ミワユータの赤裸々日記

ELIZABETH.EIGHTのボーカル、ミワユータの赤裸々で日常的なアレなアレ。

NEW !
テーマ:



西が始まる。ミワよ。



今夜、西へと向かう。


何かにも書いたけど、

日が落ちてから始まる旅は、
秘密めいてる冒険みたいで素敵。

キャリーケースに最低限の荷物をつめる。

靴下と下着だけキッチリと、
その他はバッサリと。



大阪からチェキ販売が再開するので、
いたると二人でフィルムを買いに行ってきた。

ついでに、
ツアー前の最後の贅沢として、
回転寿司でサーモンを食らう。



ミワユータ、毎回思う。


サーモン食べ過ぎてるから、
サーモンに呪われてるはず。


来世はきっとサーモンに生まれ変わって、
熊にガバッと爪で捕獲され、

食べられるならまだしも、
陸にぶっ飛んで、


何の役も立たずに腐っていくんだ、

と、思いながら、

流れるのすら阻止する勢いで、
ミワユータはサーモンをレーンからとった。


熊とサーモンの戦いのように、

ミワユータと裏の寿司職人(パートの真知子さん58歳)も、

激しく戦った。


最後は、
可愛いデザートでフィニッシュ。



スシロー、
何でも流れてくるわね。


ミワユータ、
もう何が流れて来ても驚かないわ。


パートの真知子さん58歳さんが、
正座で皿に乗って流れてきても、

あ、お疲れさまです、と普通に、
会釈くらい出来そうだ。


まあその皿は取らないけど。


そんなわけで、
チェキのフィルムを買って帰宅して、

しばらくいけないから、
がっつりジムで動いてきた。


眠くて気絶しそうなんだけど、
何だか眠れない、
脳みそスパーク状態だから、
またバタバタ色々やってしまった。



大阪と京都、計3本。

どれだけの人に再会できるか。

どれだけの人とハジメマシテできるか。


ASK YOU!! 持っていきます。
沢山こもったアルバム。

そして、限定タオルと、
ツアーTシャツ。


あと、本日買いにいったフィルムでバシバシ写す、
チェキ。


チェキは、撮ったその分だけしか販売しないので、
是非、ご来場頂いたらガッとお買い上げください。


さあ。

関西ツアー。始まります。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



ささいな日記。ミワよ。



最近、日記をつけてる。
簡単なやつ。

記憶障害の激しさで、
リハビリで毎日日記をつけてたけど、
もう大丈夫だろ、とやめて、


あれから2年。


バリバリ記憶障害。



でも、エピソード記憶と呼ばれるものは、
激しく覚えている。


その時の温度や服装、
かかってた曲、全部。


ただ数字にまつわることが全然覚えられず、
相変わらず数字の羅列は読めないし、
意味のわからないお金の出しかたをする。



日記をつけるというのは、
脳を動かして思い出すことで、
とても脳のリハビリにいいのだそうだ。


いや、逆に、
このブログ、
まったく役に立ってなくて笑える。




日記をペンで書くと、
リハビリしたのに書けない字が多くて驚くね。

あんなにリハビリしたのに。


でも、字がかけなくなってた時、
頑張れ頑張れと言われていたら、
きっと暴れてドリルを燃やして、
何もかも投げ出していただろう。


ひらがなが書けずに練習してた時、
退院してからもミワユータの実家に泊まり込み、


ユータさん「あ」が書けない~!
可愛い~!子供みたい~!という、

変わったエールをおくり続けてくれた、
こふじのおかげで頑張れた。


スリーピースでも活動して待っててくれたから、
その分、こふじは人気もあって。


ほんとすごいよ。


ミワユータが復帰の時期、
こふじさんがボーカルならいいのに~。
ユータさん治っちゃうのか~残念。


とか、
普通にツイートしてる女の子いたからね。


こふじは歌も上手だし、
ルックスもいいし、
もっと歌を聞きたいってのもわかるけど、

ミワユータが復帰するのを残念がるのとは、

そこは、イコールではないと思うんだよな。


こふじ、大佐、俊司、いたる、そして深見。

イカした男がそろってたら、
誰がタイプ~!なんて話、
女の子なら当然の話のネタだけど、


ミワユータが治ることを、
いや、人間が仕事復帰できることを、

残念と言える感受性ならば、
きっとミワユータの愛は届かないだろうと思う。


届いてないんだな、と。



ただ言いたいね。


ユータさん治っちゃうのか~残念。


この言葉に誰より怒るのは、
ずっとずっとミワユータの車椅子をひいて、
下の世話までしてたこふじなんだよ。


こふじも、いたるも、
大佐も、俊司も、深見も。


そう。


我々は集合体よ。


だからこの自称こふじファンの場合、
ミワユータにナイフを刺したら、
何故かこふじから血が吹き出したりするの。



ファンってね、
優しいのよ、とても。


先日福島で頂いた湿布をはってあげて、
こふじの背中をポンとたたく。

ありがとう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



生きづらい器。ミワよ。



脳炎以降、たまに、
自分が自分じゃないみたいな、

例えば、
人型ですらない異星人になって、
自分を見てる気分になる。

気分、じゃないな、感覚。


入院中、
人の顔を見ながら、

なんで目が二つあって、
ここに配置されてるのかなぁと、

不思議を越えた違和感をずっと感じてたんだけど、
最近それが戻ってきた。


変なの。
発作起きないかな。
大丈夫かな。

記憶をなくしても、
またメンバーの誕生日だけは覚えていられるよう、
頑張ろう。

(ポジティブ)



さて、横浜ベイシス。



いやー、ピンチコックスが良いライブでね。



ピンチコックス、略してピンチコ。
彼らもギタエロ出演バンド。


笑い話で話していたけど、


当時ギタエロのCDを聞いて、

「おっ、かっこいいバンドいるじゃん!」

ってなったのはピンチコとダグ(ダグアウトカヌー)で、


ライブを見て「良い!良いライブ!」って、
拍手喝采だったのもピンチコとダグで、



あれから結構経ったけど、

一緒にライブやるのも、
ピンチコとダグ(イベント出て貰ったり)だったりして。

ファーストインプレッションの大事さ。



ピンチコが泣かせるようなMCをするから、
ほんと参った。


絶対うんこの話だと思ったのにさ、

mcが、
感動9割、うんこ1割だったから。

(1割はキープ)



曲が、詞が、ではなく、
ベスハチがステージに立ってるだけで泣きそうになる、


って言ってくれて、


こっちが本当に泣きそうだった。



でもまあ。


ギタボの翔太とは音楽完全にゼロで、
エロとうんこの話しかしてないんだけどね。


いいんだよ。


ステージで全力出してれば、
打ち上げで補足説明する必要なんてない。

それがミワユータの打ち上げ論だ。


ピンチコ、本当にありがとう。
また必ずやろう。




この二日間、
何だかひたすら笑った気もするけど、


もう次は関西なんだね。


関西のみんなに会えるのが嬉しいよ。


そしてきっと、
あっという間にワンマンだ。


昨日ちょっとミーティングして、

ワンマン、プラス、
お客さんがちょっとだけ楽しくて、
ちょっとだけ快適な数時間にしようって決めた。


また細かく決まり次第、アナウンス致します。


2/18、
大塚ハーツプラス。


どこのバンドのファンでも、
どんなアーティストのファンでも、
全く全然問題ない。


浮気でもいい、気の迷いでもいい。


一夜だけの浮気相手を、
ベスハチに選んでちょうだい。


素敵な夜にする!
至上のウエルカムよ!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




中身の中。ミワよ。



いつの時期かミワユータは、
パンクな女だと思われていたことがある。


写真を見ると確かに、

ライダースにチェックのスカート、
スタッズのチョーカー、

と、まあ確かにそれっぽいかもしれない。


でもミワユータは、
セックス・ピストルズを聞いたことがなく、
ブルーハーツも一枚も持ってない。


だからミワユータの中でのパンクは、
戦友のハンズインポケッツだけ。

(あ、でも途中から彼らもパンクっぽくなくなってきた)


とにかく、本日のポニーズのベース、
マウンテンの聖誕祭は、なんかパンクだったね。



スリンガースのRYOは泣ける良いライブをして、

出番のあとは無責任に酔って暴れて、

でも最後きちんと感謝と陳謝の鬼になるあたりが、

昔から本当に好感が持てる。



日本のパンクは優しい、
その歴史はブルーハーツが作ったんだ、

なんて聞いたことあるけど、
ほんと尖ってるだけじゃグッと来ない。


古い付き合いのモッフィーもそうだね。

優しいパンクス。


前、ステージに酔った共演者に乱入されて、

メチャクチャされてぶちきれて、

ちゃんと自分でギター折って、


でも、
ごめんなぁぁ!って、
ギターに謝って泣く、みたいな。



でもその後、
ステージでキレたそのことをどう評価されようと、
ウジウジ言わない真っ向勝負感がいいよね。



しかし、まあ、あいつめ。


ソロの歌い手で、
四人編成の四人分の熱量を、
はるかに越える熱を出してくるから、
ちょっと基準が狂うわ。


バンドの半端なボーカルを、
片っ端から惨殺するようなライブだった。


うちらのライブもとても楽しかった。
ありがとう。


みんなが見えて、

このみんなに、
2/18、大塚ハーツのワンマンでも会いたいな、
と思ってた。



マウンテンの曲で、
「セックスしてんじゃねぇ」
って曲があって、

セックスしてんじゃねぇ!
って連呼する曲なんだけど、
それを最初にやってたんで、


ミワユータは終始、
自分のライブ中、


セックスしたからお前が生まれたんだよ!
お父様、お母様、ありがとうございます!
セックスしてんじゃねぇ~!って言ってんじゃねぇ!


と、
ライブ中に叫んでいた。


終わったあと、

名言出ましたね、
ミワユータ語録来ましたね、と声をかけられ、
非常に恥ずかしかった。



ポニーズのライブがどうのってのは、
もう書かなくていいや。

とにかくカオスだった。


一番ミワユータが笑ったのは、

気がついたら、
ポニーズはスリーピースなのに、
ステージに人間が7人もいて、

ポニーズのメンバーの半数以上がフロアにおりてて、
さらにその内ひとりは、
楽器すら持っておらず、


御輿のように担がれたマウンテン、
やっぱり主役か?と思いきや、

みんなステージに上り、
飛び降りる遊びに夢中で、



え、なに、これ夢?


と思った。



人生で「カオス過ぎる!」と思ったイベント、
ベスト3だったな。


ちなみに一位は尼崎。

二位は香川。


面白かった。
ありがとう。



余談。


ミワユータが物販の通りづらい場所を抜けようとしたら、
転ばぬようにごく自然にモッフィーが手を貸してくれた。

ミワユータもごく自然に手を借りて、
そこを通ったら、

「きゃーモッフィーさん素敵!」と言われてたので、

ミワユータはちゃんと言った。


ミワユータが階段降りてたら、
ハンクスのアダッチ~は上まで迎えに来て、
手を貸してくれるし、

ミワユータがうたた寝してたら、
マゼランのアッキーは上着をかけにきてくれる。


みんなが素晴らしく優しいのであって、
モッフィーが特別ではない。
(歪んだ俺様系)


するとモッフィーがこう言った。

ギラッとこう言った。



こふじさんは、ミワユータの犬やろ?
いたるも、犬やな?
アッキーは、猫な…?

俺はミワユータの下僕じゃい!!!



自分を下僕って、
こんなかっこよくいう人初めて見た。


友達でよかった。



今夜は横浜ベイシス。
出番は21:15。

来てくれないとカエルになる魔法をかけられています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



凄すぎる。ミワよ。



大佐という人はすごく気が回るタイプで、
プレゼントの好みを外すことがない。

ミワユータにくれるプレゼントの場合、
特に外すことがない。


プレゼントって性格出るよな。


大佐はほんとはずさなくて、
ちょっと「あれ欲しいなぁ」
と呟いてたのを覚えてくれてたりする。


ミワユータの誕生日などは、
メンバー個々、
特にキャラクターが出て面白いのだ。



俊司は、
ザックリ彼との好みで選んだ、
おしゃれなファッション小物などが多い。


いたるは、
経験派なので、どこか連れてってくれたり、
一日まるごと思い出プラスレス系。


こふじは笑顔で、
おめでとうー!と言ってハグしてくれます。


(こふじの名誉のためにいうと、
彼は何もない日にプレゼントをくれるタイプ)



大佐は


ちょっと高くても長く使えるなら価値がある、

と言うスタンスでプレゼントをくれるので、

ミワユータは今も大佐がくれたマーチンを履き、
良い感じで馴染ませる過程を楽しんでいる。


(かっこよく言ったが、
ミンクオイルを塗るなどのお手入れは、
いたるがやっている)



ちょっと前クリスマスだったので、
大佐がプレゼントをくれた。


ジムがんばってるから、
これをあげよう!


プレゼントの中身は、
Bluetoothのワイヤレスイヤホン。


おーっ!


さて、時間はもどる。


ミワユータはスタジオなどで作った曲や、
ライブのゲネプロなんかは自分のiPadに入れている。


それを、
パッと聞きたいなって時、
当然、iPadをジムに持ち込むわけだ。


iPadはデカイ。
イヤホンは短い。


だから、運動の動作によって、
イヤホンがすっぽ抜けないように、

ミワユータはマシンで運動するのに、
iPadをズボンと腹の間に入れたりして、


何だ…あいつ…


という目で見られていた日々があった。



いや、iPadを床に置いてマシンに乗ったら、
イヤホンすっぽ抜けた、なんてしょっちゅうだったのよ。


耳からイヤホンがすっぽ抜けるならまだいいけど、
イヤホンがiPadから抜けると、


まだ作りかけの、
聞かれたら恥ずかしい鼻歌レベルの歌が、
iPadから爆音で流れてしまう。


そんな話を何となくしたのは覚えてる。
けど忘れるくらいにサラッとだ。



話はもどり、
このBluetoothのワイヤレスイヤホン。


ワイヤレスにも程があるわよ!


ノンストレス!


完全にスポーツやる時に音楽を聞くようにつくられていて、
めちゃくちゃ軽いし、
耳にかけられる上、ぴったりフィット。


ワイヤレスだから、
iPadを床に置いてて大丈夫。


プンッ!って抜けない。


音もいいので、
楽しくなってしまって、
へとへとになるまで、
筋肉にヨロシクした。


あまりに使い勝手がよかったので、
大佐に改めてお礼を言ったら、


へー、高いだけあるんだな~


と、言ってたので、

怖くて値段は聞いていない。


明日も使う。

明日はライブ。
両国サンライズ。

ポニーズのマウンテンの誕生日だって。


その前に行きたい。
ジム。


今、バストアップの運動ばかりしているので、
バストがアップしすぎて、

明日、

おでこにおっぱいついてる可能性がある。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。