自分探しマップ ~脱地獄から地上へ~

変わりたいから変わる
なりたいあなたへ今からなる
心も体も変化させる


テーマ:

読んでびっくりした…。あまりにもびっくりしてブログを書かなくちゃと飛び起きた

ちょうど白黒した世界で生きているっていうことをブログに書こうと思っていたので、これは今すぐ書けってことじゃない?と強い思い込みから…飛び起きて書き始めた

幸せ一本釣りのきみえさんから四柱推命を学んでいる

ここでものすごく感じさせられて痛感しているのが私の世界には色が無いということ

今までもずーっと言われてきた。世界が狭いと…少しずつ広がっていると思うとちょっと前の記事でも書いたんだけども

四柱推命の勉強をしている時に私はいつも聞いてしまう「それは良いんですか?」「悪いんですか?」「どうしたら良くなるんですか?」「それは良くないんですよね?」

どうしても良いのか悪いのかで判断したくてたまらなくなる

そうじゃないと何度言われても…心の中でモヤっとしたままになる

初日の日に、人生の中には流れがあるという話をしていて、人生っていうと私が今こうして生きているこの世界しかないような感じがするんだけども、大きな視点で見ると魂の流れもあり、今回のこの人生ではあんまり良くないように感じることでも大きな魂の流れで見たら必要とする今のこの人生だから今が悪いからと言ってすべてが悪いわけではない

みたいな感じのことを言われたんだが…言葉にするとなんかうまく書けなかった、私の頭の中ではいつもリフレインしているはずなのに…354354なんでなんだ?

良い悪いって自分がいる真ん中の線からどっちへ外れるのか?ってことなんだけど…悪いと聞くとどうしてもそれを避けて通りたくなる。なぜか?悪いイコール不幸だと思い込んでいるからだよ

ここなんですここ!

運が悪いイコール不幸

この図式が出来上がっているから良い悪いをものすごく気にする

運が良いイコール幸せではないということもわかりつつあり、考え方を根本的に変える必要があることはわかっている。←これはかなり前からわかっていて、取り組みつつも…なまけもののスピードで理解が進んでいると思いたい。止まっていることはないと思う

まぁ、良い悪いの世界だけではないということと、良い悪いは自分の価値観で考えているからそれが共通しているわけではないということが分かっても来た

四柱推命で運が悪いように私は見えるんだけどそれを聞いたら、「不完全の美」ときみえさんが表現していて…最近ようやくなんとなくわかってきた


四柱推命を知ることで不幸をまぬがれるのではなくて自分のリズムを知るような感じかな。ふとね生理の周期を把握することで旅行をどうしようとか考えるのと同じような事なのかもしれないって思った。自分の今の運がどうなっているのかって知っていると自分が起こす行動が少し変わってくる

四柱推命には陰陽五行説を使っていくのだが、この陰陽五行説に私が興味を持ち始めたのはもう何十年も前になる。ほこりをかぶった陰陽五行説の本がうちにあるのだが、何度も開かれては途中で挫折したという本が(笑)今もう一度勉強し始めている

治療の観点から勉強していたものを視野を広げて見始めたら理解がしやすくなった。新しく本も探しながらいろいろな方向から読むことで、四柱推命のこともわかってきたし、バランスをとるということがどういうことなのかっていうのが想像できるようになってきた

私の世界には黒と白しかなかったから体を良くしたい、ゴッドハンドが欲しいと思っていたけども体のバランスを崩すことで自分の幸せを保っていることもあるんだよなって。背中を触りながら背中の硬さでこれはストレスの硬さだなとか内臓からの硬さだなとか姿勢の悪さだなとか感じ取れるものが増えてきた

全ての問題がなくなるのが幸せだと思ってきた。でもそうじゃないのかもしれない。そして同じ背中の硬さでもアプローチを変えていかないとそれはいつまでも硬いんだよね

繋がっていると言えば繋がっているけども、その人によってアプローチ法は違うと思うんだよね。ストレスで硬くなっているのをほっておけば内臓疾患へとつながっていくことが多いのだからストレスを何とかしてあげた方がほぐれやすい時もあるし、ストレスが体の硬さからきているなら体の硬さや姿勢を変えてあげた方がほぐれやすい時もある。内臓疾患が進んでいるなら、病院行ってその治療を先にした方が良いこともある

バランスをとるということでいうと、四柱推命も体の姿勢も同じなのかなって。ゆがみがあるからといってそれを正したらいいのか?そのゆがみと共にどう共存するのか?っていうのも必要な時があるなぁって感じることもあるので…白黒の世界だけではないなぁ

陰陽の世界は白と黒だ。でも白の中に黒もあるし、黒の中にも白はある、そしてそれは交わりながら回転しているから、白だけの世界というのはない


そして白も黒もあるからこの世の中が二つの色を認識させてくれる。白しかなかったら黒を認識することは不可能だろう

五行を勉強し始めると他の色も出てくる。その色のバランスなんだよね。すべてが交わりあいながら流れあいながらこの世界を創っている


その考え方が面白くて仕方がない

だって自分の人生とか日々の運勢とか性格とかそういうことも陰陽五行で説明できて、体のことも説明できる…奥が深すぎないだろうか?

楽しすぎるキャハハ

やばいほどに楽しすぎる

白黒の世界で白にならないといけないと思っていたが…そうじゃない

白だと自分が思い込んでいるだけで、同じ白を見ている人がいると思い込んでいるだけで、本当はこの世界はたくさんの色に富んでいるんだよね

それを見ようとしてこなかたんだけどね

体調を崩していた時に、キャリアセラピストAiさんに動物占いをしていただいた。懐かしく感じる方もいると思うんだけど、動物占いで息子の性格と私の性格をもっと細かくみていただいた。息子への表現力を変えた方が伝わりやすいかもと提案していただき…。面白そうでお願いしました。ものすごく丁寧にいろいろと書いてあり、自分がどういう性格なのか、そして息子はどういう性格なのかということを知ることができました。自分が思い感じている世界と息子が感じている世界はぜんぜん違うもので、自分の中の表現力では伝わらないことが多々ある。それは年齢のせいだけではなかったと思います。感じ方違うんだよねってことがわかりました。動物占いのもととなっているのは、四柱推命だってこともわかり、動物占いの奥の深さを感じました。こうして表現力を変えることで伝わり方が変わる

自分の親と自分の中に愛情表現の違いを感じていたけども…そういうことだよね。息子と私の間にもあるであろう表現力の違い。彼のことを理解するのにお願いしてよかったなって思いました。彼と私は違うので接し方を考えるのにはすごくためになります。旦那のもお願いしようかなって思うほどに面白かったです。そして3歳だけどもうちの子には生まれ持った性質がしっかりともう出ていました。自分の育て方のせい?って思うこともあったのですが、生まれ持ったことなのねと納得

彼の良さを伸ばしていってあげたいなって思います。気になる方はぜひキャリアセラピストAiさんに連絡とってみてください☆

あなたの人生もよりカラフルになりますように♪

ハッピーデー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
なかなか復活できていませんが…ちょっとずつちょっとずつと思うとふっかつしているなぁ

心はだいぶ復活してきたのか、いろいろな事に気が付くようになった

抽象度の上げ下げについてこの間「ハッ」としたので忘れないうちに書いておこうと思いながら…忘れつつある(笑)

でも何度もその「はっ」としたことにつながるような気付きが起きているので…少しずつわかってきているというのか、わかろうとしてきているのかな?

四柱推命を幸せ一本釣りのきみえさんに教わっています。四柱推命を教わるようになってからなぜか加速して私はいろいろな事に気が付いている気がするんだよね

なんていうのかな…私は一点でしかものを見ようとしていなかったなって

今になってやっと「これ?」「こういうこと?」って感じられてきた。どういうことなんだろうって思っていろいろやっている中で…これか?あれ?もしかしてわかってきたのか?なんて思うことがある

わかってきていないんだけども…なんていうのかな。もしかしたらこういうことかな?ってね

私はものすごい狭い世界の中で生きている。「良い」か「悪い」かの二択で生きている。「白」か「黒」かであり、その二択がまた私の中の常識という狭い範囲で選択されるのでものすごく生きづらいんです。苦しくて不幸になるような選択しかなかったりもする

もっと広い範囲で見なよとか感じろとか抽象度を上げろとか言われ続けてもよくわからなかった

この間の四柱推命の講義ででイメージが大切だという話になったんだよね。イメージがわかないマニュアル人間としてはどういう意味なのかよくわからなかったんだけど英語をどう訳すのか?っていうのと同じような感じと聞いた。単語の意味をそのままつなげても文章にはならないので、訳す人によってちょっとずつニュアンスが変わってきたりするように四柱推命も出てきた命式を言葉にどう訳すのか?となるとたくさんの単語を自分なりにつなげるしかないんだよね

そしてこの時に、お金と自由とライフワークと萌えのあいざわさんとのぐりさんのチャネリングのセミナーの資料でも同じようなことが書いてあったなと思い出し…そしてあたる兄さんのブログにもそう書いてあったなと。あたる兄さんのブログでは抽象度の上げ下げをどうやっていたのかっていうのがコメント欄を見ていくとよくわかる

これを伝えたかったのかな?っていうのが今になってやっとわかってきた

自分のマイワールドが強いがために私は、自分のやり方でメッセージがくると思っていた。チャネリングなんかも言葉で降りてきているのかな?って思っていた。十年以上前に何回かセミナーとか行っていて練習もしてきたことが今になってわかってきた(笑)

自分が思っているように見たり聞いたりできるとというか、そういうやり方しかないと思っていたから自分の世界を狭めていたんだよね

いろいろな方法で私は導かれているのに…これは違うって自分で決めつけて導かれないようにしていたり(笑)

頭が固いからわからないと思い込もうとして不幸の殻に閉じこもったままでいようとしていた。なのに「助けてー」と周りに叫びすがりつく…。でも助けようとするとバッサリと切り付ける

なんてやつなんだって感じですが(笑)

最近、抽象度の感覚?に「はっ」としています

自分が感じている感情もうまくすり替えようとしてそのままを感じていなかったしね(笑)

ハッピーさんのブログで、自分の感情を無視し続けてわからなくなるって読んだ時にも…まさにこれだなって

自分の感情を無視して、こうだと勝手に決めつけようとして、本当は違うことを感じているのにそこにふたをしてきたから、自分がどうしたいのか?わからない

練習が必要なんだけど、「良い」「悪い」と判断するのではなくて、ただ目の前のことを感じる、自分と向き合うっていうのが大切なんだなって

とても尊敬している方から資料をいただいたのですが、資料が添付してあった時にいろいろ考えてしまった自分もいて…時間がないから細切れに読んでいたのですが…考えさせられることがやはりたくさんあった

自分と向き合うこと、自分に正直になることの難しさと大切さそして、今まで向き合っているふりをしてきてごまかしていたことっていうのに気が付けて…

また一歩、言葉という言語に振り回されすぎないということに気が付いた

抽象度の上げ下げ…言葉をいかにイメージや感情にするのか?ってことがなんとなくわかってきた。正解も不正解もないっていうことにも

良い悪い、正しい正しくないで生きている私にとってはどうしても気になるこれであっているの?この不安が自分の自信のなさでもある、自信がありすぎても私は調子に乗るのでここら辺の練習をしているんだけどね(笑)

自分の世界がいかに狭いかっていうのがものすごくよくわかるようになってきた最近です。今さら?やっと?あれだけ言ってきて?って感じもするのですが…きっとこれからもいかに私の世界が狭いかっていうのがわかっていくんだろうなって思います

自分が感じていることに向き合えるようになると今まで感じようとしていなかったものが感じられて、受け入れたくないとごまかしていたものを受け入れられるようになると自分の選べる世界が広がるのかな?ってやっとやっと去年受けていたコンサルの時に話していた意味がわかってきたような気がする(笑)

抽象度を上げるとどうなるのか?1階にいると5階の景色がわからないし、行ったことのない20階の景色なんて想像だけでしかなくて本当か嘘かもわからないから、抽象度の高い話をしてもわからないだろうけど…言葉にするとそれしかないんだよ。自分の抽象度が上がって5階の景色をみたら納得して「あの言葉にしかできないな」って思うと思うよって言っていたのがわかってきた

言葉にするっていうのは…難しい

でも感じているその感覚を感じるのも難しい

慣れない言語を使おうとしているからね

慣れない言語に慣れようとしている…使える言語が増えるとコミュニケーション取れる人が広がる

抽象度を上げるというのはそういうことなんだなって…だから練習あるのみですな

なんだかよくわからない文章になってしまったなぁ…

今日も、お読みいただきありがとうございます




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
自分の思考が自分の世界を創る…

何度も読んで、何度も目にしたり、耳にしたりする言葉だ…

私はものすごく「○○しなくては」という強迫観念で行動することが多い

白黒はっきりさせるということも強くて、自分の中でこうだと思ったらそれ以外はないくらいに思い込む。被害妄想意識で思い込むから厄介な人物以外の何者でもない

この思い込みの力が強くて強くて自分の自由を縛っている

こうだという自分のイメージが周りの人もそうだろうと勝手に思い込んでいたり、普通は…という言葉で自分も周りもそうだと決めつけてかかる

私は息子が砂場で遊んだり、粘土やのりで遊ぶことをあまり好ましく思っていなかった…。理由は簡単汚れるから(笑)

それって子供の発想を制限しているよねと言われて、その通りだなと。片づけるのもめんどくさいし、洋服や靴を洗うのもめんどくさい。砂だらけで家に帰ってきて家の中が砂だらけになるのも嫌だ。靴下の繊維に食い込んだ乾いた砂と泥ほど洗うのがめんどくさいことはない。粘土も敷物を敷いて遊ぶがもちろん粘土が下へと細かく落ちてしまい畳や、床へと細かく入り込んでしまう。そういうのがすごく嫌だったし、粘土は色を混ぜるのも嫌だった。安いんだから良いじゃんと言われて、何をそんなにこだわっていたんだろうとふと気が付いた。意味もなく混ぜる事がどうしても嫌だったが…そのうち自分であれ?って思う日がくるかもしれない。わかるようになってから混ぜるのではなくて…普段からそうやってやりたいようにやることで子供なりに学びがたくさんあるのに、そういうのを自分の都合で制限するのは子供がかわいそうだよと言われてやっと気が付いた

言われた次の日はたまたま友達と公園遊びをしに行ったのだが、朝のから17時までずーっと公園にいた。砂場でも楽しく遊んでいて…友達の砂場のおもちゃを借りて楽しそうだった。お昼からおもちゃをもって他の公園に行こうと思っていたので、何も持って行かなかったが…知っている子もたくさんいてなんだかんだと一日楽しく遊べた

二人きりだと一日中はいられなかっただろうが…。真っ黒になりながら遊んできた

IMG_20160614_100541827.jpg 
お家では、粘土を出して、混ぜても良いよと言ったら喜んで混ぜていた…

どんどん混ぜていくとどんどん大きくなり力も必要になる

これはこれでやってみたら楽しかった。遊ぶという事に意味はないんだよね

セロハンテープやホチキスなども大好き、はさみものりも大好きだからこそ見守りながら楽しもうかと思えた

汚れるから…汚れてなんぼなんだよね(笑)自分の価値観できっとこうだろうから嫌だとやらせないことでたくさんの可能性がなくなっている。自分の壁をとってみると自分の中で新しい発見もあるし子供のいきいきとした顔も見れるので楽しい

今の彼には遊ぶことで五感を育てていくのだろうからたくさん体を動かしてたくさんの物を見て触れられるように、自分が嫌だからやめてというのをなるべく気を付けていこうと思います

外でたくさん遊ぶことで学べることがたくさんあるんだよなぁ

自分の中で創っている世界って言うのはこういうことなのねと感じながら少しこれで広がった?自分の中の壁って言うのは壁と感じないものだったりするのかもしれない

○○しなくちゃという気持ちは壁だったりするんだよね。自分の中のがんじがらめにしている意識と言うのはそういうものだったりするのかな

少しずつ…少しずつこうやって気が付いて、修正していくことで自由になっていくのかな♪

○○しなくちゃ…この気持ちって無意識でやっているから気が付かなかったり、それをどう修正して良いのかわからなくなりやすいんだよね(笑)

だからヒントをもらったり、背中を押してもらった時にはできることはどんどん変えていきたい

ガチガチに固まっているから…(笑)


 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。