEメルヘン。-ファイル1084.gifと心の中で叫ぶ私)
 
 
 
お母さんは盲目です。
 
 
でも、第一声、凄く明るい!
 
「けんいち~?入るわよ~?」みたいな感じで。
 
 
私はこの第一声にハッとさせられました。
 
 
白杖をついて歩いて来た姿やその様子に、最初ドキッとしてしまったのですが、
 
盲目の方だからって大人しくて静かということではありませんよね。
 
明子さんにとってはそれが日常なんだ、
(多分、どこかの段階でそれを受け容れて今に至ったのだろうと想像するのですが)
 
光を失っているけれど、他のお母さんと同じなんだ、と。
 
 
自分が無意識に可哀想だなと感じて、
変なフィルターを通して観てしまっていたことに気付かされました。
 
 
明子さんは凄く可愛かったです。
 
少しおっちょこちょいで、でも明るくて、
そして健一君のことが大好き。
 
健一君も、お母さんのことが大好き。
 
 
それから
小堺さん演じる、安藤先生が本当にナイスキャラクター!!
笑うことで免疫力を高めようという考えの持ち主です。
 
 
 
何故自分ばかり苦しい目に逢うのかと訴える健一君に向かって、
 
安藤先生の想いを伝える場面があるのですが、そこの小堺さんの歌がとても素敵でした。
 
 
 
 
お母さん役(←38さい笑)のゆみこさん、
2部では可愛らしい盲目の令嬢、チェリルとして出てきます。
 
 
こちらは金髪、ハーフアップの鬘でした。
 
 
声のトーン、仕草など…明子さんからの化けっぷりに注目!笑
 
チェリルはダンスを踊る場面もありました。
 
玉野先生がゆみこさんにも踊る場面を…と、
配慮(?)して下さったみたいです(パンフレット参照)。
 
 
玉野先生は、宝塚のタップの場面をよく振付てますよね。
(雨唄のプロダクションノートとか特に印象的です)
 
パンフレットのインタビューにはロシブルのときのエピソードがちょろっと出てました。
 
 
2部は、玉野先生演じるチャーリーが主人公、かな?一応。
 
健一君の視点で、チャーリーを軸に描かれています。
 
 
話すことができないチャーリーですが、
チェリルのことを誰よりも大切に思っていて…
 
その想いはラスト、健一君からお母さんへの想いに繋がります。
 
 
 
 
テーマが重いので、気軽な言葉を並べてはいけないなと思うと感想を書くのが難しいのですが…
 
 
悲しく、切ないストーリーです、1部も2部も。
 
でも
 
観終わった後、勇気や希望を感じている自分がいました。
 
 
周りの人、家族を大切にしたい。
 
自分の役割を見付けて、それを全うしたい。
 
そんなあたたかい気持ちが溢れてきました。
 
 
 
と言うわけで、拙い感想で恐縮ですが
最後まで読んで下さった方、ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
初見だったので
落ち着いて観たらまた違った感想が出るかもしれません。
 
 
辛い気持ちにもなりますが、その向こうにある何かを受け取りたいと思う舞台です。
 
 
 
これからご覧になる方、
タオルハンカチ必携です。
 
…普通のハンカチじゃダメよ笑。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日も快晴なり~おかげさまDEメルヘン。-ファイル1089.gif
 
さすがゆみこさんおかげさまDEメルヘン。-ファイル0918.gif
 
本日、『道化の瞳』初日でございますおかげさまDEメルヘン。-ファイル1082.gif
 
おめでとうございます!!!!
 
 
(お久しぶりの更新でとても恐縮ですあせる)
 
春の日比谷で…
また新しい記憶が刻まれるのかと思うと、とてもワクワク、そして背筋がしゃんっとする思いです。
 
どんな舞台、世界なのか…
 
しっかり見届けてきますおかげさまDEメルヘン。-ファイル0918.gif
 
あと道化バージョンのキューピーちゃんが発売されるそうですねおかげさまDEメルヘン。-ファイル1089.gif
そちらも楽しみですおかげさまDEメルヘン。-ファイル1084.gif
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。