会社のお医者さん ベストコーチの「目標達成のための営業マインド」の作り方

初回面談で、心を鷲づかみ!見込み客から愛されるマインド(セルフイメージ)の創り方。



テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

 
とても感謝しています。
 
 
会社のお医者さん
 
 
ベストコーチの宗瑞 允暉(むなみず みつてる)です。
 
 
トラブルが多い会社で大切なことは、何でしょうか?
 
 
①リーダーシップ
 
 
 トップの目標に向かいスタッフの潜在能力を引き出す力
 
 
 また社員に愛される人望とそのための共感・傾聴〔コミュニケーション力〕
 
 
②社内の信頼関係
 
 
 クライアントのために常に円滑なコミュニケーションがとれる
 
 
 会社の利益=顧客の利益のために(好き嫌いを超えて)サポートし合う仲間になれる
 
 
 会社の利益とは何かを経営理念で示し、共通の価値観になっていることが前提
 
 
③社長、全スタッフが顧客に愛される
 
 
 あなただから頼みたい、応援したいと思われている
 
 
④常に優れた商品やサービスを常に提供できる体制がある

 
顧客の役に立ち喜ばれるものがってこその継続経営
 
 
理想だと片付けるのは、簡単ですが、目指す方向〔ビジョン〕が間違っていたらます大変な時代になって来ました。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 
とても感謝しています。
 
ベストコーチの宗瑞 允暉(むなみず みつてる)です。
 
交渉ごとは、やはり、詰め(クロージング)のタイミングが肝心です。
 
今回は、パソコンの買い換えで、4店舗周りました。
 
その内2店舗は、立地が違う同じ会社です。
 
同会社でも昨日と今日で、同じパソコンの価格表示〔1万円以上〕が変わっていました。
 
きっと新機種が出る予定で在庫処分のタイミングなのでしょう!
 
パソコンは年3回は何らかのバージョンアップがありますからね。
 
対応した担当者は、皆さん説明はうまいのですが、詰め(クロージング)が下手でした。
 
こちらが、買う気で店まで出向いているのですから、決断できる情報〔買い手が求めている性能、最終価格、特典がつく条件、保証期間と内容〕をタイミングよく提示して契約に持ち込むべきです!
 
電器量販店〔ノジマ、ヤマダ、エディオン、ケーズデンキ〕のようにライバル店舗が近くにある場合は、チャンスを他社に奪われる前に詰めのアプローチ(クロージング)をすべきです。
 
買い手(客)が目の前にいる時がラストチャンスだと捉えて交渉しなければ、他社に取られる可能性が大きいのです。
 
また逆に、買い手は1社だけ見て、即決せずに、他社も周り、買いたい商品が各社がいくら(どんな条件)で最終提示してくるかを知るべきです。
 
他社の名前を出しながら交渉すれば、かなり良い条件で買うことができます。
 
同じ会社の店舗どうしでも、成績を競っていますから買う気がある時は強気で交渉しましょう。

今回は、提示価格から最終的に2万円弱の値引きと、13,100円のサービスポイントと1080円のサービス品をゲットできました!
 
CPUも5年前に買ったintel〔pentium〕から、
 
今回上位機種のcorei7 7th〔i7-7700HQ〕8G 4コアに変えましたが、総購入価格は全回より安なりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

とても感謝しています。

 

会社のお医者さん

 

ベストコーチの宗瑞 允暉(むなみず みつてる)です。


昨日、ベストコーチの営業コーチングとUE講座を修了した素敵女子から、営業年間目標成績を半年早く達成して表彰されることになったと報告があり、いたく感激しました。

 

私も私の周りも皆ツキまくっています(*^^*)

 

本当に嬉しいです(^^♪

 

早々ランチ会で祝いました!!!

 

 
 
 

数か月前までは、やむおえない事情で大口解約が発生し、苦境に立たされ余裕がないと嘆いていたのですが、ネガティブな感情の根本的な原因になっている心のブロックを解放するようにアドバイスしました!

 

こういう時は小手先のノウハウでは打開できません!

 

相手のせいにせず、自分自身に原因があると考え、意識レベル(波動)を変える事です。

 

見事に更なる大口を掴みました!!

 

本当に我がことのように嬉しいです。

 

この素敵女子は、保険の営業担当者でベストコーチの“トップセールスに成るための営業”コーチングを受けていたのです。

 

常日ごろから、愛を持って信頼関係を築くコミュニケーションセルフイメージを上げる事を会うたびに伝えていたのです。

 

 

セルフイメージとは、仕事に対する姿勢や価値観の事です。

 

 

実に素晴らしい!

 

ピンチは、チャンス(^^♪

 

さすが!

 

ネガティブな感情を認めて素直に自分と向き合うことができたから、達成できたのだと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

とても感謝しています。

 

ベストコーチの宗瑞允暉(むなみず みつてる)です。

 

売り手視点だと、どうしても扱う商品の性能や特徴に力が入りがちですが、ビジネスの継続性や拡大は、商品だけではなくやはり営業(お客様)担当です

 

住宅や保険、治療、美容などの対面販売系の業種は特にそうです。

 

特にクライアントの身体に触れるボディーセラピー系などは、テクニック以上に肌相性が一番大切です。

 

買い手視点で観ると対面販売は、潜在意識レベルでお互いの許可が出ないと契約やリピートはありません!

 

やはり、売手が考えるほど商品やサービス的に圧倒的な差がない場合は、初回契約(販売)でも誰が担当になるかが一番の成約要素になります。

 

担当者も商品の特徴(他社製品との違い)ばかりに意識が行ってしまいがちですが、商品価値は言うまでもなく自分自身や会社の価値をしっかり伝えるべきです。

 

いかにクライアントから愛され選ばれているか、指名されているか?

 

そのために何をしているか?

 

更に何をすべきか?

 

その視点がないと、思うような結果が出せません!


違いますか?

 

思い通りの結果が出ていない時は、直接応対する担当者の魅力がちゃんと伝わっているかどうか、今一度確認してください。

 

共感され愛されるPR(自己紹介)ができないのは、対面販売にとって致命傷です。

 

初回接客の挨拶からお見送りまで一連の言動や態度でしっかりクライアントの気持ちを掴めているかどうか?

 

それが課題(問題)なのです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いつも訪ねてくれてありがとう♪

 

とても感謝しています。

 
ベストコーチの宗瑞允暉(むなみず みつてる)です。
 
あなたには、営業成績を劇的に変えるノウハウがあるのでしょうか?
 
と、よく訊かれますが、
 
その答えは?
 
ズバリ『売り手の意識レベル=セルフイメージ』を変えることです。
 
実は、ノウハウを使いこなせるかどうかは、セルフイメージ(あなたの在り方=仕事への姿勢や価値観)次第なのです。
 
もしあなたの成績が望むようなものになっていないとしたら、今の視点(セルフイメージ)を変えることです。
 
自分本位の生き方・考え方になっていませんか?
 
自分や家族の生活のために仕事をする。
 
もちろん、仕事は、奉仕ではないので、最低限生活が保障されないといけませんが、しかし、それだけでは、不十分です。
 
自分の生活やお金だけが目的では、望む思い通りの成果(成績)にはなりません。
 
買い手(客)の視点に立ち、あなたが提供できる商品でいかに喜んでもらうか、幸せになってもらうか?
 
その視点が大切なのです。
 
買い手の視点に立つから、お役に立ち、喜んでもらうためのノウハウを選択するようになれるのです。
 
また、ノウハウを使いこなすレベルも向上させたいと思う訳です。
 
幸せや喜びに繋がるためには、立ち位置(視点)を変えると同時にすることがあります。
 
商品特徴の説明さえできれば、お客様は買ってくれると思い込んでいると、契約は上手くいきません。
 
思い込みに気付き解消しなくてはいけません!
 
大切なのは、商品特徴だけではなく、商品価値(効果効能)であり、あなたが担当者としてどこまでお役立ちできるかのあなた自身の価値であり、会社が未来永劫サポートすることができるかどうかの存続価値なのです。
 
3つの視点すべてにに立ち、お客さんの要望を今まで本当に満たして来たでしょうか?
 
再来が少ない、つまり新規がリピーターにならないのであれば、お客様のために何を提供して来たか?
 
提供の仕方に問題がないか?
 
客の満足度は、どれくらいか?
 
これから何ができるか?
 
もう一度検証してみてください。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう♪

 

とても感謝しています。

 

会社のお医者さん

 

ベストコーチの宗瑞允暉(むなみず みつてる)です。

 

今日は、脳科学者の茂木健一郎さんのコラムから。

         ↓

 社長の役割は、社員を気持ちよく働かせること

 

 人の能力は多様で、個性はさまざまである。個性は、得意なことと不得意なことが表裏一体になってできている。そのことをわかりやすく伝えるために、講演会などで問いかけることがある。

 

「みなさんは、会社の社長は、勉強ができる人とできない人と、どちらが向いていると思いますか?」

 

会場がざわめく中、私は続ける。

 

「実は、勉強が苦手だった人のほうが、社長に向いているということもあるのです」

 

ポイントはこういうことである。

 

子どもの頃から勉強ができる優等生だった人は、何でも自分でやる習慣が身についている。大学入試までのペーパーテストは、結局「個人競技」である。ひとりの人間として、どれくらいの点数がとれるかが問われる。

 

一方、社長の役割は、自分が仕事をすることはもちろんだが、社員にいかに気持ちよく能力を発揮してもらうか心を砕くところにある。30人の社員がいる会社ならば、それぞれにいかに効率よく働いてもらうかがポイントになる。

 

勉強が苦手な子は、ある意味では子どもの頃から社長業の「ネーティブ」である。夏休みも終わりに近づくと、そろそろ「経営計画」を立てる。読書感想文はママに、工作はパパに、計算問題はそれが得意な鈴木くんに手伝ってもらおうと考える。

 

つまりは「適材適所」である。さらには、「人心掌握」もしなければならない。普段から人間関係をよくしておかないと、いざというときに手伝ってもらえない。「ママ、きれいになったね」とお世辞くらい言うかもしれない。

 

「こいつが言うならば仕方がないなあ」と宿題を手伝ってもらう。さらに「ママ、読書感想文進んでいる?」などと「進行管理」もして、夏休みが終わった後の登校日に、「アウトソーシング」した夏休みの宿題を、きちんと全部そろえて提出する子がいたら、その子は間違いなく社長に向いているだろう。

 

 

「優等生」がダメ社長になってしまう理由: あなたは子どもの頃、夏休みの宿題を自分でやっていたか。(AFLO=写真)© PRESIDENT Online あなたは子どもの頃、夏休みの宿題を自分でやっていたか。(AFLO=写真) 

 

欠点は同時に長所でもある。 

 

子どもの頃から優等生だった人が案外社長に向いていないのは、自分が何でもできると過信しがちだからである。他人のほうが自分よりも優れた点がたくさんある、教えてもらうことや助けてもらうことがあると「感覚」でわかっている人でなければ、すぐれた社長になることはできない。

 

社長に限らず、マネジメントはすべてそうだろう。自分が一番賢いと過信している人はマネジメントには向かない。むしろ、他人が自分よりも優れている点を認め、助けてもらうこと。他人から積極的に学ぶこと。そのような謙虚さを持っている人こそが、卓越したマネジャーになる。

 

グーグルのCEOをされていた頃のエリック・シュミットさんにお話を伺ったときに、強調されていたのが、「他人の意見を聞くこと」だった。「さまざまな人の考えを聞いたうえで、最後は自分で決断する」とシュミットさんは言った。他人から学ぶという謙虚さと、自ら決断する力強さの双方を併せ持ったその姿勢に、感銘を受けた。

 

勉強が苦手なことが長所になり、勉強が得意なことが短所になることもある。そのような立体的な見方をしないと、人の個性はつかめない。

 

欠点は劣等感につながりやすい。しかし、欠点は同時に長所でもあると考えれば、自分や他人の可能性をもっと信じることができるようになるだろう。

  

               by茂木健一郎

 

どうでしたか?

 

もし、あなたが会社勤めをしたことがあるなら、今日の話に“激しく同意”したのではないだろうか?

 

社長(責任者)は、目標と達成期限に向かってスタッフの能力を最大限引き出せる人でないと勤まらない。

 

飴とムチ(恐怖や不安)でコントロールしょうとしても無理なのだ。

 

いかに一人ひとりをご機嫌(ハッピー)にさせて達成するかが、鍵🔑になる。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

とても感謝しています。

 

会社のお医者さん

 

ベストコーチ宗瑞允暉(むなみず みつてる)です。

 

セルフイメージレベルで自分は優秀だと思っているセールスパーソンが陥りやすい罠は何だと思いますか?

 

       Thinking  time

 

          ↓

 

          ↓

 

          ↓

 

          ↓

 

          ↓

 

                           ↓

 

           ↓

 

                 

それは、

 

自信があるからこそですが、

 

自分の能力だけで攻めようとすることです。

 

クライアント(客)は、

 

セールスパーソンに好意を持つと

 

次の関心は、

 

提供してくれる商品やサービスがどの程度問題を解決してくれるかのレベルに関心が行き

 

そして、最後に

 

セールスパーソンが務める会社や今の社長になります。

 

本当に現在だけでなく将来的にも安心できる会社なのか?

 

順番としては、いきなり商品やサービスの説明に入るのではなく相手の現状や今後どうしたいのかをじっくりしっかり聴く事が大切。

 

所謂、《傾聴》です。

 

あなたは、どれだけ相手の要望に沿った形でセールストークを展開しているでしょうか?

 

それなくして、クライアントは、あなたの話に真剣に耳を傾けてくれないのです。

 

ノウハウやテクニックだけでなく、根本から会社を活性化・お客様だけでなく社員や経営者もハッピーにしたい経営者の方は、ベストコーチにお問い合わせください。

 

組織活性化(人間関係改善セッション)&営業研修の申し込み

             ↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cb97c456370749

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

とても感謝しています。

 

会社の医者さん

 

ベストコーチの鈴木です。

 

本日より、

 

鈴木から

 

宗瑞允暉(むなみず みつてる)という、名前(ペンネーム)を使用して行きますので、よろしくお願いします。

 

退職した訳ではありませんのでご心配なく(笑)

 

・書籍を出版する

 

・更に素晴らしい商品やサービスを提供する

 

・UE(アルティメッド・エナジェティクス)&現代中医学式耳つぼ療法の資格取得等のスクール事業を拡大する

 

・出会う人すべてを幸せにする

 

以上をヴジョンと使命に今までやりたいと思っていたことに、さらに邁進して行きます。

 

それでは、改めてよろしくお願いします。

 

 宗瑞允暉(むなみず みつてる)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 
とても感謝しています。
 
会社のお医者さん
 
ベストコーチの鈴木です。
 
今日のタイトルは、立場(地位=役割)が人を創るです。
 
会社組織では、本人の意識レベルを変えるためには、人事異動が有効な手段になります。
 
平社員から主任・係長、そして課長、部長・役員へと立場が変わると役割が変わり、同時に視点が強制的に変わります。
 
立場が上に行く程、責任が増して行きます。
 
部下の世話(指導)だけでなく、お客様への責任が増して行き、自分だけから係や課、部と会社や顧客を守って行く立場になります。
 
平社員の時は、まったく見えなかった事、考えもしなかった事が見えてきます。
 
それに伴い様々な問題を解決するために必要な情報や判断力を要求されます。
 
その過程で意識レベルが上がりセルフイメージも書き換えられるのです。
 
有能だが、まだリーダーシップを発揮していない社員もその対象になるはずです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 
とても感謝しています。
 
会社のお医者さん
 
ベストコーチの鈴木です。
 
ノウハウ(テクニック)とそれを使いこなせるために必要なセルフイメージが同時に身に付けられるとしたらどんなに素晴らしいことでしょうか?
 
ほとんどの方は、売れるノウハウ(テクニック)を求めることには、熱心ですが、自身のセルフイメージを変えることには、無関心です。
 
残念ですが、ほとんどの方は、ノウハウ(テクニック)以上にセルフイメージ(なぜ、この仕事をするのかの目的意識)が大切だと気づいていません!
 
気づく迄は、ノウハウコレクターを続けることでしょう!
 
実は、私がそうでした(汗)💦
 
しかし、大切なのは、セルフイメージ(目的を達成するための意識レベル)です。
 
セルフイメージ例
 
・欲しいものや生活のためにお金を稼がなくてはいけない
 
・特技や資格が活かせる仕事
 
・素晴らしい商品やサービスなので広めたい
 
・一人でも多くの方にこれらの商品やサービスを通じて幸せになってもらう事が自らの使命
 
成功できるかどうかは、あなたのセルフイメージが決めています。
 
今のあなたのセルフイメージはどんなものですか?
 
具体的にリアルに成功(目標達成)したイメージを作り込めるかにかかっています。
 
スポーツ選手も試合前に必ず数週間掛けてイメージトレーニングをします。
 
そのイメージトレーニングがわずか数十秒から数分でできたら、凄いと思いませんか?
 
それが、今日紹介する《UE》(アルティメット・エナジェティクス)です。

参考UEブログ
http://profile.ameba.jp/uebestcoach/?frm_id=v.mypage-profile--myname

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。