会社のお医者さん ベストコーチの「目標達成のための営業マインド」の作り方

初回面談で、心を鷲づかみ!見込み客から愛されるマインド(セルフイメージ)の創り方。



テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

とても感謝しています。

 

ベストコーチの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。

 

対面ビジネスは、初回面談が命(=肝)です。

 

信頼関係を作ろうと思えば、ヒアリングが大切だというコンサルさんが多いのですが、英語的には、漫然と聞くことをヒアリングと言うのです。

 

意識して聴く事は、リスニングと言います。

 

英語の授業はここまで(笑)

 

聞くではなく、聴く

 

ここ重要!!

 

耳と目と心(魂)で相手の隠れた要望まで引き出す聴き方の事です。

 

聞くレベルでお客さんと向き合っている担当者は、質問の仕方も、自分が知りたいことを無理やり聞く詰問に近くなり、不快な印象を与えてしまいます。

 

時にはプライベートなことにズカズカ踏み込んできて不快そのものになってしまっていることが多いので気をつけたいところです。

 

「心を許していないお前に、そんなことまで答える必要も義務もない!この無礼者めが~!」と一蹴されてしまうでしょう( ´゚д゚`)アチャー

 

即日販売や契約を目指すと、商品の特徴説明が優先したり、クロージングに必要な情報を速く集めたいという心理に駆られてそうになってしまうのですが、急がば回れで、質問の仕方を変えなければいけません!

 

視点を、

 

是が非でも売らなくては!

 

から

 

如何に、相手に好かれれるか?

 

信頼されるか?

 

安心されるか?

 

知りたいことに分かり易く答えているか?

 

に、変えてプレゼンや人間関係作りに専念してください。

 

結果は、圧倒的に変わるハズです。

 

変わらない方は、セールスに対する考え方を根本(マインド=セルフイメージ)から変えなくていけません!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

新年あけましておめでとうございます。

 

いつも訪ねてくれてありがとう。

 
とても感謝しています。
 
今年もよろしくお願いします。
 
ベストコーチの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。
 
対面ビジネスで最も重要なこと(商品)は何でしょうか?
 
早速ですが、それは、ズバリ、契約(販売)担当者になるあなた”です。
 
あなたが、最高の商品であるべきです。
 
聞き取り役であるあなたがお客さんの潜在的なニーズをくみ取り、あなたの会社が提供する商品やサービスの価値をしっかり伝える役割があるからです。
 
営業担当者で多いのが、自分の事はさて置き、結果が出ないと、いつも客が悪い、商品が悪い、取引条件が他社より悪いなどと自分以外の粗さがしを始めてしまうことです。
 
そして、できの良くない担当者ほど、値引きで自分の価値を高めようとします。
 
安くしてあげれば喜んでくれるだろうという価値観(思い込み)があるからです。
 
自分の価値に足りない分を、無意識に値引きで埋めようとするのです。
 
これは、無意識なので質(たち)が悪いのです。
 
必要性を感じている客で、値引きしないとお客が納得しない理由は、2つあります。
 
第一は、商品価値が担当者の説明不足で伝わっていない時です。
 
客が騙されるのではないかと言う不安心理から抵抗すると、担当者が契約を焦り結果的に値引き(を引き寄せることに)なるのです。
 
二つ目は、価値が解っているからこそ、値引きを要求する時です。
 
これは、まれなケースですが、有名なブランド商品の完成品の場合は、手抜きができないので、安心感があります。
 
もちろん、その商品がどうしても欲しい場合だけですが…。
 
例えば、一般の方なら、1,000万円超えるベンツを500万円にするから買ってくださいと言われても、欲しくもないものを買わないものです。
 
車の業者でもない限り検討すらしないでしょう!!
 
購入後も維持費が係るものなら尚更です。
 
一般人を相手に値引きが横行している会社は、商品やサービスの価値の伝え方だけなく、担当者の思い込み(固定観念)を変えなければけません!
 
必要性を感じている経営者は、一度ベストコーチに相談してください。
 
相談は無料です。
 
まずは、値引きが発生する現状を問題の担当者に知らしめることです。
 
遠方の場合は、交通費だけはお支払いください。
 
コンサル・メンタルブロック解除セッションの申し込み↓
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも訪ねてくれてありがとう。

とても感謝しています。

ベストコーチの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。

世の中には、テクニックやノウハウをいくら学んでも、使いこなせない、と嘆いている気の毒な(失礼)方達がいます。

どうして

そうなってしまうのでしょうか?

学んだテクニックやノウハウを何のために使うかという視点が抜け落ちているからです。

①自分のため

②家族のため

③あなたの関係者(友人、知人)

④必要としている世の中の人ため(まだ見ぬ方たち)

自分のためだけから、他人(お客さんの幸せや喜び)のため迄と目的のレベルが変わるとあなたのテクニックやノウハウも進化して行きます。

目的意識レベルが上がるほど、より責任感が増しテクニックやノウハウを使いこなす(練習する)ため、そのレベルも上がります。

つまり、目的意識に応じて個々人の技術レベルが上がるのです。

今のテクニックやノウハウに慣れ過ぎて、お客さんが求めている最新のものを取り入れられないようでは、困りますが、それも、意識レベルを常に高い位置に置けば、自ずと最新のテクニックやノウハウ、ツールに切り替える(更新する)ことができます。

そして、実践経験を積めば自信に溢れ、頼られる人になることができます。

せっかく学んでも使いこなせないと嘆いているなら、もう一度、何故、誰の何のために使うのか?

日々どれだけ練習しているか?

現状を見つめ直してみては、どうでしょうか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
いつも訪ねてくれてありがとう。
 
 
とても感謝しています。
 
 
ベストコーチの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。
 
 
経営コンサルタントが、何故エネルギーワーク〔生命エネルギー〕を使いセッション(心理カウンセリング)を行うのですか?
 
 
と言う質問を頂きますが、
 
 
その答えのひとつは、
 
 
マイナス思考の思い込みや固定観念があると現状維持機能〔心や行動のブレーキ〕が働き、古いノウハウやスキルを手放せないからです。
 
 
誰もが一度習慣になったもの、身に付けたものをこれもう嫌だな、変えたいと思っても、簡単に変えるのが難しいことを(ダイエットした方なら)ご存じだと思います。
 
 
何度変えたいと思ってもこのままで良いとしつこく今までの習慣が抵抗してきます。
 
 
それは、習慣には、長期間やって来たことを本当に変えるのですかと、警告する役目があるからです。
 
 
習慣は、長期記憶と感情がセットになっている強いエネルギーの固まり(プログラムのようなもの)なのです。
 
 
このエネルギーを解除・解消し、望む成功習慣に書き換えることができるのが、『UE』なのです。
 
 
お客さんのためになる新しいノウハウやスキルを身に付けるためには、古いものを捨てて、新しいノウハウを身に付ける必要があります。
 
 
ノウハウを選ぶ際は、使いやすさだけでなく、お客さんのためになるものを選ぶという意識の変革、つまり使う側のセルフイメージを変えることも要求されます。
 
 
しかし、これも今までの習慣が邪魔をして簡単にはできませんでした。
 
 
それを簡単に望む行動や思考の習慣に変えることができるのが、UEの凄さなのです。
 
 
と言うことで、
 
 
目標達成(願望実現)のために必要なセルフイメージに変えることができる点もコンサルティングに使う理由の一つです。
 
 
それから、UEを使って社内や家庭の人間関係を望む方向に変えることもできます。
 
 
どうやってやるの?
 
 
と思った方は、
 
 
お問い合わせ頂くか、
 
 
是非、UE体験会に参加して下さい。
 
 
人間関係改善セッション

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d15285b0383245

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

 

とても感謝しています。

 

 

ベストコーチの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。

 

 

昨日も、雑誌やHPで見た新商品(腕時計)が時計店にはないかとスタッフに訊ねると、それには答えず、こちらが類似商品です。

 

 

と答えが返ってきた。

 

 

雑誌のモデルと明らかにデザインが違うのに、こちらも好評です、と薦めてきたのだ。

 

 

本当に呆れてしまう( ゚Д゚)



(思わず)

 

 

「全然デザインが違うじゃないか!」

 

 

突っ込みを入れた(笑)

 

 

「店頭にありませんので、カタログがあるので、今すぐ見て見ます」と言って私の反応を見ればいいだけなのに!

 

 

カタログを取り出してページをめくると、

 

 

「これですね!カタログだけでも持ち帰りますか?」

 

 

「要らない!現物を見に来たのだから…( ゚Д゚)」



全く噛み合わない(苦笑)

 

 

雑誌やネット映像でみて興味を持ったから、更に現物を見たくて、気に入れば買いたくて店頭に来ているのだ。

 

 

残念ながら、こんな応対しかできないのは、この会社の方針がそうさせているようだ!

 

 

売り上げ至上主義で、目先の数字に追われてしまっているからに違いない。

 

 

お客さんを見たら『売上サインが点灯し』すぐ売らなくちゃだから、お客さんの声に素直に耳を傾けられないのだろう。

 

 

まともなコミュニケーションが取れれば、取り寄せでも販売できるのに、この人から買いたくないと思わせてしまっているのが残念過ぎる。

 

 

こんな応対の店は、常にスタッフが入れ代わっている。

 

 

先ほどの質問に、

 

 

カタログで商品を確認してから「当店では申し訳ないですが、新商品は、まだこちらに届いていません。少々お待ちください。いつ入荷するか確認させて頂きます」

 

 

その結果の客の反応次第で、

 

 

入荷するまで待ってもらうか、人気商品で納品が遅れるよなら今すぐ注文を頂くか、急ぎであればその商品を見ることができる店を教えるべきだ。

 

 

気持ちが焦り過ぎて販売チャンスを逃している悪例ではないだろうか?

 

 

私が薦める即日販売(契約)は、あくまでもあなたから買いたい、お世話になりたいと思ってもらうことなのです。

 

 

このやり方は、私が競合が多い注文住宅の営業担当者だった時に生まれました。

 

 

来店された時に、建売とちがい、お客さんが欲しい住宅の完成品を見たり、体験することができないので、商品が“今”目の前に無くても、またこの担当者に相談するために来たいと思ってもらえるような応対をすることなのです。

 

 

そうしないと、あなたは、そのお客さんから永遠に買ってもらう機会を失うことになるのです。

 

 

競合他社を何軒回ろうが、

 

 

「やっぱりあの人だね!」

 

 

と、初回面談で、この担当者なら任せて安心、大丈夫だろうと思わせることが一番肝心なことなのです。

 

 

そのためには、もしも貴社がノルマ主義で、営業担当者を追い込み、店の評判を落とすことになっていないかもう一度考え直してみてはどうでしょうか?

 

 

誰のために何をしたら利益がでるのか、経営の根本的な課題ですからね!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

 

とても感謝しています。

 

 

ミラクル・ハピネスの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。

 

 

今日、ある会社を訪問した際に、スタッフが接客中でした。

 

 

話の内容を聞いていて思ったのは、

 

 

お客さん(新規客)が、このタイプの商品が欲しいと言っているのに、店員さんは、その商品は私どもがお薦めしている商品ではありません!

 

 

と断り文句で切り返していたことです。

 

 

その方は、以前他店で買って氣に入っていたが、奥さんに捨てられたとぼやいていました。

 

 

店員さんが薦める商品の素材が身体に合わないと言っているのに当社のお薦めはこれです、と繰り返し言っていたのは驚きでした。

 

 

全く噛み合っていないのです。

 

 

この商品は自分たちが考える価値の高い良い商品だから、と売りたい気持ちは解るのですが、納得させる説明もなしに、これが一番素晴らしから買いなさいと言われてもね…(お客さんの感情)。

 

 

お客さんの悩みに共感もせずに、一方的に押し付けるセールスでは、買う気が失せてしまいます。

 

 

セールスはコミュニケーションです。

 

 

まず、悩みをしっかり傾聴して、お役に立てると思ったら、同意・共感してから、あなたの提供する商品がいかにお客様の悩みを解消できるのか、情熱を持って訴えましょう!

 

 

お客さんの潜在的な欲求に応えられる商品が今は、扱っていないのなら、丁寧にお断りすべきでしょう!

 

 

この店の社長は、景気が良くない、資金繰りが大変、昔は良かった!身体も言うことを聞かなくなったが口癖。

 

 

いつも出てくる言葉は愚痴ばかり。

 

 

ネガティブな言動(波動)ばかり出しているから、お客さんが寄り付かなくなっている。

 

 

お店の雰囲気もどんよりしている。

 

 

わざわざ店頭まで来てくれたお客さんの声に耳を傾けていない、不安や悩みを解消できていないのが上手くいかない本当の原因なんです。

 

 

きっと溺れていいるときのように自分の状態が解らなくなってしまうのでしょう!

 

 

まずは現状を認識する事と他人やお客さんの意見に耳を傾けて欲しいものです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう♪  

 
 
とても感謝しています。 
 
 
ベストコーチの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。
 
 
会社(店)の雰囲気(人間関係)が、そこに入った瞬間に分かった経験はないでしょうか?
 
 
社長や責任者、社員さん達の氣が合っている会社(店)に行くと、とても心地良い感じがします!
 
 
人間関係が良い会社は、社員同士だけでなく、来店中のお客さんや協力業者との会話や電話の受け応えすべてが、心地良く感じるものです。
 
 
波長(波動)の乱れがなくシンクロしています。
 
 
ところが、人間関係が良くない会社は、どうでしょう?
 
 
入った途端、一体何事と思う位、重苦しい雰囲気に包まれています。
 
 
当の本人たちは、感じてはいますが、どうにもならないと半ば諦めているのでしょうね!
 
 
しかし、この雰囲気を感じ取れないようでは、責任者や社長の資格なし。
 
 
指示通りに動いてくれない。
 
 
反抗的な態度を取る。
 
 
積極性がない。
 
 
責任感がない。
 
 
とボヤク前に
 
 
あなたが社員達をその気にさせていないことに気づくべき。
 
 
上手く行かない理由は全てあなたにあります。
 
 
環境や社員のせいにしているうちは、上手く行くことはないです( ´゚д゚`)アチャー
 
 
このまま人間関係が悪く組織力が活かせない状態では、素晴らしいノウハウをいくら学んでも役に立たないことになってしまいますヾ(´Д`;●)ォィォィ
 
 
何とかしたいけど、どうやったら、この人間関係を変えられるのか、解らないと思っているなら、十分現状を変えることができます。
 
 
とても難しい問題のように思いがちですが、社長がその気になれば、人間関係を簡単に変えられる方法があるのを、ご存知でしたか?
 
 
社長や責任者の立場で、うちの会社は、人間関係が良くありません!となかなか対外的に言い難いと思いますが…。
 
 
勇気を持って行動して欲しいと思います。
 
 
社員を成長させること、お客さんに喜んで頂くことが経営者の役目です。
 
 
プライバシーは厳守致します。
 
 
人間関係改善プログラム体験会への参加表面はこちらから
           ↓
人間関係改善セッション

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d15285b0383245

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

 
とても感謝しています。
 
 
ベストコーチの宗瑞允暉(むなみず みつてる)です。
 
 
トップセールスの条件は何でしょうか?
 
 
1.仕事が志事(使命)になっている。
 
 
自分の生活レベルではなく、顧客のためにお役に立ちたい。幸せになってもらいたい。顧客のために尽くすことに喜びを感じている。志事が楽しくて仕方ない。
 
 
2. 常に顧客のためになる情報を収集し、ノウハウやツールを最新のものに更新している。
 
 
顧客のためになるなら、使い慣れた(古い)ツールやノウハウをためらいなく新しいものに更新する事ができる。サービスの向上を目指し、最新知識や技術の習得、そのための自己投資を惜しまない。
 
 
3.会社に雇われているのではなく、自分が責任者や代表者・経営者だという意識で行動している。
 
 
役所仕事やサラリーマン根性を憎み、時間管理に厳しく、無駄な経費は、使わない。利益管理にうるさい。
 
 
4.社内や社外に応援してくれるサポーターが沢山いる。
 
 
そして、誰よりも愛すべき存在であり、どんな時でもあなたのことをよく知る顧客が一番のサポーターである。
 
 
5.セールスに誇りを持っている。
 
 
まさに、顧客の埋もれた要望(潜在的な欲求)を叶えるお手伝いができる事、自己成長させてくれる素晴らしい志事だという自覚がある。
 
 
☆まだ思うような結果が出ていないとしたら、何が足りないのだろうかという視点が大切ではないでしょうか?
 
営業研修については、現状をヒアリングしたうえで、目標達成のために最適な内容になるようにご提案いたします。
 
ノウハウの習得より、まず先に人間関係を改善したい経営者やセールス担当は、ベストコーチの「心のブロックやトラウマを解消して、セルフイメージを変える」メンタルセッションをお受けください。
 
 
人間関係改善セッション

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d15285b0383245

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いつも訪ねてくれてありがとう。

 

 

とても感謝しています。

 

 

ベストコーチの宗瑞允暉(むなみず みつてる)です。

 
 
今日のタイトルですが、パーセンテージの割合よりも、対面販売のセールスでは、担当者の魅力が販売の成果を左右しているという自覚をもって応対して欲しいという意味です。
 
 
トップを目指すのであれば、売れないのは、商品のせい、会社のせいではなく、担当者の魅力がないと捉えましょう
 
 
商品や会社の価値(魅力)を伝えるのが担当者の役割だからです。
 
 
担当者がそう自覚することで確実に営業成績は伸びていきます。
 
 
すべて自己責任で、結果が出ない時に、どこが至らなかったのか、どう改善したらいいのかを考えて試行錯誤しなくては向上はないということです。
 
 
セールスの世界もネット社会の影響を受けていますが、現物を見ないと購買を決められない商品は、まだまだセールス担当の果たす役割は大きいのです。
 
 
逆に、HPの情報更新が滞り、販売の機会を損失しているケースも沢山あります。
 
 
今日は、晴天☀️


趣味と実益を兼ねてバイクの専門店に行きました。
 
 
やっと気になっていたバイクがリリースされたので、現物確認と見積もりを出してもらいに行ったのです。

 
私が、選んだバイクのカラーが3色あるのですが、私が見たかった色は、残念ながらありませんでした。

 
私が欲しいと思っているのは「RED系」、展示車は「BLUE系」でした。

 
因みにもうひとつは、「BLACK系」です。

 
店長の話だと、「BULE系」については、展示車(試乗車)とは別に、店に1台在庫がありすぐ販売できる状況にあり、「RED系」については割り当てが少ない色で入荷は未定という返事でした。

 
私が、この色が欲しいと指定したのに、こんなつれない返事では、購買意欲が萎えますね!

 
あくまで、この店長から買う意欲という意味ですが…。

 
少なくとも見積もりを依頼しているのですから、今注文を頂ければ、○○月ごろ入庫致します。

 
位の回答をすべき!

 
当日中の確認が無理であっても


「分かり次第連絡させて頂きます。」

 
と言って私を帰すべきです。

 
セールス担当の役割は、顧客の欲望にをつけることです。

 
消防士でもないのに、火(欲望)に水をかけてどうする(苦笑)

 
立場上、店の在庫を売りたい意志が見え隠れしていたのが、丸分かりで、残念。

 
それから、アンケートに記入を求めたなら、回答内容をよく確認してから、商談に入っ欲しいと思います!

 
記入済みの内容をまるで書いてなかったかのように(→実際、見落としていて)同じ質問するのはやめましょう!


余裕がない(頭が悪い)と思われるからです。

 
アンケートに記入済みの内容を再確認の意味で訊ねる場合は、
 
・○○とお答え頂いていますが、具体的にはどういうことでしょうか?
 
・こちら(A社)を検討中ということですが、○○のどの点を気に入っているのですか?

 
という具合に深堀してください。


そうすることで、担当のあなたが、顧客に関心を持って接していることが伝わるからです。


なぜ、この商品が欲しいと考えているか、その理由が解れば、顧客が望むことを的確にフォローをすることができます。
 
 
 セールスは、コミュニケーションです。


価値や熱意(愛情)が伝わってナンボです。
 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。